バージョン別のMacintoshの移行処理

MacintoshのOSはアップグレードされるうちに様々な変更が行われている。大きく変わったのは移行手続きだ。

Mac Mini(PPC)の場合

まず、古いバージョン(PowerMac時代)の以降処理。OSのアップデートが終わったら次のような手続きが必要。移行ユーティリティを使う手もあるが、データを手でコピーすることが多かった。一方でシステムはクリーンインストールする必要はなかった。システムが割と安定していたためだ。

  • ネットワークの設定や時計の設定を行う。
  • ディスクからOS10.5.4をインストールしたら、各種アップデートを確認する。
  • 自分のアカウントを設定する。
  • ネットワーク(共有設定やコンピュータ名)を設定する。
  • 各種アプリケーションのインストールと再設定手続きをする。
  • データを手作業でコピーする。
  • キーチェーンをコピーする。
  • メールの設定を変更する。
  • サーバーの設定を行う。
    • mySQLをインストール
    • phpMyadminをインストール。
    • php.iniでアップロードできるファイルの上限を変更。etc/php.ini
    • ディレクトリユーティリティでルートユーザーを有効にする。

ターミナルでmysqlに入り
/usr/local/mysql/bin/
mysqlにhidezumi@localhostというアカウントを作る。
mysql –user=root
CREATE USER ‘xxxx’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘password’;

grant all privileges on *.* to hidezumi@localhost identified by ‘password’ with grant option;

  • iPhotoメインライブラリのコピー
  • iTunesなど音楽をコピー
  • デフォルトでないフォントのインストール。
  • 無線LAN装置GW-NANO2Aを導入する。(無線LANがついていなかったため)

iMac(Intel)の場合

一方、iMac(Intel)の以降処理はかなり状況が変わっている。OSの機能に依存する部分もあるのだが、クラウドサービスが発達したことが大きい。システムを一気に上げようとすると失敗することが多いので、クリーンインストールした方がよい。

キーチェーンが不安定になったという報告が多数でているので、Chromeなどに移行したほうがよいのかもしれない。

  • 外付けのドライブにOS10.6以降のOSをインストールする。
  • El CapitanをAppストアからダウンロードする。Appストアのアカウントがなければ登録手続きをする。
  • 内蔵ドライブにEl Capitanをインストールする。この時点で全てのアップデートがかかっている。
  • 各種アプリをインストールする。例えばChromeを使っているとブックマークやパスワードなどはこの時点で同期される。
  • システム環境設定の[インターネットアカウント]で各種メールアカウントの登録を行う。この時点でメールなどの設定が自動的に作られる。アドレスブックやメモの同期もデータをコピーするのではなくクラウドのデータへのアクセスで行う。
  • Google Driveをインストールする。ファイルの自動同期が始まる。
  • 写真のアップデート方法は少し変わっている。iPhotoライブラリアップグレーダを利用して古いiPhotoライブラリを変換する。Appleのページは直近のiPhotoからのアップグレード方式にしか対応していない。

このような記事もいかがですか