どの一眼レフカメラを選んでよいか分からない

一眼レフカメラは高い買い物だ。中でも厄介なのは同じような写真が撮影できるのに値段が大幅に違うという点である。高い買い物なので失敗はしたくないが、かといってお金をケチって後悔もしたくない。では、どうすれば良いだろうか。

一番簡単な方法は「売れ筋」を探すことだ。例えばAmazonの一眼レフの売れ筋はここで調べられる。ここであたりを付けてから、評価などを読むとよいだろう。人気のカメラにはいくつかの理由がある。たくさんの人が満足しているから価格が下げられるのだろう。ミラーレス一眼にも別のランキングがある。

みんなが持っているということは、性能が優れており、価格はそれなりだということを意味する。その他に、困ったことがあったときに教えてもらいやすいという利点もある。友達がカメラを持っていないという人もいるだろうが、検索すれば誰かが答えを持っていることも多い。

実際にはプロに影響を受けてカメラを選ぶ人が多いようだ。オリンピックではキャノンのカメラが多く使われている。するとキャノンのカメラを持ちたがる人が増える。必ずしもプロの写真が撮影できるわけではないのだが、それでも気分に浸りたい人が多いのかもしれない。

いったん、自分なりで売れ筋の傾向がつかめたら、友達に聞いたり、Yahoo!知恵袋で相談したりすることができる。最近では「カメラ名+作例」で検索すると画像が出てきたりする。すると「こんな写真が撮影したい」などというイメージが湧いてくるかもしれない。逆に何が撮影したいかが分からないのに「どのカメラがいいですか」と聞かれても答えようがない。何の用途に使いたいかを考えて聞き回ったほうが良い結果が得られるようだ。

最後にミラーレスと一眼レフの違いだが、A4以上に引き延ばして見ない限り違いは分からないという意見が多い。ミラーレスのセンサーサイズには小さめのものもあるようだ。しかしセンサーサイズが大きな一眼レフは持ち運びが大変なので「買ったけど使わなかった」という人も多い。具体的な使用のイメージを持つのも重要なようである。

このような記事もいかがですか