Exilim EX-H10に互換性のあるケーブル

ハードオフでExilim EX-H10を見つけた。レンズを動かすたびに「キーン」という音がする。これが故障寸前だとみなされたらしく、保証なしの棚で1080円で売られていた。ネットを見たりメーカーに問い合わせをしたところ、どうやら仕様かもしれない。この機種はExilimの沈胴式の出始めであり音が抑えられなかったようなのだ。

今後どうなるのかわからないのだが、手持ちのUSBで刺さるものがない。MiniBのUSBケーブルだと思い込んでいたのだが、どうやらカシオのデジカメは独自形式を採用しているらしい。もちろんケーブルがなくてもメディアを抜き差しすればよいのだが、ちょっと面倒だなと思う。

そこで互換ケーブルについて調べたがよくわからない。Googleで検索するとEMC-5Uというケーブルが検索結果に出てくるのだが、カシオに問い合わせるとEMC-5Uは使えないそうである。形状が対応していないのだそうだ。EMC-6Uは対応しているのだそうだが、Amazonでは3000円超で取引されている。カシオに在庫がないので高値になっているのだろう。

そこで調べて行くと互換性ケーブルが出ている。しかしながらEX-S10用というものばかりである。そこでカシオに再び問い合わせると次のような回答が戻ってきた。サポートだから仕方がないとはいえ、少し不親切な対応だなと思った。

  • EX-S10とEX-H10のコネクタ形状は同じ。
  • EMC-U5とEMC-U6は形状が違う。
  • カシオのオンラインショップではEX-H10用のケーブルは在庫切れになっている。
  • 必ずカシオが提携するショップでケーブルを買わなければならない。

実際には互換性ケーブルは500円程度で売られているということになる。ただし、全て中国製のようで注文してから1週間程度の時間が必要なようだ。当然使えなかったとしてもメーカーは保証してくれないわけで「自己責任」で試す必要がある。

Amazonの表記では、EMC-U6の対応機種はEXILIM EX-Z3000とEX-ZR15と書いてありEX-S10の名前はない。あるEMC-6U互換品の対応機種はEXILIM EX-S10、EX-S12、EX-Z100、EX-Z150、EX-Z200、EX-Z250、EX-Z300、EX-Z8、EX-Z9、EX-Z11、EX-Z20、EX-Z77、EX-Z80、EX-Z1050、EX-Z1080と書かれてある。別の互換品のページにはEX-S5, EX-S6, EX-S7, EX-S10, EX-S200, EX-S12, EX-H5, EX-H10, EX-H15, EX-H25, EX-Z1, EX-Z2, EX-Z8, EX-Z9, EX-Z11, EX-Z410, EX-Z450, EX-Z550, EX-Z650, EX-Z850, EX-Z1050, EX-Z1080, EX-Z2000, EX-Z2200, EX-Z2300などと書かれている。

互換品のページにはどちらもEX-S10の名前があるので同じ形状らしいということはわかるが、本当に互換しているのか刺さるだけで実は不具合があるのかがわからない。Exilimのシリーズ番号に詳しければ傾向がつかめるのかもしれないが、単純な番号なので違いがよくわからない。

なお、EMC-6Uは充電に対応しているのだが、EX-H10はケーブルによる充電はできないようだ。