iPhone3Gsを電話として使う

CIMG7964中古ショップで3000円とか4000円とかで売られているiPhone3Gsは電話としては使えない。SIMロック解除ができない上に、ソフトバンクからSIMカードが入手できないからだ。

電話をしたい場合には新しいスマホを買おう。中古なら10000円くらいで手に入る。これに格安のスマホ会社を組み合わせれば月々2,000円以下で運用できるようだ。

さて、そんなiPhone3Gsだがwi-fiがつながっているところならIP電話として使うことができる。そんなに需要はないと思うのだが、一応やり方を書いておく。

まず、楽天が運営しているFUSION IP-Phone SMARTというサービスに申し込む。クレジットカードが必要である。ここでSmartTalkというアプリを勧めてくるのだが、これはiOS6で起動することができない。そこで問い合わせると2日くらい経ってからZoiperというアプリを使えという返事があった。Zoiperのウェブサイトに行ってもSMARTが使えるとは書いていない。

SIPという規格を使っているらしい。光電話にも使われている規格なのだそうだ。設定にはドメイン、アカウント、パスワードの3つの情報が必要である。電話番号(050から始まる)を割り振られるが、これは選ぶことはできない。

SMARTの特徴は月額利用料金が無慮だという点だ。留守電を受けるのも無料らしい。必要なのは通話料金だけで、通話料は30秒8.4円とキャリアが提供するサービスよりは安い。携帯電話側はIP電話にも他の電話と同じレートを採用するようである。SMART同士の通話は無料だ。WiFiがある事務所なら内戦電話として使える。

現在、iOS6では、LINE、Skypeなどを使うことはできない(iOS9でダウンロードしてから同じアカウントを使って古いバージョンをダウンロードするということはできる)ので、電話として使えるアプリは実は少ない。使えるとしても内線電話的な使い方になるのだが、必要がある人は覚えておくといいかもしれない。