m2TV GV-MACTVは非常にモヤモヤします

「わたしのMacがテレビになる。」という非常に魅力的なフレーズの製品が500円で売られていた。普段はスペックなんかを確認してからしか買わないのだ、なぜかこれは買いだろうと考えて即断した。これが間違いだった。

今日はYahoo!の星占いが第一位でめざましテレビの星占いが最下位だった。動いたらYahoo!の占いを信じようと思ったのだが、最下位が当たったんだと思う。

くそ。

Core 2 DuoのiMacを使って試してみる。まずEl Capitanでは動かなかった。Lionでも試したがこれもダメだった。ドライバーはLionまで存在するのだが、ドライバーは64bitモードでは動かないらしい。「なんじゃこりゃ」である。USBはチップを認識しているらしいのだが、ドライバーが対応していないのだ。

そこでLeopardまで落としてインストールしたところ、やっと電源が光った。ドライバーが認識されたのだ。だが「外部モニターなのでダメだ」という旨のメッセージがでた。著作権保護のために外部モニターではだめらしいのだ。このiMacはディスプレイケーブルが壊れたものを買ってきたために内部モニターを切ってある。だから内部モニターでは起動できないのである。その他内部ハードディスクにしか録画できなかったり、録画がうまくゆかなかったり、アプリが落ちたりと評判は散々だ。

日本の地デジはコンテンツホルダーの意向で著作権保護を難しくした経緯がある。そこでソフトが複雑になり、OSのアップデートに対応できなかったのだろう。Macでテレビを見るという人が少ないのはそのためなのかもしれない、と分析してみたが、ジャンク屋巡りというのはギャンブルみたいなもので、ギャンブルに負けた(本物のギャンブルはやったことないけど)感じである。

 

 

このような記事もいかがですか