Macでディスクが論理的に壊れてしまった時の対処方法

バックアップに使っているハードディスクが壊れた。パーテーションを3つ切って複数のパソコンで使い回していたのだが、外すときに操作を間違えたらしい。OSで取り出してから電源を切る必要があるのだが、ついつい面倒でやらなかったのかもしれないのだが、よくわからない。

Buffaloのこのハードディスクにはオートスィッチ機能がついているのだが、どうも普段から挙動が少しおかしく、初動で認識されなかったり、マウント解除されているわけでもないのに「不正に取り出しました」という警告がでていた。何かおかしいなとは思っていたのだが、壊れるときには突然壊れてしまうのである。

El Captianのディスクユーティリティで見てみると認識されないのだが、PowerMac(Leopard)だと認識される。そこで再フォーマットして使おうと思ったのだがはまってしまった。3つあるパーテーションのうちの1つは認識されるのだが、今度はそれがアンマウントできなくなってしまうのである。FirstAidをかけても修復しましたと出るのだが、それでも再フォーマットしようとすると「マウント解除できない」とか「タイムアウトで止まりました」などと言われて埒があかなかった。多分パーテーションのレベルで壊れていて先に進めないのだろうと思うが、理由がよくわからない。

1日じゅうかけて調べたが全く先に進めなかった。諦めて2.5インチのハードディスクを一つ潰してTimeMachine用に仕立て直したので問題は解決したのだが、やはりこの「壊れてしまった」ハードディスクが気になる。

結局WindowsPCを取り出してフォーマットし直すことにした。普通はGUIから「管理」を選びフォーマットし直すのだがMacでフォーマットしてあるのでWindowsではフォーマットできないようである。

cmdでコマンドラインを呼び出し、diskpartというユーティリティを起動する。list diskでディスクを選択し、secect disk1で外付けを選んだ。ここで間違えると本来消すべきではないハードディスクが吹っ飛んでしまうのでかなり緊張したのだが、cleanコマンドを実行するとパーテーションが消えてしまった。そこでWindowsの管理画面に戻るとフォーマットができるようになっていた。

いったんWindowsでフォーマットしてからMacに戻る。そこでディスクユーティリティを立ち上げてフォーマットし直したら普通に使えるようになった。

多分Macにもコマンドライン(diskutil)を使ってパーテーションなどの情報をクリーンにするコマンドがあると思うのだが、Macだと中途半端に生きているパーテーションがマウントされたりして、そこにSpotlightなどがあたりに行くと収集がつかなくなりそうである。Windowsを持っていてよかったなと思った。

ということで今回の教訓はこんな感じである。

  • 外付けハードディスクはできるだけ使いまわさない。
  • 古い機器ではオートパワーのような機能を使わない。
  • ハードディスクを抜くときには所定のやり方でディスクを取り出す。
  • 不必要なパーテーションは作らない。
  • 昔のマシンは古くてもとっておいた方が良い。いつ役に立つかわからない。