ハードディスクなしの中古Macを再セットアップする方法

よくヤフオクではフォルダーにはてなマークがあるMacが売られている。起動は可能なので、適切なやり方を覚えればすぐにセットアップができる。セットアップのやり方は覚えてしまえば簡単なのだが、いくつか基本的なルールがある。このルールを確認しながら具体的なセットアップの方法を見て行きたい。ルールはできるだけ太字で書いたので、面倒なことが読みたくない人は太字だけを読んでほしい。

まず最初のルールは「必ず何かしらの起動可能なMacのOSディスクを持っていなければならない」というものである。起動可能なディスクがない場合には入手する必要がある。OS10.6、OS10.7、10.8は比較的容易かつ安価に入手できる。

10.5はAmazonかヤフオクを探さなければならないと思う。さらに、OS10.11などは単独では入手できず、10.7などを持っている必要がある。

さらに、手持ちの(あるいは入手可能な)OSのバージョンと目当てのMacが利用できるOSのバージョンの幅を調べなければならない。

iMac Mid2007の場合

画面が壊れたとか筋があるということで売られていることが多いiMacのMid 2007だが、El Capitanまでしかアップグレードできないからか、割と安く売られている。運がよければ3,000円くらいで手に入る。

この機種は10.5から10.11までがインストールできる。

今回入手したマシーンは画面が壊れており(認識はされるが映像が出ない)ハードディスクがなく、なおかつマウンターもなかった。まず、分解して新しいHDDを内蔵した。マウンターがないのであまり動かさないようにしている。

外付けのドライブに入っているOS10.5で動作することを確認したのだが、OS10.5ではAppストアが使えないのでOSのアップデートができない。そこで手持ちのOS10.7が動くハードディスク取り出して外付けにして起動したのちにAppストアにアクセスしEl Capitanをダウンロードした。写真のようなハードディスクケースを持っていると便利だ。だいたい1,000円くらいで手に入る。

当時はEl Capitanが最新だったのだが、今はAppストアからはダウンロードできず、El Capitan(10.11)の入手には専用のリンクをたどる必要がある。High Sierraが使える機種ならAppストアから手に入れられる。

多分、10.7からアップデートすることもできたのだろうが、今回は新規インストールにして環境だけを移し替えることにした。アップデートで遅くなるという話を散々聞かされていたからだ。

MacBook Early 2008の場合

この機種は10.5あたりから10.7までが動く。

MacOS10.5はパッケージ版を持っていた。幸いにDVDがなんとか動いたのでDVDディスク経由でセットアップした。

これとは別にOS10.7.5が動くMacBookを中古で買っていたので(その後触っていて壊してしまった)10.7も持っていたOS10.7はAppleから購入できる。価格は2222円(税別)だ。

MacOSは一回セットアップしてしまえば別のMacでも利用することができる。これはもしかしたらあまり知られていないかもしれない。ただし、設定の一部(マシンのネットワーク名)など古いものが残ってしまうので、設定の変更は必要になる。

ただし、この機種はEl CapitanなどにはならないのでOS10.7を持っていてAppストアが使えるからといってOSのバージョンアップはできない。

電池を外してネジを何本か外せばハードディスクとメモリにアクセスができるので交換は比較的用意なのだが、10.7をインストールしようとしてフリーズさせた時に電源を引き抜いてしまいロジックボードを壊してしまった。簡単とはいえ手順を謝ると取り返しがつかないことになりかねない。

MacMini PowerPCの場合

PowerMacは10.5までしかアップグレードできない。

MacMiniのPowerPCのセットアップは簡単だ。ハードディスクを内蔵したのちディスクを手に入れてから光学ドライブ経由でインストールすれば良い。しかし、問題点もある。光学ドライブが壊れてしまい、外付け光学ドライブを使おうとするとエラーが出てしまうのだ。

さらに悪いことに、OS10.5は正規品が手に入らない。Amazonでも売られているののだが、中古品しかなく価格も割高である。



このため、この手のマシンを手に入れるならTimeMachineでバックアップを作っておくか、起動可能なハードディスクを確保するのが重要になる。なお、PowerPCとIntel系で起動ディスクを共有することはできない。PowerPCはUSBを起動ディスクとしては使えないのだ。

 

OSのセットアップにはいろいろな方法がある

MacOSのセットアップにはいろいろな方法がある。

  • 第一の方法は動いている機種のハードディスクを抜いて外付けにしたり内蔵したりしてそのまま使うというものである。
  • 次のやり方はディスクユーティリティを使ってコピーするという方法である。Macではコピーと言わずに復元という。ただし、現在起動しているディスクからは復元できないので、復元をする場合には余分なディスクが一つ必要になる。いったん外付けで再起動してから内蔵ディスクを復元元二利用するのだ。
  • もう一つのやり方がTimeMachineを使って復元するというものである。OSの復元方法はネットワークから持ってくる方法とTimeMachineから復元する方法がある。ただしネットワークから復元する場合には、以前に同じバージョンをダウンロードしている必要があるので、できればTimeMachineを持っておいた法が良い。

これくらいのことを覚えておけば、例えば「TimeMachineでバックアップを作ってそれを別のマシーンにコピーするという方法があるな」というように迂回策を思いつくことができるだろう。余分のハードディスクがないからといって、動いているものを引っこ抜いてくるよりも普段からのバックアップを使ってコピーした方が早道だと思う。

まとめ

いずれにせよMacOSの再セットアップはそれほど難しくはない、Windowsと違って起動ディスクを共有することができるからだ。ただし、OS10.6以前はAppストアが使えないとか、10.9以降はディスクが手に入らないなどの癖があり、それを理解しないと複雑に感じられてしまうのではないだろうか。

 

 

このような記事もいかがですか