Panther(10.5)にWordPressとMediawikiを移行する方法

ということで、PowerbookG4のバックアップ大作戦はつつがなく終了しつつある。ウェブやメールの移行はそれほど難しくなかった。一方難航したものもある。それはLAMP環境の移行である。ご存知のようにMacはUnixベースなので、Apacheが使える。このため、PowerbookG4にはWordpressとMediawikiを入れている。コードや読んだ本などの情報を入れておくのだが、これの移行がなかなか難しかった。一度やっているはずなのに、やり方を完全に忘れていたのだ。

今回MacminiG4に環境を移行した。まず、MySQLをインストールし、phpMyadminをコピーしてきた。だが、これだけでは動かない。Apacheの設定を見直してPHPを動かす必要がある。設定はprivate/etc/apache2の中にあるhttpd.confにある。

次にルート権限でMySQLに入る。そもそも位置を忘れていた。/usr/local/mysql/binにある。ここで、ユーザーを追加する。ユーザーを追加しただけでは何もできない。ルート権限で作ったデータベースを読むことすらできないのだ。そこで権限を付与する。呪文は次の通り。

CREATE USER ‘xxxx‘@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘password‘;

grant all privileges on *.* to xxxx@localhost identified by ‘password‘ with grant option;

次にphp.iniを編集し、アップロードできるファイルの上限を変更する。php.iniはetc/にある。

新しく作るのなら、wordpressとmediawikiをダウンロードしてくればよいのだが、今回は移行なので、古いパソコンのphpmyAdminへ行きデータベースをエクスポートする。新しいパソコンのphpmyAdminでデータベースを作り、データをインポートした。

これで完了。手順としては簡単だが、調べながらやると意外と時間がかかった。次にセットアップするタイミングがいつかはわからないが、多分忘れていると思うので、ここに記録しておくことにした。

ローカルにmediawikiを持っていると、調べ物をまとめたり、使いかけのコードなどを記録しておくのに便利だ。メモをクラウドに入れてしまう人の方が多いのだと思うのだが、お互いの連携がとれるというのは意外と便利なのだ。