ハードオフで安いiPhone 8を手に入れたのだが……

このところ、スマホ購入のサポートをしていたのだが自分でも欲しくなってしまった。そこで中古相場を調べた。iPhone 8はAmazonの整備品が25,000円くらいで出ている。最近中古スマホの売買を始めたGEOで20,000円程度である。ところがハードオフで15000円んというのを見つけた。画面の一部に欠けがあり「落下させたのでは?」と思えるのだが買って見た。結論から言うと失敗だったと思う。

iPhone 8, iPhone 6s, iPhoneSE

iPhoneSEのジャンク品購入を経験して

  • 電池の持ちは調べた方がよく80%以下なら手を出さない方がいい
  • カメラや各種ボタンは調べた方がいい
    • iPhone SEはインカメラが白く濁っており
    • ホームボタンの指紋登録ができない

と言うことを学んだ。結局電池を入れ替えて使っている。iOSのサポートは2021年中頃のOSアップデートで切れそうなのだが、あと数年は使えそうだ。ところが新しいものが欲しくなると「とにかく欲しい」と言う気持ちが先に出てしまう。ボタン操作は確かめたうえで設定をしてみた。設定はとても簡単だった。

iPhone SE(初代)のバッテリー。やる気さえあれば一応素人でも交換はできる。業者さんに頼むと4000円くらいで交換してくれる。Appleで頼むと5400円である。2021年のiOS15ではサポート対象外になりそうだが、電話としてはまだまだ使えそうだ。

iPhone 6sのバッテリー。iPhone SEに比べると工賃が高いので難易度も上がるのかもしれない。iPhone SEはクリップ留めしてあるだけだが、こちらは防塵シールが貼ってあり開けると使えなくなると言う話がある。

引き継ぎは簡単なのだが……

まずiPhone 6sのバックアップを取りiTunes経由で復元させる。たったこれだけで1時間もしないうちに引き継ぎが完了してしまうのである。OSのレベルは合わせておかなければならない。これだけで、LINEモバイルのAPNプロファイルも引き継がれた。

意外だったのはSIMロックである。ハードオフの表記ではau端末ということになっていたのだが復元したらSIMロックなしになっていた。LINEモバイルのSIMを刺したところそのまま通話はできた。ちなみにあとでAPNプロファイルを入れずに使って見たのだがこれでも問題は起きなかった。どうやらAPNプロファイルはデータ送受信に関係しているらしく通話では問題は起きないようだ。

SAFARIに入れておいたパスワードはTouchID(指紋)を登録した時点で全部使えるようになる。ChromeはGoogleがマスターキーワードになっていて引き継げる。だからSNSの認証はそれほど困らなかった。

金融系のサービスは再びパスワードを入れなければならない。複数端末の操作は厳しめに制限されている。

最後の難関はLINEだった。どうやら普段からトークのバックアップを取るようにして([設定]から[トーク]に進むとバックアップを取ってくれる)置かないと引き継げないらしい。そして最初にトークの引き継ぎをしないとあとからやり直しができないのである。

スピーカーフォンが使えない問題

ここで思わぬ問題にぶつかった。アップルサポートに電話をしたのだが電話の声が全く聞こえないらしい。パニックになった。どうやらスピーカーフォンにすると通話ができなくなるらしいのだ。相手に声が聞こえないと言う。

サポートのアドバイスはバックアップではなく新品として再設定をやり直すというものだった。スピーカーフォンではなんとか聞き取れるが苦労するかもしれないという状態にまで改善した。Macを使った通話はできるようになった。

Voiceメモを使って実験をして見た。iPhone 6sだとクリアに録音できているがiPhone 8だとノイズが乗る。またiPhone 6sでは波形が動くのだがiPhone 8は動かない。どうやらiPhoneには3つのマイクがあり一つのマイクで高周波数を拾ってキャンセリングしているらしい。これがうまくいっていないのではないかと思うのだが理由がよくわからない。サポートに診断してもらった結果「ハードには問題がない」そうである。

全く使えないわけではないが「あとで問題が出るかもしれないなあ」という中途半端な状態のiPhoneができてしまった。

返品はできるのだが

今回はジャンク品ではないのでおそらく返品はできると思うのだが、明確に使えないと言うわけではない。そもそもあまり電話はしない。さらに使える状態にはなっている。ということで返品するかどうか迷っている。決定的な問題がこれ以上でなければ返品はしないのではないかと思う。

当初、3,000円くらいでも売れるならiPhone6sを売ろうかなと思っていたのだが「何かあったら困るな」と取っておくことにした。GEOで買取価格を調べたら20%増しキャンペーンをやっていて3,980円くらいで引き取ってくれるらしい。バックアップとしてはiPhoneSEもあるので売っても構わないとは思う。

バッテリーが78%と1日使っていると充電が必要なくらいには減っているので買取価格はあまり高くないだろう。かといってAmazonで電池を買って自分で入れ替えるような手間もかけたくない。

このiPhone6sはじゃんぱらで購入したのだが。バッテリー以外には問題もなかった。これで中古品でもいけると思ったのだが、どうもハードオフの査定はいい加減で「隠れた問題」が多いようだ。もちろん安いものを買ってきているのであまり文句は言えないわけだが。

いずれにせよ相場より安いものを買ってしまうと、なんらかの問題を抱える可能性が増えるんだなと言うことは学んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です