中古の一眼レフカメラを快適に使うためには

機種そのものの性能ではなく電池を確認しよう

中古で一眼レフのカメラを購入した。EOS Kiss Digital本体が3000円でフィルムカメラ用のレンズが1000円だった。主に寄せ植えの写真を撮影するのに買ったのだが、最近では洋服の写真などを撮影している。選択肢はなかったので機種選びに迷うことはなかったのだが、一つ気がついたことがある。それは、中古カメラを買う時には電池の有無を確認したほうが良いということである。

正直、最初の頃は20枚も撮影すれば電池がへたっていた。それでも室内で使っていたのでそれほど問題は感じなかった。しかし、外に出るようになるとそれでは不便だ。さらに寒くなると電池の減りが早くなった。そこでやっとAmazonを調べたのだが、電池の価格はそれほど高くない。代替品なので疑心暗鬼だったのだが、持ちも悪くない。

その他に必要なもの

一眼レフカメラは重い。また光の加減を調整する必要がある。そのため太陽に向かって立つ必要があり、カメラの設置場所が限定される。そこで三脚は欠かせない。手で持つわけにも行かないので、結局長めのリュックサックを買った。さらにメディアが必要だ。EOS Kiss DigitalはなぜかCFカードを使っている。

一眼レフかコンデジか

一眼レフのカメラを買うべきか、コンデジなのかという議論がある。結論からいうと一長一短がある。

コンデジの有用性

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)は持ち運びが楽である。現在、ガラケーのカメラ(なぜかLUMIXのカメラが組み込まれている)と型落ちスマホiPhoneのカメラを使っている。薄型でポケットに入れておける。iPhoneは撮影するとケーブルを使わずにMacに写真を転送できるし、そのままSNSにアップすることもできる。iPhoneの難点はタイマーがなくカメラが自立できないということだ。つまり自撮りができない。携帯電話のカメラは自撮りができるので、その日着たものを気軽に記録することができる。

iPhoneはメモリが32GBもあるので正直使い切れない。位置情報付きで写真をそのまま保存しておくこともできる。

また複雑な設定はできないので却って気軽に写真を撮影することができる。一眼レフカメラは設定が難しく、失敗する可能性も高いのだ。

一眼レフの有用性

一眼レフカメラには幾つかの利点がある。一つ目の利点は解像度だ。記録画素は携帯カメラに劣るはずなのだが(わずか600万画素しかない)布のテクスチャがわかる。これは光学レンズが優秀かつ大きいからではないかと考えられる。

二つ目の利点は背景ぼけ効果だ。これは植物の写真を撮影する時にが欠かせない。背景がぼけるということは対象物がクッキリと浮かび上がるということなのだ。

最後の利点は「欠点」に由来するものである。わざわざ三脚を持ち運ぶので、構図を決めて綺麗に写真を撮影しようという気分になる。

古い一眼レフカメラなんか使えないのではないか

最近ではよい一眼レフカメラがいくつも出ている。古いものなんか使えないのではないかという印象もある。できないことはいくつかある。まず、動きに弱いので「子供の運動会を連写」などという使い方はしないほうがいい。さらにソフトウエアが古くなっているので、カメラをパソコンにつないでそのまま撮影するという使い方ができない。最近ではケーブルレスでwifi接続ということもできるそうなのだが、それができない。ワークフローを整えたい人には向かない。

さらに、雑誌用の写真を撮影するなら、記録画素数も多いほうが良い。コンビニでA4印刷するくらいであれば対応可能なようなのだが、これがプロで通用するかどうかはわからない。

一方、ブログ用の写真を撮影する程度であれば、それほど困る点はないということになる。最終成果物は縦が600ピクセル位になってしまうからだ。もちろん趣味のものなので、高いお金を出して買っても良いのだが、操作を覚えるには中古で十分という人も多いのではないだろうか。

 

このような記事もいかがですか