ハードディスクのない中古Macを再セットアップする方法

よくヤフオクではフォルダーにはてなマークがあるMacが売られている。起動は可能なので、適切なやり方を覚えればすぐにセットアップができる。セットアップのやり方は覚えてしまえば簡単なのだが、いくつか基本的なルールがある。このルールを確認しながら具体的なセットアップの方法を見て行きたい。ルールはできるだけ太字で書いたので、面倒なことが読みたくない人は太字だけを読んでほしい。

続きを読む ハードディスクのない中古Macを再セットアップする方法

古いMacbookを録画機として使う

ジャンク売り場で売られているような古い機材だけだけを使って、地デジの録画機を構成します。ハードディスクは大きい方がよいですが、工夫次第で長時間録画することができます。

まず準備するのはMacbook Early2008です。OS10.5で動いています。OS10.5は今ではそれほど使い勝手のよくないバージョンですが、録画機に使うにはこちらの方が便利です。Macbookはヤフオクで手に入れました。まめにチェックしていると3,000円程度くらいから手に入ります。iMacでも使えますが、外付けモニターを使うMacMiniでは構成ができません。


これにGV-MACTVを接続します。これはハードオフのジャンク売り場で発見しました。500円でした。これらが安く手に入るのはテスト環境がなく古いMac用の周辺機器がテストできないからだと思います。BCASカードはついていませんでしたが、テレビで使っていたものが余ったのでそれを再利用します。再発行手数料は2000円程度です。

このGV-MACTVは32bitモードでないと動作しないという欠点があります。Macbook Early 2008はOS10.7でも32bitで動くので(Proとの差別化のためにわざとそうしたという話があります)OS10.7でも動くのですが、OS10.5はそもそも64bit対応ではないので、調整しないでもこれが動くわけです。iMacであれば10.5で構成するか、OS10.7を32bitで動かす必要があります。ということで、古いMacbookが一番問題が少ないです。

さて、これで録画ができます。実際に録画してみると2時間20分の映画に16GBを必要とします。10分あたり1.5GB強といったところ。Amazonで調べると500GB 2.5inch HDDの中古品が4,000円程度、1000GBで5,000円程度出せば買うことはできます。

しかし、今使っているマシンに入っているのは160GBしかなく、OSなどを除くと60GB程度しか録画用に割り当てられません。これだとだいたい6時間くらいしか録画できないことになります。

ここで活躍するのがやはりハードオフで3,000円で購入してきたiPhone3Gsです。もう現役で使っている人はいないと思います。TVPlayerというアプリを使うとムーブができるのです。

ムーブしなくても本体に入っている録画済みのものはすべて視聴可能ですが、ムーブするとiPhone用に圧縮してくれるので容量が少なくて済みます。試しに25分番組4本と40分番組をコピーしたところ、劇的にファイルサイズが減ったようです。ただし、一旦ムーブしたものをもとに戻したり別のところにコピーしたりということはできません。

まだ、iPhoneにはかなり余裕があるので、しばらくはこちらにムーブして保存したいと思います。

ただし、2時間20分あるシン・ゴジラをムーブしようとしたところ、何回試してもアプリが落ちてしまいました。メモリ上の問題だと思うのですが、一番大きいファイルが移動できないのはちょっと痛手です。

無線がついていないPowerMac G4をwi-fiネットワークにつなぐには

古いMacを複数台使っている。過去の資産が使えるということもあるし、まだまだ現役で使える分野も多いからである。しかしながら古いMacの中にはwi-fiがついていないものがあり若干不便さが残る。そこで、これらの機器をどうやったら無線LANネットワークに接続させることができるかを考えてみた。

結論だけを言うと無線機器はメーカーを揃えた方が何かと便利であるが、理由はいくつかある。

これが最初の図である。できるだけ機械を追加しないで使いたいと考えるとこのような陣形になる。無線LAN付きのMacをルーター代わりに使うのである。MacOSでは「インターネットの共有」と呼ばれている。このやり方の最大の欠点はセグメントの分断である。MacOSに備え付けのインターネット共有にはブリッジ機能がないうえに、ネットワークを使う時にはわざわざルーターになるパソコンの電源を入れる必要がある。例えばこの陣形ではiMacからPowerMac G4とMac Mini G4が見えない。セグメントが分かれてしまうからである。つまりネットワークが2つできてしまっており、いわゆる「二重ルーター」状態になっているのだ。こうなると無線LANアダプターが欲しくなる。

ブリッジ機能:ルーターを設置するごとに独自のネットワークが作られる。つまり複数ルーターがあるとネットワークが複数できる。ネットワーク同士ではOSのファイル共有機能は利用できないので、ホームネットワークを構築する場合には、必ずブリッジ機能のあるルーターを使う必要がある。知っている人はわざとネットワークを「ゲスト用」と「自宅用」に分けたりすることがある。こうするとゲストは家の重要なファイルにはアクセスできなくなり便利だ。ルーターが二つ以上あることを二重ルーターと呼んだりする。ゲーム機器などがあると期せずして二重ルーター状態になることがあるという。

無線LANアダプター:有線LANしか使えない機器を無線LAN接続させる機械。ボックスとして別になっているものやUSBを使って接続するものがある。速度や使い勝手などは機器によってかなり異なるようだ。

 

次に試したのはUSBにつけるタイプの無線LANアダプターを加えたものである。PowerMac G4は滅多に使わないので参加を諦めた。ファイルの共有程度なら問題はないが、速度が極めて遅い。Planex社製品は今でも安価で売られているのだが、正直性能があまりよろしくない。さらに別の問題も起きた。光ケーブル端子ONU/無線ルーターの負担を減らそうと古いNEC製のwi-fi機器を引っ張り出してきた。これをAppleのAirMac Expressにつないだのだ。二日か三日ごとにリンクダウンが起こるようになった。

リンクダウン:無線環境がよくないと電波が頻繁に切れる。これを防ごうとしてネットワーク機器が速度制限を行い電波状態が改善すればまた速度をあげる。しかし、電波環境がよくないとどんどんと下がって行き、やがて1Mbps程度になりつなげなくなる。つなげなくなること自体をリンクダウンと呼ぶ(らしい)。

無線LAN機器同士でコンフリクトが起こると徐々に最高速度を下げて行き最終的には回復不可能になって落ちてしまうのである。さらにAirMac Expressが行方不明になる。このNECの機械はADSL時代から使っていたのだが問題はなかった。複数機器が混在したからこうなるのか、高速回線に対応できなくなったのかはよくわからない。ルーターにもメモリがあり、あまり多くのトラフィックをさばこうとすると性能低下が起こるようである。

こうなるとNECのLAN親機をリスタートさせてAirMac Expressもリスタートさせなければならない。これを自動で行うスクリプトを組もうかなと考えたあたりで「やっぱり買おう」ということになった。

最終的には無線LANアダプタがついているBuffaloルーターのセットを買ってきた。ハードオフで1000円だった。これを使ってボタンを一発押せばリンクしてくれる。とても便利である。さらにBuffaloルーターをブリッジモードにしておくとセグメント化も起こらないので、すべてのマシン同しで接続もできる。さらに余ったSSDドライブをBuffaloルーターにつけることでNASとしても機能する。Windowsとのファイル共有に便利だ。

WindowsとMacのファイル共有:本来ならMacとWindowsはファイル共有が容易なはずである。だが、これは建前だけで、解説を見て一生懸命に設定しても相手が見えなかったり、いったん見えていたのに消えてしまうということがある。MacはWindowsのファイル共有機能を「セキュリティが甘い」として嫌っており、WindowsはMacを認めないからである。そこでNASを使ってファイル共有できるスペースを作っておくと便利だ。最近では8GB程度のUSBメモリが1000円以下で売られているので、それを使っても良いかもしれない。

とりあえずファイルをここに入れればUSBメモリを持って家の中をウロウロする必要もないのである。

このBuffaloルーターの親子機セットは同一メーカーでなければうまく機能してくれない。さらに同じメーカーであっても組み合わせによって動かなかったりする。これは親機・子機の関係だけでなく、中継機にもあるようで非常にややこしい。Buffaloではウェブサイトまで作って組み合わせを解説している。だからもし無線LAN環境を拡張したければ同じメーカーだけで揃える必要がある。中古のジャンクショップだとなかなか扱っておらず、手に入れられるかは運次第ということになる。

AIrMac Expressは無線LANを使って接続してもよいはずなのだが、行方不明が頻発した経験もあるので有線でつなぐことにした。無線LAN機能をOffにしてある。全く意味がないように思えるかもしれないが、スピーカーを接続して音楽を聞くことができるのである。無線で接続していた時には行方不明になったり音途切れがあったりしたがそれがなくなった。

本来ならば無線規格さえあっていればなんでも使えるはずなのだが、実際には行方不明になったり使えなかったりする。だから、無線LAN環境を整えるためにはいろいろと気をつける必要がある。ストレスを減らしたいなら同じメーカーで揃えた方が良い。

Macでホームシアターシステムを構築してサラウンドを楽しむには

Macでホームシアターシステムを構築した。しかしちょっと癖がある。ホームシアターシステムとは5.1チャンネルでサラウンド効果を得るためのものだ。RCAコネクターだと2チャンネルしかないので、サラウンド効果を得るためには光ケーブルが必要になる。

ところが最初の難関は光ケーブルの形状である。ホームシアターシステムは角形のコネクターが使われているのだが、Macについている光ケーブルはすべてピンジャックと共用になっているので接続するためには専用の[角形]-[丸形]ケーブルを買ってくるか、アダプターが必要なのである。

Amazonで調べたところによるとアダプターやケーブルが売られているのだがちょっと高価でどれも1000円程度かかる。丸形のケーブルが使えるものがなくなっているからなのか最近はアダプター対応が一般的なようだ。そこでダメモトでハードオフを探したら一本だけ[丸形]-[角形]のケーブルが落ちていた。324円だった。

 

それを下記のように接続した。HT-K31にはアナログ2系統/デジタル3系統があり、そのうち角形の光ケーブルは2系統である。

つないではみたものの少し難しい点があった。CDは2チャンネルで構成されているのでiTunesの出力にはこだわらなくてもよさそうである。El CapitanにはAirmac Expressのスピーカーに直接接続ができるオプションがあるが、Leopard(OS10.5)はスピーカーとしてはAirmac Expressを選べないのでiTunes経由で接続する必要がある。つまりEl CapitanはYouTubeの音をAirmac Expressに送れるのだが、Lepardにはそういう機能がないのである。やりたければイヤホンジャックを直接ホームシアターシステムに接続する必要がある。パソコンがホームシアターシステムと離れている場合は眺めのケーブルが必要である。

問題はDVDである。設定の関係上、そのままでは5.1チャンネルで出力されないのだ。

5.1チャンネルで出力するためにはDVDプレイヤーの環境設定からオーディオ出力のプルダウンメニューをデジタル出力に変更する必要がある。このときに「ディスクが5.1チャンネルに対応しており」なおかつ「デジタル出力ができる端子」が接続されていなければならない。つまり、光デジタルケーブルをMacに直接接続したうえでサラウンド録音されたディスクをいれなければならないのである。

ここまでやって初めてホームシアターシステムが5.1チャンネルを認識した。実際にはあまり変化は感じられない。ホームシアターシステムが割と良くできているので、疑似サラウンドでも十分に広がりが感じられるからである。

Airmac Expressも光デジタル端子に対応しているのだが、どうやらMacからAirmac Expressに音を飛ばすときには2チャンネルでしか飛ばないらしい。

ということで、Airmac Expressの場合はどうしても疑似サラウンドになってしまう。

ホームシアターシステムは例えばビアノの音がきれいに聞こえたり、音のディテールがクリアだったりする。また低音の広がりも良いので、かなり満足のゆく仕上がりになった。

アップルリモート(A1156)を使う

ハードオフでリモコンを漁っていたらアップルリモート(A1156)を見つけた。リンク先でも示したようにアマゾンではまだ旧型が買えるようだ。ハードオフでは324円だった。特に必要はなかったがついつい買ってしまった。

続きを読む アップルリモート(A1156)を使う

ヤフオクでジャンクなiMacを買ってみた

ジャンクなiMacを買ってみた

長年使っていたPowerBook G4ではネット接続などが加減きつくなってきたので、最新のブラウザーが入るMacを探した。しかしお金がないので10,000円の予算で揃えたいと思った。

そこで手に入れたのが2,100円のiMac(Mid 2007)だ。画面が白くしか表示されないという代物でハードディスクも入っていない。運賃は2,000円弱だったと思う。iMacは筐体が大きいので運賃がかなりかさむ。

Mid 2007のiMacが格安なのはSierra以降が入らないからである。これもやがてサポートが切れてしまうわけだが、当座は使える。

そもそもそれまではPowerPCを使っていたくらいなので、最新式にはあまりこだわりがない。

ジャンクの原因を確かめる

ということでまずは開腹して中身を見てみることにした。まずガラスを取り除いてからネジを外し中身を見てみることにする。iMacは画面を剥がすのに吸盤を使う。手持ちの吸盤を探したら熱帯魚用のヒーターがあった。こんなので外れるのかと思ったのだが、楽勝だった。

スクリーンだけ外せば簡単にパーツが取外せる。

どうやら、内臓ケーブルが一部破損しているらしい。

分解する(ハードディスクを外したのだろう)ときに無理に引き抜いたのかもしれない。このままでは内臓ディスプレイが認識されてしまうので、ケーブル(インバータ用と画像信号用がある)を引き抜く。すると内臓ディスプレイがなかったことになった。

外付けディスプレイを使って接続する

まずは開腹したままで手持ちのUSB外付けディスクと外付けディスプレイを接続してみる。外付けディスクにはOS10.5.8があらかじめ入れてあった。

もし起動可能なOSを持っていなかったらこれも余分な出費になる。外付けのハードディスクは2500円かかる。ケースが1000円で中身が1500円だ。が、これは持っていたので今回の予算にはカウントしない。

内部モニター用のディスプレイケーブルを接続したり抜いたりして動作を確かめてみたが、やはりケーブルが破損しているようで信号が来ない。そこで、外付けで運用することにした。ちょっと不便だが、ここまでは一応想定内ではある。

SSDを買ってくる

次の買い物はSSDだ。2980円で60GBのSSDが手に入った。 El Capitan用には実はちょっと少なめである。

マウンター付きだったがうまくはまらないのでテープで温度センサーを取り付けた上でビニールテープで固定する。振動がないのでこういうやり方ができるわけなのだが、まあ自己責任の世界だろう。

認識されたら、手持ちにあったOS10.7で復元をかけた。無事に復元されたら、今度はEl Capitanを入れた。OS10.5はApple Storeに接続できないのでEl Capitanが入手できない。

もし10.6か10.7を持っていなければ買わなければならないところなのだが、幸いに持っていたので無駄な出費は抑えることができた。

この辺りはあまり苦労なく復元ができる。データの移行をしなかった理由は3つある。

  1. ブラウザーがデータを持っているのでブックマークなどのデータ移行が必要ない。同じような理由でメールも引き継ぎが必要ない。
  2. iCloudを使えばキーチェーンやアドレス帳などを引き継がなくて良い。
  3. 別環境を作ってPowerPCのドキュメントを引き継いだ。だからこのIntel Macには古い写真やドキュメントなどを入れなかった。

外付けモニターを大きいものに変更する

最終的にHPのモニターをハードオフで見つけた。少し不具合があるということなのだが、表示領域が1920×1280ピクセルで3000円だった。

さすがに15インチはきつかった。白い線が出るという不具合なのだが使っているうちに治まってきた。何が原因だったのかは不明である。

だいたいここまでで10,000円である。

最終的にこのMacはメイン機になった。この後SSDを128GBのものに入れ替え、またモニターもちょっといいものに替えた。

Macでシステムをコピーするともれなくリカバリーエリアが作られる。

Macでシステムをコピーするともれなくリカバリーエリアが作られるという話。El Capitannについて扱っている。

続きを読む Macでシステムをコピーするともれなくリカバリーエリアが作られる。

古いMacbookをテレビとして再利用する

古いMacbookはテレビとして利用できる

2007年とか2008年ごろに作られた(つまり10年落ちの)Macbookは処理速度は十分だが、ブラウザーのサポートが切れていたりしてしてインターネットで使うのはなかなか難しい。ところが、意外と別の使い道ができる。フルセグのテレビ兼レコーダーとして利用できるのだ。

続きを読む 古いMacbookをテレビとして再利用する

リモートのサーバーをスリープさせるApple Script

Macを複数台使っている。モニターだらけになるのでG4 Mac Miniはテレビにつないでいることが多い。作業が終わるとテレビをPCモニターに切り替えた上でメニューからスリープを選んでいた。ついつい面倒に思い、スクリプトが組めないかなあなどと考えた。他にいい方法があるのだとは思うが意外と面倒だっだ。

続きを読む リモートのサーバーをスリープさせるApple Script