MacとWindowsで無線LANのインターネット接続を共有する

無線LANの付いていないデスクトップ型のパソコンをインターネットに接続したい。無線LANの付いたノートパソコンとインターネット共有するにはどうしたらよいのだろうか。ノートパソコンはすでにインターネット接続ができているものとする。できあがるのは次のようなネットワークだ。

network003

Macintoshの場合

  • まず、ノートパソコン側のシステム環境設定から[共有]を開く。[インターネット共有]を選ぶ。共有する接続経路はAirMac(新しいバージョンではwifi)になる。相手のコンピュータが使用するポートは有線のEthernetになる。

network004

  • 次に[ネットワーク]を選ぶ。このノートパソコンは10.0.1.1〜255のアドレスを使ったネットワーク(10.0.1.0/24と表現する)に接続しているので、その範囲外の数字を選ぶ。ここでは10.0.2.1に設定した。network005
  • 接続される側のデスクトップ型のパソコンを開き[ネットワーク]を選ぶ。TCP/IPのタブを開き手入力で次のように設定する。
    • IPアドレス:10.0.2.2(10.0.2.2〜255までなら何でも良いが他と重ならないように設定)
    • サブネットマスク:255.255.255.0
    • ルーター:10.0.2.1

Windowsの場合

  • ノートパソコン側のコントロールパネルの[ネットワーク接続]から[ワイヤレス ネットワーク]を右クリックし[プロパティ]を選ぶ。
  • [インターネット接続の共有]の欄にある2つのチェックボックスを選択する。
  • [ネットワーク接続]の[ローカル エリア接続]を右クリックし[プロパティ]を選ぶ。インターネット プロトコル(TCP/IP)を選ぶ。[次のIPアドレスを使う]を選び、IPアドレスとサブネットマスクを設定する。このノートパソコンは10.0.1.1〜255のアドレスを使ったネットワーク(10.0.1.0/24と表現する)に接続しているので、その範囲外の数字を選ぶ。ここでは10.0.2.1に設定する。
  • 接続される側のデスクトップ型のパソコンを開き[ネットワーク]を選ぶ。TCP/IPのタブを開き手入力で次のように設定する。
    • IPアドレス:10.0.2.2(10.0.2.2〜255までなら何でも良いが他と重ならないように設定)
    • サブネットマスク:255.255.255.0
    • ルーター:10.0.2.1

ブリッジモード

今回はAirmac Expressを無線ルーターとして使ったのだが、大元のルーターと同じネットワーク(192.168.0.0/24)を使うこともできる。この場合、Airmac ExpressやAirmac Extremeのモードをルーターモードではなくブリッジモードにすると良い。ブリッジモードの設定方法はユーティリティのバージョンによって異なる。

network006

ここでは[パブリックIPアドレスを共有]を選択しているのでAirmac ExpressやAirmac Extremeはルーターとして動作している。このため固有のIPアドレスが割り振られているのだ。これをブリッジモードにすると図の真ん中のネットワークはすべて192.168.0.0/24になる。

このような記事もいかがですか