ポータブル録画機として使えるMacbook

ヤフオクを見ると今でも白いCore2DuoのMacbookがたくさん売られている。売られているのだが、OSが10.7までしか上がらない。中途半端なんじゃないかと思うのだが、周辺機器次第ではまだ使い道がある。地上デジタルの録画機になるのである。

ただ、Macbookにはチューナーはついていない。そこでハードオフでGV-MACTVを見つけて買ってきた。これもジャンクで500円だった。アダプターは2000円くらいでヤフオクを物色した。あと100円のアンテナをつけて完成である。

意外だったのは100円で手に入れた東芝製のアンテナ(DUA-300P)が案外構成のだったことだ。指向製がないのでスカイツリーが見えないところでは利用できないだろうと思ったのだが意外とちゃんと使えた。

気軽に使えるMacTVなのだがもちろん不満もある。外付けモニターに地上波デジタル放送を流すことは一切できない。なんとしてでも外に地上波の放送を映し出さないようになっているのだ。さらに、ハードディスクを変えたら録画はすべて消えてしまう。また一応データ放送は見ることができるが不具合が多い。

MAC TVと赤外線リモコン

結局ハードオフで2000円のHDDレコーダーを手に入れたのでこちらはサブマシーンになった。

このMacbookはOS10.5を入れてPowerPC時代のグラフィックソフトなどを走らせている。またEOS Kiss Digitalの写真取り込みにも使っている。PowerPC時代のソフトはOS10.6以降は動かないし、EOS Kiss DigitalもEOS Utilityのバージョンが高くなると認識されなくなってしまうのだ。ということで古いながらに(古いからこそ)重要なマシーンになってしまっている。

  • Macbook:2000円
  • アダプタ:2000円
  • MACTV:500円
  • IRリモコン:300円

My Gadget MacBook Collection

High Sierraまで上げられるモデル。処理速度は早くないがとにかく軽くて電池の持ちが良いのでちょっとしたワープロ作業や持ち運びには便利かもしれない。電池が膨れた状態で格安入手した。電池を入れ替えて使えるようにした。ただし画面は小さい。

ポリカーボネートモデルの最終盤。過去のA1181と共通の部品を使って修理が可能。El CapitanまでOSがあげられるので、ぎりぎりネットやiCloudに接続して利用できる。3台のジャンクを2,400円で購入し使える部品を集めて再編成した。最後に電池を購入して装着してある。

グラフィック性能が向上したアルミニウムユニボディモデルの元祖。El Capitanまでアップグレード可能。1円で落札して使えるようにしたがフロントガラスがなくカメラも抜かれていた。現在グラフィック機として現役稼働している。

この世代まではLionまでしか上げられない。PowerPC時代のソフトが使えるOS 10.5環境の保全などに最適。キーボードコネクタが破損しているため、ロジックボードから直接ブートする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です