古いMac OSと機能の関係表

macos古くからマッキントッシュを使っていると、古いソフトウェアなどを温存したくなる。一方で新しい機能は使えないことも多い。オークションや中古屋で物色する時に「このマシンは使えるだろうか」と思っても調べるのがなかなか面倒だ。

そこで表を作った。

まずはClassic環境から。これはOS9系のソフトウェアを使うのに必要。10.5(Leopard)から利用できなくなった。次はPPCのサポート。10.6(Snow Leopard)で廃止された。PowerPCのユーザーはこれ以上先のOSをインストールできない。さらに、ロゼッタ。PPCで使っていたソフトウェアは10.6まで使えるが10.7(Lion)には移行できない。一部のintel機は32ビット機のようで、64ビット機しかサポートしない10.7に移行できない。

Classcのソフトを使い続けるには

つまり、OS9のソフトを使い続けたければ10.4か10.3を持っていなければならない。

PPCのソフトを使い続けるには

同じくPPCのソフトを引き継ぎたい人は、ソフトを新しく買いそろえるか、10.6までの環境を持っている必要がある。

一方、古いOSではできないこともある。タイムマシンが導入されたのは10.5から。そしてストアが導入されたのは10.6からだ。さらに、iPhoneなどの機器と同期するためのiCloudは10.7(Lion)でないと使えないのだという。

iCloudが使えるOSは

iCloudを使うためには10.7が必要。Web版のiCloudは10.5でも使えるがローカルの住所録などを同期させることはできない。10.5でもIMAPを利用してメールを共有することは可能。ただし、iCloudのメールはiOS向けの機能なので、一台以上のiOS端末を所有している(あるいは他人のiOS機器を使わせてもらう)必要がある。

iCloudのWeb版は古いOSでも利用できそうだが、少なくとも10.3で試した所では、SSLの関係で安全な接続ができない。「このブラウザーは未対応です」というエラーが出る。SSL問題はメールソフトにも影響しており、25ポート以外のメールの送受信ができない。

つまり、OS10.3をインストールしたマシンでは古い環境を維持できるのだが、ネットに接続してウェブやメールを見るという使い方はできないのだ。

10.7以降のOS

10.7以降のOSの主眼はiOSとの連携に移ってきているようだ。最新のiOS機器を使い続けたければOSを更新する必要がありそうだ。ただし、OSも無料化しているので、古いOSを使い続ける人はそれほど多くないのかもしれない。