Airmacのブリッジモードは何のためにあるのか

Airmacに限らず市販の無線ルーターには「ブリッジモード」というものが付いている。この設定は何のためにあるのだろうか。

すべてのパソコンからインターネットに接続するぶんにはルーターでもブリッジでもどちらでも構わない。きちんと設定してやればそれなりに動作する。問題になるのはパソコン間での通信だ。それぞれの四角い箱で囲んである範囲を「セグメント」と呼ぶ。それぞれのセグメントの中にあればファイル共有などができるのだが、セグメントをまたぐと共有ができないのだ。

network007

この例の場合、家にあるすべてのノートパソコンでファイル共有をするには、Airmacの設定を「ブリッジモード」にしてやる必要がある。すると、Airmacは独立したセグメントを作らなくなるので、すべてのノートパソコンでファイル共有ができる。

Macintoshにはインターネット共有という仕組みがある。実はこれもルーターのような働きをしているらしい。これをブリッジモードにすることはできない。できるにはできるらしいが、UNIXのレベルで操作しなければならないようだのだ。つまり、この図の右にある据え置き型パソコンはノートパソコンとはファイル共有ができないということになる。ファイル共有だけではなく、iTunesのAirplayも通さないので、スピーカーの共有もできない。多分、左のセグメントにある共有のハードディスクも認識しないはずである。

この図のように家庭内にあるインターネットへの出入り口が一つしかない場合、ネットワーク内にあるすべての端末には異なった番号(IPアドレス)が割り振られている必要がある。IPアドレスはDHCPサーバーが自動で割り振っている場合がほとんどだ。ルーターは他のルーターがどのような番号を割り振っているかを感知しないため、番号がぶつかると「二重ルーター」と呼ばれる状態に陥る。

また、予期しない機械がルーターとして動作している場合には、知らず知らずのうちに別々のセグメントができていることがある。セグメントをまたいだ場合、新しく買ったネットワーク機器が見つからないということになる。

逆にルーターをブリッジモードにしたところインターネットにつなげなくなったという事例もある。実はルーターだと思っていたものが、ルーターではなかったということがあるのだ。CATVでのネットワーク接続の場合にこのようなことが起こるケースがあるらしい。プロバイダーに「貸し出されている機器にはルーター機能は付いているか」という問い合わせをすると良いだろう。複数台のパソコンやその他のネットワーク機器を接続する場合、少なくとも1台のルーターが必要になる。

こうした諸問題を解決するには、すべてのネットワーク機器を紙に書き出し、IPアドレスを調べた上で、どの機械がどのような動作をしているのかを調べる必要がある。こうなると、いっぱしのLANエンジニアということになる。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。