不器用な人がiPad3モニターの再利用をするとどうなるか

ちょっと昔にiPad3のモニターを再利用してRetinaディスプレイを作るというプロジェクトが流行ったことがあるらしい。世の中には才能に恵まれた器用な人たちがいて問題なくプロジェクトを完成させているのだが、これを不器用な人がやるとどうなるかというレポートをやってみたい。

ことの発端はヤフオクでアクティベーションロックのかかったiPad3を買ったことだった。「なんとかなるかもしれない」と思っていたのだが、結論からいうとどうにもならなかった。そこでやけになって分解したのだが再組み立てができなくなった。

そこで検索したところ「国内にLDCコントローラを作っているメーカーがある」ということがわかった。ウェブを見るといとも簡単に作っているようだ。

コントロール基板を売っているのはAbusemarKという熊本の会社らしい。しばらくは逡巡していたのだがついに買ってしまった。Paypal払いで3,420円である。ショッピングサイトのインターフェイスがわかりにくくリンク先のページで直接Paypal払いを選んでしてしまうと送付先の住所登録がない状態でPaypal支払い画面に行ってしまう。必ず「go to checkup」を選んで住所などを登録してから支払いをしなければならない。本体が3000円で手数料が420円かかる。国内だと郵送で数日で送られてくる。

ここで悲劇が起こった。基板が怖いので恐る恐るやっていたのだがUSBを引き抜くときにコンセントの部品ごとブチっと抜いてしまった。基板なのでかなりヤワにできているのである。ここで「ああ終わったな」と思った。

この企画の元ネタは週刊アスキーなのだが、落ち着いて読んでみると「パーツが折れやすい」としっかり書いてある。しっかりと読み飛ばしていた。

3,000円を捨てる気にならず諦めきれなかった。基板をぼーっと眺めていると5つ穴が空いていて5Vと書いてある。そこで検索したところUSBは4本の線があり赤が5Vで黒がGroundになっているらしい。そこでUSBケーブルを一つ犠牲にしてつないだらなんとなく電気が通ってしまった。LDCライトが青く点灯したら通電である。

あとでいろいろ見てみたら製品ページの下の方にPDFのリンクがあるということがわかった。そこにWindowsからの基板の制御方法とか、下に5つ空いている穴の使い方などが書いてあった。

絶縁体も何を使っていいかわからないので楽天ポイントカードを犠牲にして両面テープで貼り付けてみた。

ここが素人の悲しいところで、どのように線を固定していいかわからない。結局は瞬間接着剤でつないだ。このためうっかりするとLDCが切れてしまう。ハンダすればいいと思うのだがやり方がわからない上に細かいところをハンダする自信がない。逆にショートするのも怖いので線をダクトテープで止めた。さらによく考えれば上から下につなげば基板が浮かずに済んだ。接着剤なのでもうやり直せない。よっぽどパニックというかヤケになっていたのだろう。

iMacはmid 2010なのでmini displayポートになっている、ということでminiDP/miniDPのケーブルさえ買えばいいわけだ。

この時点ではmini displayポートのケーブルがなかったのでAmazonで申し込んだ。「もしかして無駄になってしまうかも」と思った。電源は通るが生きているかどうか確信が持てなかったからである。Cable Matters Mini DisplayPortケーブル Mini DPケーブル ミニディスプレイポート 4K解像度対応 2m 金メッキコネクタ搭載というのを見つけた。Amazonだと1,000円以下で手に入るようだ。

ケースもどう作っていいかわからないし、そもそも線が切れているので気持ち的には萎えていて、結局100円均一ショップダイソーでコルクボードもどき(B5)とブックスタンドを買ってきた。ちなみに横幅がピッタリだ。ディスプレイはそのまま置いてもいいと思うのだがかなり薄いのでなんとなく支えがあったほうがよさそうである。

だが、線が汚い。

直接つないでみたのだが画面が表示されない。「失敗した」と思ったのだが、Macを再起動したら認識された。モニター設定を縦に変えて完成である。Macのモニターの回転って何に使うのかと思っていたのだが、こういうときに使うんだなと思った。

線を整理したら再び電源がつかなくなった。電源がきちんとつながっていないのだろう。多分、基板用のソケットみたいなものを売っていると思うのだが秋葉原にでも行かないと手に入れられそうにないので諦めた。いったんバラして線を動かすと再びついたのでダクトテープで固定した。やることが原始的すぎる。

ということで線をなんとなく整理したらこんな感じになった。上の方が汚いのだがこれは紙かなんかで隠せばなんとかなるのかなと思っている。裏から見るととても出来上がりが汚い。

ということでいろいろな人がやっているものをみるといとも簡単にやっているように見えるのだが、素人にはそれなりに難しかった。一応システムとしては電源さえ確保できればYouTube閲覧用の簡易ステーションみたいなものが作れる。

スリープにしても電源が通ったままになってしまうということでバックライトを消すためには裏にあるスイッチを押さなければならない。スリープにしてから手動でスイッチを押すという手順になる。付ける時も自動では復帰してくれずスイッチを入れ直すことになる。

元々のディスプレイの性能は良いのでつないでしまえば安定して使える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です