iPhoneで写真を共有する・メモ代わりに使う

ハードオフで古いiPhoneが4000円程度で売られている。最新のアプリなどは入れられないし電話としては使えないのだが、wifiのある場所であればネットワーク対応型のカメラとして利用可能である。例えば次のような使い方ができる。もちろん新しいiPhoneも同じ使い方ができる。

  • おじいちゃんとおばあちゃんに孫の成長記録を届ける。
  • 旅行の写真をみんなに写真を配布する。
  • 仕事のチームメンバーと情報を共有する。
  • 自分のメモとして利用する。

本来は個人的に写真をまとめようと思ったのだが、アルバムよりフォトストリームの方が便利だった。なによりもパソコンに写真を写すことなくオンライン上で記録できるのが良い。

まず、iPhoneで写真を撮る。写真は「写真アプリ」に保存される。画面下にある[フォトストリーム]に行き、画面左上の[+]マークを押す。名前に新しいフォトストリーム名(例として旅行写真)を入れて、[公開Webサイト]をオンにする。最後に画面右上の[作成]ボタンを押したら公開終了だ。

次に編集を選び写真を追加する。追加し終わったら青い矢印を押す。すると[リンクを共有]という項目がある。[メールで送信]を押すとメール画面が出てくるので、共有したい相手のメールアドレスを選ぶ。

相手はそのアドレスをブックマークするだけである。原理的には全世界に共有されてしまうのだが、URLは分かりにくい名前になっているので、アドレスを知らない人が間違って覗いてしまうことはないだろう。メンバーを限定することもできるが、余程まずい内容でもない限りそこまで気にすることはないように思える。

iPhoneで写真を管理すると、行った場所が記録されているので便利なライフロガーとして使える。もちろんプロが写真を管理するのに向いた機能ではないし、旧型iPhoneのカメラはそれほど立派な性能でもないが、記録写真として気軽に使える。

このような記事もいかがですか