MacbookのDVDドライブはSlim ATAPI

IMG_0450ということで、壊してしまったMacbookについての記事が続く。分解して出てきたDVD(COMBOドライブ)にはAppleマークが付いていた。中にはOSのインストールディスクが入ったままになっている。電源がないのでパニックになり手で引き抜いた。かなりリスキーな対応だった。朝の新鮮な頭で考えるとやり方はあったのだ。

どうやらMacのDVDドライブはSATAではないらしい。ATAPIと呼ばれる形式なのだが、普通のIDEドライブともコネクターの形が違っている。名前を調べるのに苦労したが、SLIM IDE(もしくはSLIM ATAPI)などの名前で流通しているようだ。この名前でAmazonにいくつかケースが出ている。

Slim ATAPをUSBにつけられるケースが売られている。


IMG_0449もちろんこれを使ってもいいのだが、手元にポータブルDVD-ROMがあることに気がついた。これを使えばよかったのだ。これはHard Offで300円で手に入れたものだ。ドライブのネジを3つ外して付け替えたら無事に使えた。やっぱりパニックにならずに一晩寝るべきだなと、昨日の自分に教えてやりたい気分になった。

調べてみるとiMacのドライブもSlim ATAPIらしい。このiMacはスーパードライブが壊れているので分解して付け替えようかなあと思ったのだが、ハードディスクの入れ替えに一度失敗しているので自粛したい。昨日の今日で同じような失敗をしたら目も当てられないからだ。ということで、手元には使わないDVDドライブが1つ死蔵されることになってしまった。

Powerbook G4のSuper Driveもディスクを読み込まなくなってしまっているので、Super Driveは耐久性に問題があったのかもしれない。Appleは問題を解決しないでさっさとドライブの廃止に踏み切ってしまった。

このような記事もいかがですか