写真の経年劣化をシミュレートする

古ぼけた写真というのがある。最近はデジタルなのでそういう物を目にする機会は減ってゆくかもしれない。どうやったらこの古ぼけた写真をシミュレートすることができるのだろうか。

今回の主役はこの方。千葉神社の猿田彦さん。

photo001

古ぼけた写真というのは、黒い部分が色あせる。と、同時に白いところも灰色がかってくる。ということでこれを再現する。いわゆる「退色」というのはコントラストがなくなるということなのだ。この段階で終わると「ちょっとノスタルジックな思いで」風の写真になる。
photo002

退色は同じようには進まない。黄色がかってくることから赤が残って他の色が薄れているみたいだ。ということで、トーンカーブを取り出しRGB(本来はCMYなのだろうが)のバランスを崩して行く。だが、これだと均一に退色するので、レイヤーを2つにわけて、そのうちの1つに雲のレイヤーマスクを作る。この2つのレイヤーを別に崩すと退色した風の写真ができた。
photo003

ということで、古い写真をレタッチするためには逆をたどればいいことになる。具体的には、白い部分を白く黒い部分を黒くした上で、各色のバランスを修正して行けばいいわけだ。

このような記事もいかがですか