SONYのバージャルサラウンドシステムを試す

ハードオフでスピーカーを物色した。SRS-VS1という2000年に発売されたアクティブスピーカーが1000円で売られていた。

もともと、SONYの別のホームシアターシステムを持っていた。プラグの形が独特で抜き差ししているうちに接続が甘くなってしまい時々調整しないと音が聞こえなくなったりする。これがちょっとイライラするのだ。

ホームシアターシステム。結線が複雑という欠点がある。
このプラグが独特だ。今は売っていないらしい。

SRS-VS1は6つのスピーカーを2つで代用する仕組みである。実際にはいくつかのスピーカーが縦に並んでいるらしい。線は1本しかない上にプラグも太いので壊れにくい気がする。古い中古品なのだが音割れはない。

SRS-VS1はスピーカーが縦に並んでいる。

実際に試してみた。5.1chシステムの方はHDDレコーダーとテレビにつないである。そしてバーチャルスピーカーはMacから直差しでデジタルとアナログにつないだ。YouTubeの音源で比べてみたのだが実は違いがあまりわからなかった。アナログとデジタルも切り替えた直後は違いがわかる(ような気がする)のだが、そのうち別に気にならなくなる。バラエティ番組中心のテレビはそもそもステレオですらあまり意味を感じない。

一番違いを感じそうなのはアクション映画のDVDである。実際にやってみた。迫力はあるのだが、後ろから音が迫ってくる感じはない。もっとも「飛行機が後ろから飛んでくる」くらいのことがなければあまり恩恵は感じないのかもしれない。

もう一つ思ったのはSONYのスピーカーの優秀さだ。これを買う前にロジクールのアクティブスピーカー(中古で800円)を持っていたのだがこのしょぼすぎる性能にがっかりしていたのだ。音割れさえなければある程度のメーカーのものであれば古くてもそれなりに満足が出来るというわけだ。

とはいえ、Braviaは内臓のチューナーが壊れてしまったし(いわゆるSONYタイマーというやつだ)5.1Chシステムはプラグが壊れやすい。統合があまり得意でなかったのかもしれない。

ということで使い勝手はとてもよかったのだがSONYはデスクトップを前提としたこの手の商品をあまり作らなかったようである。現在ではSRS-XB41というBluetoothでリンクできるスピーカーが売られているようだ。

Macでホームシアターシステムを構築してサラウンドを楽しむには

Macでホームシアターシステムを構築した。しかしちょっと癖がある。ホームシアターシステムとは5.1チャンネルでサラウンド効果を得るためのものだ。RCAコネクターだと2チャンネルしかないので、サラウンド効果を得るためには光ケーブルが必要になる。

ところが最初の難関は光ケーブルの形状である。ホームシアターシステムは角形のコネクターが使われているのだが、Macについている光ケーブルはすべてピンジャックと共用になっているので接続するためには専用の[角形]-[丸形]ケーブルを買ってくるか、アダプターが必要なのである。

Amazonで調べたところによるとアダプターやケーブルが売られているのだがちょっと高価でどれも1000円程度かかる。丸形のケーブルが使えるものがなくなっているからなのか最近はアダプター対応が一般的なようだ。そこでダメモトでハードオフを探したら一本だけ[丸形]-[角形]のケーブルが落ちていた。324円だった。

 

それを下記のように接続した。HT-K31にはアナログ2系統/デジタル3系統があり、そのうち角形の光ケーブルは2系統である。

つないではみたものの少し難しい点があった。CDは2チャンネルで構成されているのでiTunesの出力にはこだわらなくてもよさそうである。El CapitanにはAirmac Expressのスピーカーに直接接続ができるオプションがあるが、Leopard(OS10.5)はスピーカーとしてはAirmac Expressを選べないのでiTunes経由で接続する必要がある。つまりEl CapitanはYouTubeの音をAirmac Expressに送れるのだが、Lepardにはそういう機能がないのである。やりたければイヤホンジャックを直接ホームシアターシステムに接続する必要がある。パソコンがホームシアターシステムと離れている場合は眺めのケーブルが必要である。

問題はDVDである。設定の関係上、そのままでは5.1チャンネルで出力されないのだ。

5.1チャンネルで出力するためにはDVDプレイヤーの環境設定からオーディオ出力のプルダウンメニューをデジタル出力に変更する必要がある。このときに「ディスクが5.1チャンネルに対応しており」なおかつ「デジタル出力ができる端子」が接続されていなければならない。つまり、光デジタルケーブルをMacに直接接続したうえでサラウンド録音されたディスクをいれなければならないのである。

ここまでやって初めてホームシアターシステムが5.1チャンネルを認識した。実際にはあまり変化は感じられない。ホームシアターシステムが割と良くできているので、疑似サラウンドでも十分に広がりが感じられるからである。

Airmac Expressも光デジタル端子に対応しているのだが、どうやらMacからAirmac Expressに音を飛ばすときには2チャンネルでしか飛ばないらしい。

ということで、Airmac Expressの場合はどうしても疑似サラウンドになってしまう。

ホームシアターシステムは例えばビアノの音がきれいに聞こえたり、音のディテールがクリアだったりする。また低音の広がりも良いので、かなり満足のゆく仕上がりになった。

古いMacbookをテレビとして再利用する

古いMacbookはテレビとして利用できる

2007年とか2008年ごろに作られた(つまり10年落ちの)Macbookは処理速度は十分だが、ブラウザーのサポートが切れていたりしてしてインターネットで使うのはなかなか難しい。ところが、意外と別の使い道ができる。フルセグのテレビ兼レコーダーとして利用できるのだ。

利用したのは中古のGV-MACTVだ。500円で入手した。Amazonだと3,000円くらいで中古品が入手できるようだ。

ところが家に帰って調べてみると、OSが10.5でないと利用できないという。

また、外付けモニターで利用することもできないのでメインで使っているiMac(安いのを買ったので内臓ディスプレイが壊れているのだ)では使えなかった。ということで、機械は買ったものの数ヶ月間利用できなかった。

だが、どうしても試したくなりついにヤフオクで古いMacbook A1181 (Early 2008) をわざわざ準備した。2,000円だった。馬鹿げているといえば馬鹿げているが、ヤフオクだと3500円くらい出せば確実に入手できるだろう。できればACアダプターのついているものを落とそう。ないものだと余分に2000円程度の出費になる。

セットアップは簡単

システム環境さえ整えばセットアップは簡単だ。BCASカードを入れてからUSBで接続して付属のソフトを起動させるだけである。電波状況さえよければ地域を入力するだけで使えるようになる。デジタル放送にもちゃんと対応している。メモリの要求量はそれほど多くなく、512MB x 2で十分だった。OS10.5 (Leopard)はそれほどメモリ要求力が高くないのだ。さらにMACTV側でデコードしているらしく、それほどメモリやCPUなどを要求しないようだ。

OS 10.7でもできた

試しに外付けハードディスクからOS10.7.5 (Lion)でアプリを起動したところ「イネーブラーが必要」と表示されたので、やはりダメなのかなと思ったのだが、なんなく起動した。32bitOSからアップデートすると最初は32bitで動作するようになっているようだ。64bitで起動している場合でも、ターミナルでsudo systemsetup -setkernelboot architecture i386と入力すると32ビット起動できるようになるという情報がある。しかし、Macbookの古い機種は64bit対応するできても32bitしか使えないように制限がかかっているという話もある。

なぜLionでは起動しないと思い込んでいたかというとiMac(Mid 2007) で試した時に起動しなかったからだ。同じシステムで起動していたのだが、機種によって64ビットだったり32ビットだったりということになる。これが情報が錯綜した原因だろう。ちなみにEl Capitanにはそもそも64ビット拡張という概念がなくなっている。

必要最低限のことはできる

録画も可能で、これだけがあれば地デジでやりたいことは全て実現可能だ。画質もそこそこよいが甲子園を見ることができなかった。サラウンドなので情報が多すぎたのかもしれない。このあたりは住んでいる地域の電波状況によるのではないかと思う。

またiPhoneにも転送ができる。古いiPhone3GSを持っているのだが、TVPlayerはiOS 5.0から使えるということでストリーミング転送が可能だった。ただし、ストリーミングしている時には本体側の映像を止めなければならないのであまり意味を感じない。

問題点もある

問題もいくつかある。テレビ単品と違って配線がごちゃつく。これは整理しようがない。また、当然だがテレビを見ている間はパソコンが使えなくなってしまうので(使おうと思えば使えるがMacbookの画面ではちょっと窮屈だ)当時高価だったMacbookをテレビ専用に使うのはちょっと憚られたのだろう。このあたりがこの製品が普及しなかった理由かもしれない。

外付けモニターなどには対応しておらず(従ってモニターがないMacminiでは利用できないそうだ)、MACTVかMacbookのどちらかが壊れてしまえば録画も再生もできなくなる。OSレベルのキャプチャーにも対応していない。この辺りは著作権対応なのだが、すこし厳しすぎるなあという気もする。

また、リモコンがないと(中古なのでApple Remoteがない)チャンネルの切り替えができない。いろいろやってみたがキーボードショートカットだけではチャンネル切り替えはできないらしい。ということで画面共有で別のMacから操作することにした。これもちょっと不便だ。

キャプチャーには実は抜け穴がある。画面共有を使って別のMacからキャプチャーをとることができるのである。

Yamaha WX11

中古のMacMiniがどれだけ使えるかを試すシリーズ。古いバージョンのGaragebandを引っ張りだしてきた。かなり使えるのだが、昔の作曲ソフトのように演奏をくみ上げてゆく形にはなっていない。ループと呼ばれるできあいの音楽があり、それを重ねて作曲するようになっている。15分くらいあればそれっぽい物ができて、

Garagebandのループはロイヤルティフリーなので、YouTubeのバックグラウンドミュージックくらいには使えるはずなのだが、実際には警告が来ることがあるようで、収益化をしている場合には注意が必要なようだ。

ということで、カラオケを作ってサックスやフルートの演奏をすれば面白いのかなと思い、タンスの上に転がしてあったウィンドシンセサイザーを取り出してきた。Yamaha WX11という。

IMG_2913

もともとはウィンドシンセサイザーのために開発されたMIDIコントローラーという位置づけ。単体で使う場合には別売りのパック(単三乾電池が6つ入るようになっていた)を購入してMIDI端子につなぐ必要がある。このためにパソコンにつなぐ場合には、[コントローラ]~[パック]~[MIDI/USB]~[パソコン]という複雑な構成になっている。

現在出回っているものはYAMAHA ヤマハ MIDIコントローラー WX5というこの一世代後の物だ、電池が本体に内蔵式になったようで、ACアダプタに直接刺せるそうだ。パソコン用にUSBで接続できるものがあればいいのに……と思って調べてみたところAKAIが出しているらしい。

運指はフルートやサックスに似ているので、この2つの楽器をやった人ならすぐに使い始めることができる。リップによって音程を調整できるはずなのだが、Garagebandはピッチベンドに対応していないようで、息の強さ以外は反映されなかった。ウィンドシンセにうるさい人なら、物理モデルで息の強さに応じて音色も変えられないと意味がないというようなことをいうかもしれないのだが、ちょっとした楽しみに使う分にはパソコンだけでも構わないと思う。ウィンドシンセの本体は製造中止になっており、中古のものがなくなれば手に入らなくなりそうではある。

SONY Media Converter DVMC-DA1

CIMG7981アナログビデオをデジタルに変換するためのコンバーター。Firewire 400に接続するのだが、ソニーは同じ規格をi.LINKと呼んでいた。もともとVAIOで使うことを想定しており、 MacOSでは使えなかったのだが、OS10.2.1で対応したようだ。

iMovieやiDVDと連携して動く。その後、アナログビデオカメラ(テープを使うもの)が下火になり、こうしたシステム構成は過去のものとなった。解像度は640×480 (480p)だった。4.7GBのDVDディスクがあれば2時間のビデオが十分収まった。

メディアコンバータはメモリスティックが使えるものや周辺機器を操作できるものなど合計3種類が発売された。