Century シンプルBox 2.5 / USB3.0 SATA6G

Macbookを吹き飛ばしてしまった。もともと入っていたのと新しく買ったのの2.5InchのSATAドライブが余った。買ってきたやつは返品もできないし……

そう思ってSATA用の外付けケースを買ってきた。Century シンプルBox 2.5 / USB3.0 SATA6Gという名前が書いてある。980円だった。

USB2.0で接続しているときはランプが青いのだが、3.0接続のときにはランプがグリーンになる。外付けケースはIDE用のものを持っているのだが、USBケーブルがデータ用と電源用の2本必要だった。この製品は電源用のケーブルがついていないので大丈夫なのかなと思ったのだが、マシンに直差しするときっちり認識する。OSを入れてしばらく起動してみたが問題はなかった。ただしハブにつなぐと接続されない。電源に問題が出るようだ。

IMG_0459工具が要らないのでちょっと感激した。外付けドライブケースはねじで止めるようになっているものが多いのだが、これはふたを開けてハードディスクをはめてふたをするだけだ。

複数のハードディスクを持っていても気軽に付け替えができる。ハードディスクは200GB以下であれば1500円も出せば手に入るのでバックアップの作成などに便利に使えそうだ。

最初からこれを買って外付けで運用すればMacbookを壊すことはなかったんだなあと思うとちょっと悔いが残る。

USB3.0は理論値では5GB/s出るということだ。箱にはMacでSSD接続時に420MB/s出ると書いてある。現在iMacはCorsairのSSDで運用しているのだが計測してみたところ書き込み70MB/s・読み込み160MB/sだった。Corsair CSSD-F60GB2のカタログ値は250MB/s近辺なのだが実際にはそこまでの性能はないようだ。ケースが提唱する速度を実感するにはかなり高性能のSSDが必要なわけで、実用的には十分な値を確保していると言えるだろう。

  書き 読み
iMac 内臓SSD 70MB/s 160MB/s
iMac Century 外付け 25MB/s 32MB/s
iMac Buffalo 旧型外付け 24MMB/s 24MB/s
Macbook 内臓HD 24MB/s 24MB/s