iMac mid 2007のファン暴走があっさり解決した

MacBook Late 2008を導入したので、iMac mid 2007を退役させようと思った。SSDに換装してからファンがうるさく回るようになっていたのだ。Mac Fan Controlを導入していたのだがOS 10.5には対応するバージョンがなく、従ってファンはブーンと回り続けていた。

今回退役させるにあたって中身を掃除しようと考えた。tempと書いてある端子をSSDにビニールテープで貼り付け、LED用の温度センサー(なぜか抜けていた)を刺しなおした。起動させると音がしない……

続きを読む iMac mid 2007のファン暴走があっさり解決した

ジャンクMacの紹介をする

ジャンクMacが増えてきたので改めて整理することにした。ビデオを作って思ったのだが「思ったより安くないかもしれないな」と思った。本体代金を抑えることができても修理にお金がかかったりする。反省ついでにまとめてみようと思った。

続きを読む ジャンクMacの紹介をする

iMac mid 2007が白黒表示になった話

おそらくもう誰もこういうトラブルには遭遇しないだろうとは思うのだが、Leopardを使ったらiMac mid 2007が白黒になってしまった。

El CapitanとLeopardをデュアルブートするとEl CapitanからLeopardに戻る時にPRAMのクリアが必要になることがあるようだ。

画面が死んだiMacを外付けディスプレイで使いEl Capitanで運用していた。最近iMac2010を買ったのでメインマシーンとして使うことはなくなった。さらにOS10.5でやっている作業をiMacに持って来れればMacbookを机から処分できる。ということで、OS10.5 Leopardに切り替えようと思ったのである。

外付けのHDDケースを500円で買って来てデュアルブートにして使うことにした。

HDPS-Uというシリーズらしいのだが、中身のHDDが抜かれていてガワだけが500円で売られていた。中にゴムの緩衝材が入っていて衝撃に強いという触れ込みである。ここに60GBの東芝のHDDを入れて使うことにした。Appleのマークが入っているのでおそらくPowerMacG4から抜いたものだと思う。
続きを読む iMac mid 2007が白黒表示になった話

2020年9月現在に10年落ちのMacでできることとできないこと

テクノロジーが進化しMacのスペックが十分に向上した結果10年落ちのMacでも十分実用に耐えるようになった。どのくらい使えるのかあるいは使えないのかをまとめてゆきたい。

続きを読む 2020年9月現在に10年落ちのMacでできることとできないこと

iMac2010の実力を試してみる

今更実力もないとも思うのだがiMac2010の速度を調べてみた。Core2Duoを使ってきたのでCorei3でもものすごく早いような気がする。

まず起動確認テストをやってみた。比較対象はiMac mid 2010(Corei3)とMacMini mid 2010(Core2Duo)である。どちらも2010年に発売されたものである。iMac mid 2010はもともと2GBが入っていたのだがこれではお話にならないのでもう2GB足した。メモリの価格はたったの580円だった。

続きを読む iMac2010の実力を試してみる

Spyder2Express – 中古Macintoshをまとめてカラーマネージメントする

Hardoffでキャリブレータを見つけた。500円だったので迷わずに買ってしまった。この手の製品はいつも手に入るというものではないのであるときに買っておかないとすぐになくなってしまう。

続きを読む Spyder2Express – 中古Macintoshをまとめてカラーマネージメントする