デジカメの画角を比べる

一眼レフのデジタルカメラを買って喜んでいたのだが、どうも「撮影できる範囲が狭いなあ」と思った。画角というのだそうだ。いろいろと難しいことが書いてあるのだが、よく分からなかったので、実際に写真を撮影して比べてみた。大枠が知りたかったので、重ねかたはかなり大雑把。

gakaku

だいたい、iPhone3GsとCasioのEX-Z55が「普通の」画角だと思われる。CasioのEX-Z55はセンサーサイズが分かっている。カメラの画角が調べられるサイトで計算すると、35mm換算で焦点距離が35mmなので約54°となるらしい。EXIFのデータだと5.8mmだそうなのだが1/2.5CCDなので51°ということになる。

それに比べるとEOS Kiss Digitalのレンズ(28mm-80mmだ)はもっとずっと狭く見える。計算すると45°なのだそうだがそれよりも狭そうな感じがする。算数に弱いのが悔やまれるところなのだが、左側にある棚の幅は40cm程度。カメラからの距離は約160cm〜170cmといったところ。

それよりも驚いたのがPanasonicのP04cというガラケーだ。iPhoneやEX-Z55などと焦点距離はあまり違わないのにとても広角である。大きめのセンサーを使っているんだなあと思った。

スペック表などを見てもよく分からないレンズの画角だが、実際に比べてみると違いがよくわかる。10°違うと大違いなのだ。