古いMacbookを録画機として使う

ジャンク売り場で売られているような古い機材だけだけを使って、地デジの録画機を構成します。ハードディスクは大きい方がよいですが、工夫次第で長時間録画することができます。

まず準備するのはMacbook Early2008です。OS10.5で動いています。OS10.5は今ではそれほど使い勝手のよくないバージョンですが、録画機に使うにはこちらの方が便利です。Macbookはヤフオクで手に入れました。まめにチェックしていると3,000円程度くらいから手に入ります。iMacでも使えますが、外付けモニターを使うMacMiniでは構成ができません。


これにGV-MACTVを接続します。これはハードオフのジャンク売り場で発見しました。500円でした。これらが安く手に入るのはテスト環境がなく古いMac用の周辺機器がテストできないからだと思います。BCASカードはついていませんでしたが、テレビで使っていたものが余ったのでそれを再利用します。再発行手数料は2000円程度です。

このGV-MACTVは32bitモードでないと動作しないという欠点があります。Macbook Early 2008はOS10.7でも32bitで動くので(Proとの差別化のためにわざとそうしたという話があります)OS10.7でも動くのですが、OS10.5はそもそも64bit対応ではないので、調整しないでもこれが動くわけです。iMacであれば10.5で構成するか、OS10.7を32bitで動かす必要があります。ということで、古いMacbookが一番問題が少ないです。

さて、これで録画ができます。実際に録画してみると2時間20分の映画に16GBを必要とします。10分あたり1.5GB強といったところ。Amazonで調べると500GB 2.5inch HDDの中古品が4,000円程度、1000GBで5,000円程度出せば買うことはできます。

しかし、今使っているマシンに入っているのは160GBしかなく、OSなどを除くと60GB程度しか録画用に割り当てられません。これだとだいたい6時間くらいしか録画できないことになります。

ここで活躍するのがやはりハードオフで3,000円で購入してきたiPhone3Gsです。もう現役で使っている人はいないと思います。TVPlayerというアプリを使うとムーブができるのです。

ムーブしなくても本体に入っている録画済みのものはすべて視聴可能ですが、ムーブするとiPhone用に圧縮してくれるので容量が少なくて済みます。試しに25分番組4本と40分番組をコピーしたところ、劇的にファイルサイズが減ったようです。ただし、一旦ムーブしたものをもとに戻したり別のところにコピーしたりということはできません。

まだ、iPhoneにはかなり余裕があるので、しばらくはこちらにムーブして保存したいと思います。

ただし、2時間20分あるシン・ゴジラをムーブしようとしたところ、何回試してもアプリが落ちてしまいました。メモリ上の問題だと思うのですが、一番大きいファイルが移動できないのはちょっと痛手です。

 

このような記事もいかがですか