カテゴリー別アーカイブ: ネットワーク設定

古いMacを無線LANネットワークに参加させるには……

古いMacを複数台使っている。過去の資産が使えるということもあるし、まだまだ現役で使える分野も多いからである。しかしながら古いMacの中にはwi-fiがついていないものがあり若干不便さが残る。そこで、これらの機器をどうやったら無線LANネットワークに接続させることができるかを考えてみた。

結論だけを言うと無線機器はメーカーを揃えた方が何かと便利であるが、理由はいくつかある。

これが最初の図である。できるだけ機械を追加しないで使いたいと考えるとこのような陣形になる。無線LAN付きのMacをルーター代わりに使うのである。MacOSでは「インターネットの共有」と呼ばれている。このやり方の最大の欠点はセグメントの分断である。MacOSに備え付けのインターネット共有にはブリッジ機能がないうえに、ネットワークを使う時にはわざわざルーターになるパソコンの電源を入れる必要がある。例えばこの陣形ではiMacからPowerMac G4とMac Mini G4が見えない。セグメントが分かれてしまうからである。つまりネットワークが2つできてしまっており、いわゆる「二重ルーター」状態になっているのだ。こうなると無線LANアダプターが欲しくなる。

ブリッジ機能:ルーターを設置するごとに独自のネットワークが作られる。つまり複数ルーターがあるとネットワークが複数できる。ネットワーク同士ではOSのファイル共有機能は利用できないので、ホームネットワークを構築する場合には、必ずブリッジ機能のあるルーターを使う必要がある。知っている人はわざとネットワークを「ゲスト用」と「自宅用」に分けたりすることがある。こうするとゲストは家の重要なファイルにはアクセスできなくなり便利だ。ルーターが二つ以上あることを二重ルーターと呼んだりする。ゲーム機器などがあると期せずして二重ルーター状態になることがあるという。

無線LANアダプター:有線LANしか使えない機器を無線LAN接続させる機械。ボックスとして別になっているものやUSBを使って接続するものがある。速度や使い勝手などは機器によってかなり異なるようだ。

 

次に試したのはUSBにつけるタイプの無線LANアダプターを加えたものである。PowerMac G4は滅多に使わないので参加を諦めた。ファイルの共有程度なら問題はないが、速度が極めて遅い。Planex社製品は今でも安価で売られているのだが、正直性能があまりよろしくない。さらに別の問題も起きた。光ケーブル端子ONU/無線ルーターの負担を減らそうと古いNEC製のwi-fi機器を引っ張り出してきた。これをAppleのAirMac Expressにつないだのだ。二日か三日ごとにリンクダウンが起こるようになった。

リンクダウン:無線環境がよくないと電波が頻繁に切れる。これを防ごうとしてネットワーク機器が速度制限を行い電波状態が改善すればまた速度をあげる。しかし、電波環境がよくないとどんどんと下がって行き、やがて1Mbps程度になりつなげなくなる。つなげなくなること自体をリンクダウンと呼ぶ(らしい)。

無線LAN機器同士でコンフリクトが起こると徐々に最高速度を下げて行き最終的には回復不可能になって落ちてしまうのである。さらにAirMac Expressが行方不明になる。このNECの機械はADSL時代から使っていたのだが問題はなかった。複数機器が混在したからこうなるのか、高速回線に対応できなくなったのかはよくわからない。ルーターにもメモリがあり、あまり多くのトラフィックをさばこうとすると性能低下が起こるようである。

こうなるとNECのLAN親機をリスタートさせてAirMac Expressもリスタートさせなければならない。これを自動で行うスクリプトを組もうかなと考えたあたりで「やっぱり買おう」ということになった。

最終的には無線LANアダプタがついているBuffaloルーターのセットを買ってきた。ハードオフで1000円だった。これを使ってボタンを一発押せばリンクしてくれる。とても便利である。さらにBuffaloルーターをブリッジモードにしておくとセグメント化も起こらないので、すべてのマシン同しで接続もできる。さらに余ったSSDドライブをBuffaloルーターにつけることでNASとしても機能する。Windowsとのファイル共有に便利だ。

WindowsとMacのファイル共有:本来ならMacとWindowsはファイル共有が容易なはずである。だが、これは建前だけで、解説を見て一生懸命に設定しても相手が見えなかったり、いったん見えていたのに消えてしまうということがある。MacはWindowsのファイル共有機能を「セキュリティが甘い」として嫌っており、WindowsはMacを認めないからである。そこでNASを使ってファイル共有できるスペースを作っておくと便利だ。最近では8GB程度のUSBメモリが1000円以下で売られているので、それを使っても良いかもしれない。

とりあえずファイルをここに入れればUSBメモリを持って家の中をウロウロする必要もないのである。

このBuffaloルーターの親子機セットは同一メーカーでなければうまく機能してくれない。さらに同じメーカーであっても組み合わせによって動かなかったりする。これは親機・子機の関係だけでなく、中継機にもあるようで非常にややこしい。Buffaloではウェブサイトまで作って組み合わせを解説している。だからもし無線LAN環境を拡張したければ同じメーカーだけで揃える必要がある。中古のジャンクショップだとなかなか扱っておらず、手に入れられるかは運次第ということになる。

AIrMac Expressは無線LANを使って接続してもよいはずなのだが、行方不明が頻発した経験もあるので有線でつなぐことにした。無線LAN機能をOffにしてある。全く意味がないように思えるかもしれないが、スピーカーを接続して音楽を聞くことができるのである。無線で接続していた時には行方不明になったり音途切れがあったりしたがそれがなくなった。

本来ならば無線規格さえあっていればなんでも使えるはずなのだが、実際には行方不明になったり使えなかったりする。だから、無線LAN環境を整えるためにはいろいろと気をつける必要がある。ストレスを減らしたいなら同じメーカーで揃えた方が良い。

自己割り当てのIPアドレスが表示されてネットにつなげない

MacintoshなどのAppleの製品を使っていると「自己割り当てのIPアドレス」が表示されることがある。こうなるとインターネットに接続できない。この場合はいくつかのことを確認しよう。

  1. そもそもIPアドレスを割り当ててくれる装置(ルーター)があるか。
  2. あるとしたらそのIPアドレスは何か。
  3. そのIPアドレスがわかったら、それを手動で設定する。Macの場合IPv4の設定を「手入力」にする。
  4. 逆に手力になっている場合は自動設定に切り替えてみる。

1は「ルーターがあるか」どうかだが、あると思っていても「ブリッジモード」で動いている可能性がある。また、意外と「線が抜けている」可能性やwi-fi電波がきちんと飛んでいないという可能性もある。電波は見えないのでEithernetのケーブルを持ってきて接続してみるのも手である。

2のIPアドレスだが、たいていは192.168.0.1か192.168.1.1となっていることが多い。しかし、たまに192.168.11.1など特殊なアドレスが指定されている場合もあるので、マニュアルを読み、それでもわからなければメーカーに確認しよう。

Macintoshの例。TCP/IPセッティングでルーターのIPアドレスを指定してやるとDNSへの割り当てが行われる。IPV4の設定を「自動」にする。それでもダメな場合にはこのように「て入力」にして個別に設定することで通じる場合もある。ここではIPアドレスを直接指定しているのだが、DHCPサーバーではこの領域(192.168.1.2xx)は利用しないようにあらかじめ設定がしてある。

「自己割り当てのIPアドレス」が割り当てられてしまう理由は、ルーターからうまくIPアドレスがもらえていないかルーターを探せていないことが問題だからである。自己割り当てのIPアドレスが割り当てられるのはパソコンがルーターを見つけられないからだ。だからルーターが見つけられるようにしてやればこの現象はなくなるのだ。

ルーターは配下のパソコンなどにIPアドレスを割り当てることになっているのだが、最初にパソコンの方から「ネットワークに入ったからアドレスをください」とお願いしなければならない。自己割り当てのIPアドレスが振られているということはこの挨拶がうまく行かなかったことを意味している。挨拶をしてもルーターから返事がないとパソコン(もしくはスマホやゲーム機)が勝手にIPアドレスをつけてしまうのである。

ではなぜルーターが見つけられないのだろうか。よく質問サイトなどで「どうしたら解決しますか」などと書かれているが、原因はそれぞれのネットワークの状況によって違う。だから、ネットワーク管理者(つまり「あなた」)しかわからない。原因を追求するためには基礎知識が必要になる。

ネットワークには1つ以上のルーターが必要

lan

ネットワークには必ず1つ以上のルーターが必要だ。ルーターが個別の住所であるIPアドレスを決めているからだ。

例えばパソコンAはルーターからIPアドレスをもらう。AがYahooを閲覧するとルーターが代わってYahooに問い合わせして、取得した情報をAにつないでやるのだ。Cも直接ルーターにつながっているのでAと同じような扱いになっている。このネットワークにはルーターが1つしかないので、難しい設定をしなくてもルーターは自動的に見つかるはずである。大抵はDHCPという方式で自動化されているが、管理者が手動でふり分けることもできる。

予期せずルーターが2つ以上になることがある

この何気ないネットワークだが実はBという例外がある。BはDを介してネットにつながっている。人間は図をみて「DはBにネット共有しているなと」いうことがわかるのだが、パソコンやルーターにはそれがわからない。だから、そのままではBがネットに接続できなくなってしまう可能性がある。

厄介なことに、Macの世界では「ルーター」という言葉を使わないことがある。代わりにネットワークの共有という耳慣れない用語が使われる。多分、わかりやすくしようとしてこうなったのだとは思うが、実際にはちょっと理解が難しい。

networkisetting

図示した設定例はパソコンDのものである。Wi-Fiの方が優先順位が高く、その通信経路をEthernet経由で共有することになっている。Wi-Fiの方が上においてあり、このパソコンはWi-Fiを使ってインターネットにつながっている。そしてEithernet(普通のLANケーブルのことである)を介してBに接続されている。

Bを除くパソコンはすべて同じネットワークに接続されているので、IPアドレスは192.168.0.1とか192.168.0.2という具合に付番される。ところが、Bだけは例外で別の番号が割り振られる。192.168.2.1とか192.168.2.2という具合である。192.168.0.1とか192.168.2.1のように右端の番号が1になるのは必ずルーターである。つまりこのパソコンDはEithernet側がルーターの役割を果たしているのである。

ちょっと難しく感じられるかもしれないのだが、最初の三つの数字の塊が共通しているのが同じネットワークである。なぜそうなっているかというと、サブネットマスクが255.255.255.0になっているからである。255は「すべてふさがっている」ことを意味し、0は「すべて空いている」ことを意味している。同じネットワークに200程度のパソコンを配置するならサブネットは1セグメントだけ開けておけば良い。2セグメント開けて255.255.0.0とすると、255X254のIPアドレスを振ることができる。ちなみに192.168.1.0というものはない。末尾が0になるとネットワーク全体を指すのだそうだ。

おさらいすると、この図には黒丸とDの二つのルーターがある。ただしDはwifiを通じて端末としても機能している。これが「二重ルーター」がわかりにくい理由である。そして、A,C,DというネットワークとB,Dという2つのネットワークがある。だから例えばAからBのファイルを覗くことはできない。

ちょっと詳しい人なら「ルーター設定をなくしてブリッジとして使えばいいのではないか」と思うかもしれないが、Macのインターネット共有はブリッジ設定ができない。できるという人がいるのだがUnixの設定を変更しなければならないようである。

具体的な設定

具体的な設定は次のようになる。パソコンDはWi-Fiでルーターを通じてインターネットにつながっており、Wi-FiのないパソコンBとはイーサネットでつながっているという設定である。

  • ルーターは自動的にIPアドレスを振り分けるように設定する。IPアドレスは、192.168.1.2から192.168.1.255までの範囲にする。規定で決まっているものがある。192.168.0.1〜が設定されていることが多いようである。
  • A,B,Dは自動でIPアドレスをもらえるように設定する。自動設定を選ぶ。
  • Dのイーサネット側を範囲外(例えば192.168.2.1)に設定する。これがBのルーターになる。
  • Bのイーサネット側の設定を手入力にして、IPアドレスを192.168.2.2以降に設定する。ルーターは192.168.2.1に設定してDを向くようにすると確実だ。

この設定で、192.168.1.0というネットワークと192.168.2.0というネットワークができあがる。すぐにはわからないかもしれないが、紙に書いたりしていろいろと試してみよう。2つ以上の経路からネットワーク接続できるようなものは注意が必要だ。

パソコン以外にもルーターとして機能するものがある

さて「このような難しいことはしていない」という人もいるかもしれない。問題はいくつか考えられる。パソコンではなくスマホやプリンターなどのネットワーク機器が影響している可能性がある。最近ではゲーム機もネットワークを構成したりする。WAN/LANという設定画面があるものはすべてルーターとして機能しうる。WANはwide area networkのことなのだが、ここでは「外側がWAN」と覚えておけば良い。

知らず知らずのうちにネットワークが複雑化していることがあるわけだ。どの機械がルーターにつながっているかはルーターを調べるとわかるのだが、何が接続しているのかを調べるやり方は機械によって確認方法が違うのでマニュアルを読むしかない。

その他の不具合

また、単にルーターが具合が悪いという可能性もある。「仕切り屋」がサボることで、IPアドレスがもらえなくなってしまうのである。機械が故障しているかどうかを知るのはとても難しい。例えば無線ではなく有線で接続しなおしたら問題が解決するかもしれないし、ルーターを変えてみるというのも一つの手である。さらにルーターをリスタートしたら再認識されたということであればルーターの不調などか力不足が考えられる。あまりにも負担が大きいと勝手に速度を落として対応したりすることもあるようなのだ。リスタートの方法もマニュアルを見るしかない。

無線の場合には別の問題もある。無銭LANは高速で接続して具合が悪いと徐々にリンク速度を下げて行く場合がある。その場合には最後には最低速度(1Mbps)に落ちてしまう。この場合にはリスタートするしか方法がない。原因をある程度特定してからメーカーに問い合わせが必要だ。だが、これも結局わからず「メーカーを統一したら改善した」などという声もよく聞く。統一規格のはずなのだが、意外とメーカー同士でうまく行かないことも多いのである。

自分が経験したのはNECとAPPLEの仲の悪さだ。家でスピーカー共有するためにAirMac ExpressとAtermをつないでいるのだが、時々Air Mac Expressが見えなくなる。どうもAtermとの相性に問題があるようでどちらも再起動すると復旧する。このルーターをBuffaloに変更したところ問題が解決した。抜本的な解決策はないようなので、できるだけ同じメーカーのものを揃えたほうがトラブルは少ないかもしれない。

Windows XPとMacでファイルを共有する

WindowsとMacintoshでファイルを共有するための設定について考えるのだが、最初にお断りすると現在この方法は利用していない。どちらもネットワーク環境があまりにも不安定なので中古ショップで拾ったネットワークルーター(WZR-HP-G301NH)を買ってきてWindows向けにフォーマットしたSDDを一つぶら下げた。ルーター500円・SSD3000円・ハードディスクケース1000円という構成である。共有するかもしれないファイルはとりあえずここに入れておく。最近では32GB程度のUSBメモリなども安価になっているので、サーバーをかませたほうがファイル共有に悩むよりも生産性が高い。SSDだと消費電力もあまり高くないのでこの方法がオススメだ。Amazonだと32GBが2000円弱で手に入る。

Macintosh同士だと「ゲスト」と「登録ユーザ」で情報共有ができる。登録ユーザの場合はボリューム全体を共有することも容易だ。しかし、WindowsとMacintoshでは登録ユーザの接続は難しい。古いMacとWindowsを相互接続するためには、Mac側でSMBファイル共有の設定をする必要がある。それでもうまく行かないことがあるので、その場合はネットワークドライブを設定するか、Google Driveなどのクラウドサービスを検討しよう。

ユーザーを特定してファイルを共有する

  1. Mac上で新しいユーザーを作成する。システム環境設定から[アカウント]を選択する。パネル下の[+]を押して新しいアカウントを作成する。アカウント名はWindowsでログインするものにするが、小文字て設定すること。ユーザー名は一度設定すると変更ができない。
  2. OS10.3.9ではWindows共有にチェックを入れる。どのフォルダを共有するかをシステムから選ぶことはできない。
  3. OS10.5.8では共有を選び、ファイル共有にチェックを付ける。[共有フォルダ:]下のプラスマークを押して任意の共有フォルダを設定する。パネル下の[オプション]ボタンを押す。[SMBを使用してファイルやフォルダを共有]にチェックを入れる。

ゲストがファイルを共有できるようにする

Macintosh側の設定

network001

    1. [ネットワーク]からパネル下の[詳細]を選ぶ。
    2. [WINS]タブを選択し、NetBIOS名とワークグループ名を設定する。ワークグループはすべて小文字で設定する。

network002

      1. 共有を選び、ファイル共有にチェックを付ける。[共有フォルダ:]下のプラスマークを押して共有フォルダを設定する。パネル下の[オプション]ボタンを押す。[SMBを使用してファイルやフォルダを共有]にチェックを入れる。
      2. [セキュリティ]を選択し[ファイアウォール]タブを選択する。ファイル共有(AFP, SMB)がリストされていることを確認する。

Windows側

    1. コントロールパネルから[ネットワークとインターネット接続]を選ぶ。
    2. [ホームネットワークまたは小規模オフィスのネットワークをセットアップまたは変更する]を選ぶ。
    3. [接続されていないネットワークハードウェアを無視する]をチェックする。
    4. [住宅用ゲートウェイ経由またはネットワークの別のコンピュータ経由でインターネットに接続している]を選ぶ。コンピュータの説明とコンピュータ名を入力する。接続にはコンピュータ名が使われる。
    5. ワークグループ名を設定する。[ファイルとプリンターの共有を有効にする]を選択する。
    6. Windowsファイアウォールを選ぶ。
    7. ファイアウォールを有効にする。
    8. 詳細設定タブを開く。
    9. ネットワーク接続している機器(ワイヤレスネットワークなど)を選び[設定]ボタンを押す。
    10. [例外]タブを選び[ファイルとプリンタの共有]を選び、[編集]ボタンを押す。Macintosh側からうまく接続できない場合には[サブネットのみ]ではなく[任意のコンピュータ]などを選び調整する必要がある。
    11. ファイル共有をするためには、TCP139と445が開いている必要がある。またUDP137とUDP138が開いている必要がある。
    12. 任意のフォルダを選び、右クリックする。[共有とセキュリティ]を選び[ネットワーク上での共有とセキュリティ]の欄で[ネットワーク上でこのフォルダを共有する]にチェックを入れる。

新しいMacintosh

YosemiteからはSMB3が標準となり、古いMacと接続する為にはAFPでの接続を許可する必要があるということだ。