Mobile Bluetooth Keyboard for iPad2


iMacを買ってからキーボードを昔のPro Keyboardを使っている。これがどうにも硬いので、耐えきれなくなってWirelessキーボードを探すことにした。とはいえ純正は高いので例によってヤフオクを物色した。そこで見つけたのが700円のMobile Bluetooth Keyboard for iPad2だ。出品者さんはなぜかスタイラスペンとMOLESKINE モレスキン フォリオ フォルダーを付けてくれた。ペンは1,000円以上だし、くたびれたケースは元値で2,000円以上するのだそうだ。さてはかなりお金持ちだなあと思った。

Mobile Bluetooth Keyboard for iPad2という名前の通りもともとはiPad2用のANSIキーボードだ。MacユーザーにはUSキーボードとして知られている。

Macで使ってみる

キーボードはBluetoothなのでMacでも認識してくれる。まずはMacに接続してみた。どうやらMacはこれがどんなキーボードかわからなかったようだ。Shiftの横にあるキーを押してくれという。キーの並びが違いでJISキーボードなのかANSIなのかを見分けているらしい。認識が終わると使えるようになった。

キーが柔らかすぎてリピートされてしまう。しばらくそのままで使っていたのだが、システム環境設定の[キーボード]でリピートしないようにできることに気がついた。

もともとMacではUSキーボードは言語の切り替えをするのに、Command+Spaceを使う。かなり昔にアメリカで買ったPowerbook 5300csを持っていたので、この操作には違和感はなかった。MacOSはキーボードの装飾キーのアサインが変えられる。Caps LockがControlの位置にあるので入れ替えて使うことにした。短い文章書いてみたが、キーが軽すぎて二重に入力されてしまうことが多く、ちょっとゆっくり目に打つ必要があった。またキーピッチが狭いのでブラインドタッチに慣れるまで若干の時間がかかった。

多分、長年使っていたのだろう。充電はすぐに終わった。電池がへたっているのかもしれない。

iPad2で使ってみる

IMG_0470次に本来の使い方であるiPad2とつないで使ってみた。当然コネクトボタンを押せば認識される。ところが日本語と英語の切り替えがわからない。言語の切り替えはcontrol+Spaceだった。これはEl Capitanと同じなのだが、iOSにはマニュアルがないとわからない人もいるのではないだろうか。

iPadがノートパソコンのように使える。ホームボタンを押すとホームが出てくる。ここで出品者さんが付けてくれたスタイラスペンが役に立った。当然マウスがないのでスタイラスペンで操作するのだが、これは慣れないと違和感がある。

IMG_0471最後に一応ケースとして使えるかどうかも調べてみた。このようにピッタリ合うように設計されていて落ちない。しかし、やっぱり不意に落ちてしまうのが怖いので、これで持ち運びしようとは思わないかもしれない。

一応縦置きもできるのだが、ちょっと安定性が良くなかった。

スタイラスペンは加圧式ではないのだが、Adobe Photoshop Sketchを使えば意外と楽しくお絵かきができた。

このような記事もいかがですか