古いMacbookを録画機として使う

ジャンク売り場で売られているような古い機材だけだけを使って、地デジの録画機を構成します。ハードディスクは大きい方がよいですが、工夫次第で長時間録画することができます。

まず準備するのはMacbook Early2008です。OS10.5で動いています。OS10.5は今ではそれほど使い勝手のよくないバージョンですが、録画機に使うにはこちらの方が便利です。Macbookはヤフオクで手に入れました。まめにチェックしていると3,000円程度くらいから手に入ります。iMacでも使えますが、外付けモニターを使うMacMiniでは構成ができません。


これにGV-MACTVを接続します。これはハードオフのジャンク売り場で発見しました。500円でした。これらが安く手に入るのはテスト環境がなく古いMac用の周辺機器がテストできないからだと思います。BCASカードはついていませんでしたが、テレビで使っていたものが余ったのでそれを再利用します。再発行手数料は2000円程度です。

このGV-MACTVは32bitモードでないと動作しないという欠点があります。Macbook Early 2008はOS10.7でも32bitで動くので(Proとの差別化のためにわざとそうしたという話があります)OS10.7でも動くのですが、OS10.5はそもそも64bit対応ではないので、調整しないでもこれが動くわけです。iMacであれば10.5で構成するか、OS10.7を32bitで動かす必要があります。ということで、古いMacbookが一番問題が少ないです。

さて、これで録画ができます。実際に録画してみると2時間20分の映画に16GBを必要とします。10分あたり1.5GB強といったところ。Amazonで調べると500GB 2.5inch HDDの中古品が4,000円程度、1000GBで5,000円程度出せば買うことはできます。

しかし、今使っているマシンに入っているのは160GBしかなく、OSなどを除くと60GB程度しか録画用に割り当てられません。これだとだいたい6時間くらいしか録画できないことになります。

ここで活躍するのがやはりハードオフで3,000円で購入してきたiPhone3Gsです。もう現役で使っている人はいないと思います。TVPlayerというアプリを使うとムーブができるのです。

ムーブしなくても本体に入っている録画済みのものはすべて視聴可能ですが、ムーブするとiPhone用に圧縮してくれるので容量が少なくて済みます。試しに25分番組4本と40分番組をコピーしたところ、劇的にファイルサイズが減ったようです。ただし、一旦ムーブしたものをもとに戻したり別のところにコピーしたりということはできません。

まだ、iPhoneにはかなり余裕があるので、しばらくはこちらにムーブして保存したいと思います。

ただし、2時間20分あるシン・ゴジラをムーブしようとしたところ、何回試してもアプリが落ちてしまいました。メモリ上の問題だと思うのですが、一番大きいファイルが移動できないのはちょっと痛手です。

ジャンクなMacbookを手に入れた

ヤフオクでジャンクなMacbookを手に入れた。価格は2,000円で運賃は1,000円程度。2.4GB Core 2 Duoである。これ使い物になるだろうか。

まず、この価格帯のものはACアダプタが付いていないことが多いので、ACアダプタは別に手に入れなければならない。ヤフオクでも出ているがAmazonのものをそのまま流したりしているものもあるのでAmazonで直接手に入れた方が良いのではないかと思った。このタイプのMacBookははマグセーフの60Wを使う。ワット数は「大きければ良い」ということなのだが、できるだけぴったりなものを選んだほうがよさそうだ。いずれにせよ、45Wのものは使えない。

発熱など問題があるものもあるようなので、レビューはチェックしたほうが良い。だいたい2,000円強で手に入る。必要であればメモリも足したほうが良いとは思うのだが、古いOSを使うとメモリ量はそれほど必要がない。OS10.5で運用するなら1GBで十分に足りるだろう。

これに今回はメインの目的であるテレビ受像機をつける。ハードオフで500円で手に入れた。

この機械を使うと次のことができる。

  • フルセグテレビの受信
  • フルセグテレビの録画
  • データ放送の受信(ただし、インタラクティブなものには対応しない)

GV-MACTVはOS10.5と10.7で動作することを確認した。OS10.7では一部使えない機種があるようだが、Macbookは64bitでのアプリ動作を制限しているので(どうしてわざわざそんなことをしたのかはわからないのだが、MacBook Proとの差別化のためだったなどと噂されている)動作する。

データ放送はこんな感じでみることができる。

ということで、テレビ利用するために必要なのは、2,000円+1,000円+2,000円+500円の合計5,500円だった。ただし、OSは別に買っているのでOSが入っていないものを買うとOSを別に手に入れなければならない。OS10.7が2,000円程度で手に入るはずである。

しばらくは重いデータ放送が乗っている放送は音が途切れるなどしていたのだが、なぜかいつの間にか治ってしまった。

OS10.5でグラフィックソフトを使っている分には問題がないのだが、ブラウザーなどはかなり重い印象がある。また、クラウド系のサービスはOS10.5では利用できない。YouTubeはちゃんと見ることができたがフルスクリーンモードは若干きつかった。CPUは2.4Ghzとそれなりのスペックなので問題はOSかソフトウェアにあるのではないかと思う。

13インチでグラフィック処理をするのは若干しんどい。生産性という意味ではアダプターを買って大き目のモニターにつないだほうが良いだろう。

MacBookはminiDVIを利用するのだが、たまにハードオフに落ちていたりするので見つけたら拾っておくと良いだろう。価格はそれぞれ500円だった。DVI用とVGA用がある。後になってHDMI用のケーブルも見つけたがかなりノイズが乗ってしまい、地デジ電波に影響がある。

ハードディスクの入れ替えも簡単だ。1000GBくらいのハードディスクであっても中古であれば5,000円程度で手に入るようだ。

古いMacbookをテレビとして再利用する

古いMacbookはテレビとして利用できる

2007年とか2008年ごろに作られた(つまり10年落ちの)Macbookは処理速度は十分だが、ブラウザーのサポートが切れていたりしてしてインターネットで使うのはなかなか難しい。ところが、意外と別の使い道ができる。フルセグのテレビ兼レコーダーとして利用できるのだ。

利用したのは中古のGV-MACTVだ。500円で入手した。Amazonだと3,000円くらいで中古品が入手できるようだ。

ところが家に帰って調べてみると、OSが10.5でないと利用できないという。

また、外付けモニターで利用することもできないのでメインで使っているiMac(安いのを買ったので内臓ディスプレイが壊れているのだ)では使えなかった。ということで、機械は買ったものの数ヶ月間利用できなかった。

だが、どうしても試したくなりついにヤフオクで古いMacbook A1181 (Early 2008) をわざわざ準備した。2,000円だった。馬鹿げているといえば馬鹿げているが、ヤフオクだと3500円くらい出せば確実に入手できるだろう。できればACアダプターのついているものを落とそう。ないものだと余分に2000円程度の出費になる。

セットアップは簡単

システム環境さえ整えばセットアップは簡単だ。BCASカードを入れてからUSBで接続して付属のソフトを起動させるだけである。電波状況さえよければ地域を入力するだけで使えるようになる。デジタル放送にもちゃんと対応している。メモリの要求量はそれほど多くなく、512MB x 2で十分だった。OS10.5 (Leopard)はそれほどメモリ要求力が高くないのだ。さらにMACTV側でデコードしているらしく、それほどメモリやCPUなどを要求しないようだ。

OS 10.7でもできた

試しに外付けハードディスクからOS10.7.5 (Lion)でアプリを起動したところ「イネーブラーが必要」と表示されたので、やはりダメなのかなと思ったのだが、なんなく起動した。32bitOSからアップデートすると最初は32bitで動作するようになっているようだ。64bitで起動している場合でも、ターミナルでsudo systemsetup -setkernelboot architecture i386と入力すると32ビット起動できるようになるという情報がある。しかし、Macbookの古い機種は64bit対応するできても32bitしか使えないように制限がかかっているという話もある。

なぜLionでは起動しないと思い込んでいたかというとiMac(Mid 2007) で試した時に起動しなかったからだ。同じシステムで起動していたのだが、機種によって64ビットだったり32ビットだったりということになる。これが情報が錯綜した原因だろう。ちなみにEl Capitanにはそもそも64ビット拡張という概念がなくなっている。

必要最低限のことはできる

録画も可能で、これだけがあれば地デジでやりたいことは全て実現可能だ。画質もそこそこよいが甲子園を見ることができなかった。サラウンドなので情報が多すぎたのかもしれない。このあたりは住んでいる地域の電波状況によるのではないかと思う。

またiPhoneにも転送ができる。古いiPhone3GSを持っているのだが、TVPlayerはiOS 5.0から使えるということでストリーミング転送が可能だった。ただし、ストリーミングしている時には本体側の映像を止めなければならないのであまり意味を感じない。

問題点もある

問題もいくつかある。テレビ単品と違って配線がごちゃつく。これは整理しようがない。また、当然だがテレビを見ている間はパソコンが使えなくなってしまうので(使おうと思えば使えるがMacbookの画面ではちょっと窮屈だ)当時高価だったMacbookをテレビ専用に使うのはちょっと憚られたのだろう。このあたりがこの製品が普及しなかった理由かもしれない。

外付けモニターなどには対応しておらず(従ってモニターがないMacminiでは利用できないそうだ)、MACTVかMacbookのどちらかが壊れてしまえば録画も再生もできなくなる。OSレベルのキャプチャーにも対応していない。この辺りは著作権対応なのだが、すこし厳しすぎるなあという気もする。

また、リモコンがないと(中古なのでApple Remoteがない)チャンネルの切り替えができない。いろいろやってみたがキーボードショートカットだけではチャンネル切り替えはできないらしい。ということで画面共有で別のMacから操作することにした。これもちょっと不便だ。

キャプチャーには実は抜け穴がある。画面共有を使って別のMacからキャプチャーをとることができるのである。

MacintoshとインストールできるOSのまとめ

古いMacintoshを物色していると、どこまでのOSがインストールできるのか気になった。内容に間違いがあるかもしれないので、詳細はAppleのサイトで確認してもらいたい。まずシリアル番号をAppleのサイトに入力して機種を特定してから続きを読んでいただきたい。

扱っている製品は1999年ごろからのものだ。それ以前のClassic環境は扱っていない。1999年以前はADB(Apple Desktop Bass)やSCSIという全く違ったコネクタが使われており、今の周辺機器がほとんど利用できない。

なお、中古で苦労しなくても58,800円出せば新品のMacが手に入る。他が高いので過小評価されがちなMac MIniだが、使い勝手はそんなに悪くないと思う。だが、中古市場では10,000円程度(うまくすれば3,000円前後)でそこそこ使えるマシーンが手に入ることもある。

一方で、今持ってる資産を使いたいという人もいるかもしれない。そういう人はわざわざ古いOSを探す必要があり、中古市場は味方になるだろう。

mac_os

Classic環境が使えるOS10.4 (TIgar)

PowerPCと呼ばれる系列のCPUは、G3/G4/G5でOS10.4(Tigar)が使える。OS10.4までインストールできればブラウザーとしてTenFourFoxが使える。モダンブラウザーだが1Ghz程度以下のプロセッサではきついかもしれない。10.3だとSSLなどの関係からメールもブラウザもほぼ利用できないと考えた方がよい。Classic が使えるのはTIgarまでなので、Classic環境で動かしたいソフトを持っている人はTigarが狙い目かもしれない。

PowerPCで動く最後のOS – 10.5 (Leopard)


2003年ごろからのPowerPCはOS10.5(Leopard)が使える。867Mhz以下のCPUにはインストールできない。ここからClasscが使えなくなった。ブラウザーはTenFourFoxが利用できる。PowerPC系のMacintoshはここまでしかOSを上げられない。G5というかなり性能がよいマシーンでもOS10.5どまりだ。実にもったいないのだが、発熱が大きすぎて小型化できなかったそうである。

スタンドアローンとしてはそこそこパワフルなPowerMac G5

G5などは多分、Photoshopなどで利用するには十分すぎるマシーンだろう。このころはWifiが一般的でなかったので、Airmacが内臓されていないものが多い。純正にこだわるなら、Airmacカードとアンテナを入手するのが良いのだが、プラネックスのアダプターのほうが安価に無線LAN環境を構築できる。本体のUSBに直挿しが必要なのでUSBポートが潰れてしまうというデメリットがある。

10.5を使いたい人は古い資産を持っている人だ。わざわざ古いMacを手に入れて使いたい人がそうそういるとも思えない。多分そういう人はOSも持っているのではないだろうか。

1.42GhzのMac MIniもそこそこ快適に使える。ヤフオクでは3000円くらいで手に入れられるので、古いマシーンが壊れてしまったら修理しないで買い換えてしまうのも手かもしれない。特にMac mini G4は壊れる部品が少ないので(ディスプレイもないし、電源もしっかりしている)狙い目かもしれない。OS10.3を持っていればClassic(ただしClassicの起動はできない)環境も作れる。

AmazonにはMacOS X Pantherも売っているのだが、Macmini G4に製品版をインストールしようとしたらフリーズした。添付のディスク(灰色のやつ)を使うか、手持ちの動作する環境をFirewireHDに入れておいたほうがよいかもしれない。OSを持っていないのにHDが抜かれているものは買わないほうがよいということだ。

隙間のIntel Core DuoとOS10.6 (Snow Leopard)

面白いのがIntel Core DuoというタイプのCPUを搭載した機種だ。2006年に発売されたきりなのだが、これが10.6(Snow Leopard)までしかアップグレードできない。次のOSを目指すなら10.6を入れる必要がある(10.5にはApp Storeがないので入手そのものができない。ただし一度手に入れてしまえば、ローカルからでもインストールそのものは可能だが6GBをローカルで保存することになる)が、そうでないなら特にあげる必要がないという中途半端なOSだ。ここまでPowerPC系のソフトが使える。Rosettaという。OS10.6ではRosettaは任意インストールなのだそうだ。

サポート切れだがそこそこ使えるOS 10.7 (Lion)

Intel Core 2 Duoの初期のものはOS10.7まで上げられる。Lionと呼ばれていてiCloudの一部が使える。iLife11を手に入れるとできることは増える。10.7までしか上がらない機種は2007年前後にしか発売されていないのだが、これもヤフオク市場では盛んに取引されている。代表的なのがMacbookのポリカーボネートの一連の商品群だ。運がよければ3000円程度で入手できる。

一応、ChromeやFirefoxがダウンロードできるのだが、アップデートされない。Appleがケアしていないので安全でないと言われるバージョンだ。OS10.7ではRosettaが廃止されPowerPC時代の資産が使えなくなった。OS10.5とのダブルブートにすればPowerPC時代の資産が使えるのだが、PowerPC向けのモダンブラウザーが使えないのでウェブブラウジングを諦めなければならなくなってしまうという悩ましい存在である。

サポートされずに危険だという声がある一方で、メジャーな被害などは報告されていない。脆弱性はわかっている。2014年には「大規模なアタックに利用されるおそれがある」という報道があった。だが、実際に攻撃しようとしてもほとんどユーザーが残っていない。お客のいない釣堀のようなものなので、却ってメジャーな攻撃が行われにくいのかもしれない。

Lionへのアップデートは少し複雑

OS10.7は10.6からのアップグレードを前提にしているので、10.6を買ってから10.7を買う必要があるようだ。もし、あえて10.7が使いたいなら、あらかじめ動作可能なOSを作っておいたほうがよさそうだ。このサイトによるとUSBを手に入れると新規インストールできそうだが、Amazonでは手に入らいようだし、在庫になる予定もなさそうだ。

iOSデバイスと写真を同期させるためにはどうにかしてiLife’11を手に入れる必要がある。ヤフオクやアマゾンで入手できる。

ウィルスの被害は実際に報告されているので、OSだけをアップデートしてもあまり意味はなく、できればセキュリティソフトを導入したほうがいいのかもしれない。NortonはOS10.6には対応していない。一方、カスペルスキーはIntel版のMacintoshを全て網羅している(OS10.6から利用可能)ので、クラウド利用で身元がわかるサーバーへ接続するのを除いてPowerPCをネットに繋ぎ続けるのは危険ということになるかもしれない。

つい最近まで最新OSだった10.11 (El Capitan)

さて、ここから先が変わっていて、OS10.8に上げられる機種は全てOS10.11(El Capitan)まであげることができる。OSはついに無料になった。その代わり、OS10.8〜10.10までは新規ダウンロードができなくなっている。El CapitanではついにiPhotoが使えなくなり、古くからiPhotoを使っていたユーザーを落胆させた。iPhotoのライブラリを写真.appにアップデートする方法が準備されている。ここまで一連はマイナーアップデート扱いだったのかもしれない。主にiOSとの整合性を高めるためのバージョンアップだった気もする。

Appleは2016年秋にMacOS SIerraと呼ばれる新しいバージョンをリリースするようだ。久しぶりに機種の切り捨てが行われ、2009年から2010年ごろの機種でなければアップデートできなくなった。ということで中古市場にある2007年から2009年ごろに発売されたMacintoshが安くなるかもしれない。また、これまでの慣習通りにEl Capitanが新規ダウンロードできなくなるのかが気になる。この記事によると引き続きダウンロードできるようだ。もし、新規インストールができなければ、古いMacを手に入れてもOSの更新が不可能になる人がでてきてしまうからだ。

古いバージョンのMacintoshで使えるブラウザーのまとめ

古いMacintoshを物色するのは楽しいのだがブラウザーが対応しているかが気になる。つまり「インターネットができるか」という問題があるのだ。古いブラウザーでTwitterにアクセスするとモバイルページに飛ばされてしまったりして悲しい思いをすることがある。そこで各OSがどの程度インターネットに対応しているかを調べてみた。ザックリまとめるとこんな感じになる。

  • 10.3以下を使っている人はインターネットは諦めたほうが良い。
  • PowerPCを10.4と10.5で使っている人はTen Four Foxが使える。こちらはIntel版と違って証明書対応がされており今(2018年)でもほとんどのサービスが利用できている。デフォルトセッティングでYouTubeが見られなくなったが、セッティングを変えることでYouTubeを視聴することは可能である。(Preference->TenFourFox->Enable MSE……をチェック)
  •  
  • Intel Macを使っている人はOSのバージョンを上げられるだけ上げてFirefoxかChromeを使ったほうが良い。Chromeの古いバージョンはこちらからダウンロードできるが、ウィルスやマルウェアが仕込まれていないとも限らないので、ウィルスソフトでチェックできるパソコンでダウンロードするか、すぐにネットワークから削除できるようなセットアップで限定的に使った方が良い。この記事を書いたときには結構使えていたが2018年の夏頃から使えなくなった。証明書に問題があり、一部では既にはじかれ始めており、Yahooも2018年9月から使えなくなるそうだ。

Mac OS 10.3 / Panther

スタンドアロンとしては使えるがネットを使うのは難しい

OS10.3で使えるモダンブラウザーはない。SSLへの対応が不十分なのでMail.Appも使えず、iTunesの認証もうまく行かなかったりする。一応対応はしているようでキーチェーンから証明書を消したりするとなんとか使えるようになったりするのだが面倒で不確実である。だから、ネットには使わない方が良い。

この種類のマシンをヤフオクで見つけても、どうしてもClassic環境で作業しなければならないという人以外は手を出さないほうが良いかもしれない。

PowerPC G4の古い機種は10.3までしか対応しない。しかし、電池が消耗すると起動しなくなるので、動作品を探すのは却って難しいかもしれない。この時代のものはwifi対応がないので無理にネットワーク対応する必要はないのではないかとも思える。

写真の品物は中古ではなく1999年に購入したPowerMacPCIグラフィックモデルだ。電源をつないで電池の消耗を防いだ上で時々起動すると意外と長持ちする。Classicが使えるようにセットアップしてある。

当然、wi-fiはついていないのだが、ジャンクショップにたまに落ちているレシーバー(無線LANアダプタ)をつなげば意外と使える。アダプターが一台あると有線LANが支えて意外と便利だ。

写真はBuffaloのWLI-TX4-AG300Nだ。無線LANアダプタは無線ルーターとメーカーを合わせた方が無難だろう。他社製品どうしだとうまく接続できなかったりするからだ。

OS10.3を持っている人はClassic環境の温存に徹するべき。PowerMac G4の古いバージョンなど該当する。


Mac OS 10.5

環境さえがあればPPCはお買い得

OS10.5が搭載できるものでありなおかつPPCであればTenFourFoxが使える。TenFourfoxは10.4にも対応しておりFirefoxから派生しているので最新技術も使える。ただし、Firefoxの同期機能は使えないのでパスワードやブックマークなどは共有できない。また、初動がかなり遅いので、なかにはイライラするという人もいるかもしれない。

  • デフォルトセッティングでYouTubeが見られなくなったが、セッティングを変えることでYouTubeを視聴することは可能である。(Preference->TenFourFox->Enable MSE……をチェック)。ただし、速度はかなり遅くなった。

iMacG5が1000円以下で売られていることもあるし、MacMini G4も2000円以下で売られている。ハードディスクがない場合iMacG5はSATAドライブが使えるが、MacMini G4はATAドライブなので、ハードディスクを別途購入すると割高になるかもしれない。iMacG5はかなり出来の悪いマシーンだったようで動作が不安定なものは手を出さないほうがよい。コンデンサーが抜けて動かなくなったという事例が数多く報告されている。この場合はコンデンサーを交換しなければならないということなので自力での修理は難しいと思う。

PPCではMail.appも使える。CPUの速度があれば意外と快適かもしれない。写真のMacMiniは1.42GhzのCPUを搭載しておりそこそこ実用的である。ヤフオクでは運次第なのだが、運賃別で3,000円くらいで入手可能だ。サイズが小さいので運賃が安いというメリットがある。ただし出物は少ないので、割高な値段で出品・落札している人たちもいる。ACアダプタがないものが多いのだが、アダプタがなければあえて手を出す必要はないと思う。良心的なショップでアダプタ付きで売られているものもあるからだ。

ただ、OSを持っていないならやめたほうがいい。OS10.5はAmazonなどで購入できるが7,000円程度だった。

YouTubeなどは避けたほうが無難だ。YouTubeが古いブラウザーのサポートを打ち切ってしまったために動画の視聴がかなり難しくなった。しかし音は出ているのでBGM程度であれば使えるかもしれない・

まあ、大満足ではないが使い物にならないという感じでもない。10,000円程度出せばもう少し良いものが買えるので無理に買う必要はないが、たまに1,500円以下で落札されることもあるので、見つけたら儲けものだと思って落札してみるのも良いかもしれない。

ちなみにPowerPCバージョンのMacMiniはIDE/2.5inchハードディスクを搭載しているので、ハードディスクが抜かれたものを買うのもやめた方が良いと思う。ファンにはよく知られた話だが、ハードディスクとメモリの交換にはこのようなコテを使う。

無線対応のないPPCでも拡張は簡単

ヤフオクでは無線LANがないMacMiniなどが格安で見つかったりするが、PLANEX 無線LAN子機 (USBアダプター型) 11n/g/b 150Mbps MacOS X10.10対応 GW-USNANO2A (FFP)をつけると無線対応できる。ただしUSBポートが埋まってしまうのでUSBハブも一緒に買ったほうがいいかもしれない。

スペック上はかなりの速度が出ることになっているがあまり期待しないほうがよさそうだ。アプリ上は100Mbps程度出ていることになっているがブラウザから計測するとそれほどの速度は出ていないことがわかる。

これを使うのなら無線LANアダプターを買った方が良いのだが、ジャンクショップやヤフオクを物色して必要なものを探すのは少ししんどい。まあ、見つけたら(それほど速度が出るものでなくても構わないので)すかさず確保しておくのがよいかもしれない。

CPU速度の関係から、PowerPCをメイン機として利用するのはやめた方がよいとは思うのだが、かなり高スペックのものが数千円で売られていたりするので、あらがえない魅力がある。

G5なんかも運が良いと1500円程度(運賃抜き)で手に入る。MacMiniがおすすめなのはコンパクトだからだ。置き場所に困らないうえに運賃が安く済む。また、これくらいのスペックがあればグラフィック機としては使いやすい。昔買ったPhotoshopやIllustratorが余っているという人は探してみてもよいかもしれない。

PowerPCでOS10.5を持っている人はビデオ以外のネットが楽しめる。PowerMac G4/G5が該当する。

一方、Intel MacはChromeなどが使えるのだが……

Intel MacはChromeを使うのがよさそうだ。古いバージョンは非公式にダウンロードできる。「21あたりをダウンロードして試してみよう」と言いたいところだが公式ではないのでアンチウィルスソフトがない場合は避けた方が無難なのではないか。

実際に使ってみたところ認証サーバーとの連携がうまくゆかず、ブックマークなどを引き継げなかった。TenFourFoxも使えるのだが、動作が著しく不安定だった。また速度にも問題がある。無線環境の問題ではなくOS上の制約と思われる。

MacBook A1181 (Core 2 Duo)が3000円以下で手に入る。ACアダプターがついていないことがあるので、付いているなら買いかもしれない。中には7,000円以上の値段がついているものもある。知らないで値段を釣り上げてしまう人もいるのではないだろうか。

古いバージョンのIntel Macはテレビ視聴やグラフィックの作成など別の目的で使った方がよいのではないかと思う。OS10.5まではPowerPC時代の資産が使えるからだ。また、Intel用のアプリにも32bitモードでしか動かないものがあるのだが、OS10.5には64bitという概念がないのでこの当時のアプリも動くのである。

iMacやMacMiniはPPCバージョンとインテル版が混在している上に業者が「スペック確認してません」などと書いてあったりするのでヤフオクで落とすときには注意が必要だ。一応裏にあるポートなどで見分けることはできるのだが、そこまで勉強するのもどうかなと思える。

OSがなかったとしても、AmazonでMac OS X 10.5.6 Leopardが買える。Appleは古いアップデータも律儀に残しているので無料で10.5.8までアップデートできる。だが、OSが割高なのでマシン代を節約するという目的だけで古いMacを買うのはやめたほうが良いと思う。

意外な使い方としてはClassicの橋渡しという役割がある。El CapitanでClassicに接続しようとするとエラーが出るのだが、OS10.5は問題がなかった。どうやら、ある時点でClassicとの接続用のプロトコルが廃止されたようだ。

PowerPCの資産を活かしたいならIntel MacでOS10.5を使ってもいいかもしれないが、ブラウザーは不安定なのでネットを楽しむにはあまり向いていない。例えば、iMacのプラスティックモデルはOS 10.6までしか上がらないのでこの辺りでなんとかするしかない。


Mac OS 10.7 / LION

格安で手に入るが、意外と使えないかも

Intel Core 2 Duoだと10.7.5まで行けるものがある。Macbook A1181が多数出回っている。送料別で3,000円以内で手に入ったりする。

OS(OS10.7/LION)も少し安くなっていて2,000円程度で手に入れられる。ACアダプタも別売りになっているものが多い。ハードディスクがないものを買ってもSATA2.5inchは手に入れやすいので、それほど高い買い物にはならない。運が良ければ全部ついているし、運が悪くても10000円もあれば全て揃う。

最近までChromeが使えていたのだがサポートが打ち切られた。古いバージョンは非公式にダウンロードできる。49を試してみると良いと言いたいところだが公式ではないのでアンチウィルスソフトがない場合は避けた方が無難なのではないか。

Firefoxは公式からダウンロード自体はできる(ただし法人向けで2017/3までしか配布されないようだ)ようなので手に入れるなら今のうち。この辺りのバージョンはパスワード、ブックマーク、各種設定などの共有ができるので、移行も楽だ。

OS10.7ではiPhotoで写真が同期できたり、Google Driveが使えたりしてクラウド系のサービスが意外と便利に使える。また、古い地デジチューナーが使えたりするので、周辺機器によっては面白い使い方ができる。古い周辺機器を漁るのが好きな人には面白いおもちゃかもしれない。

OS10.7までくるとクラウド系のサービスが楽しめる。Intel Macの古いバージョンは格安なのでテレビやハードディスクレコーダーとしても使うのも面白いかもしれない。


MacOS 10.11 / El Capitan

これ以降のものは最新OSが使えるので割高になる。考えようによっては意外と狙い目かもしれない。

iMacはMid 2007あたりだとEl Capitanにはアップグレードできるし、ヤフオクで入手するのも簡単である。無線LANがついているのでネットワーク環境について思い悩む必要もない。このあたりまでくるとYouTubeを含めてネットの閲覧に問題はないし、いまのところiTunesも最新版が使える。落札価格帯は8,000円以下である。

ただしOSが全くインストールされていないものを買ってしまうと、10.7などを購入しなければならなくなる。別途2,000円程度がかかる。El Capitanを使うにはメモリが2GB必要だ。

ヤフオクなどで画面が壊れた(中には画像ケーブルが外れているだけというのもあるようだ)ものが格安で出回っている。オークションなので時々2,500円くらいであっさりと落札されているようなものもある。画面に線が入っているくらいなら問題はないし、それでも気になるなら外付けのモニターをつけて利用すれば良いと思う。

ただし、外付けを使うためにはminiDVIが必要なのでアダプターは別途用意する必要がある。たまにハードオフのジャンクコーナーに置いてあったりする。

El Capitanも最新OSではなくなってしまったが一応今のところ最新ブラウザーの提供が受けられる。El Capitanの対応機種は次の通り。iMacはEarly 2009まではSierra対応できないので、落札するためには対応表をじっくり見ておく必要があるだろう。

  • MacBook(Early 2015)
  • MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • iMac(Mid 2007以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)

OS 10.12以降

最新OSが使えるが、価格帯は数千円ではなく数万円台となる。

Sierraは問題なくすべての機能が使えるのだが、やはり中古でも高価なので、単に安いのを探すならAPPLE Mac mini (1.4GHz Dual Core i5/4GB/500GB/Intel HD 5000) MGEM2J/Aなどの最安値版などを探したほうがよいかもしれない。

価格帯を見ていると、2009年から2010年頃に作られたものが、iMacでもMacBookもだいたい20,000円近辺から手に入るようである。このクラスになるとOSはインストールできても使える機能と使えない機能が出てくるので、個別の調査が必要になる。

  • MacBook(Late 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid 2010以降)
  • MacBook Air(Late 2010以降)
  • Mac mini(Mid 2010以降)
  • iMac(Late 2009以降)
  • Mac Pro(Mid 2010以降)

10年落ちのMacbookは使えるのか?

10年前のMacbook(Late 2006)を手に入れた。オークションでは人気のようで、10,000円程度の値段がついているものもあるが、うまく行けば3,000円くらいで入手できる。マックは体験してみたいが10万円も出したくないという人にはよい選択肢かもしれない。しかし、古いマシーンを買ってきて何ができるのだろうか、という疑問を持つ人もいるのではないだろうか。

Core 2 Duoの入ったマシーンであればどれでも10.7までのOSを動かすことができる。10.7はAppleのサイトから約2000円で入手できるし、検証用という名目でプリインストールされているものも少なくない。目的にもよるがこれが意外と使えるのだ。

10年落ちのMacbookとOS10.7できることとできないこと

  • Webの閲覧やメールの閲覧には十分の速さがあるのだが、最新ブラウザーが手に入らない。一応、Chromeのインストールはできるが「アップデートが手に入らない」と言われる。
  • ダブルブートにして使えば、PowerPC時代のソフトが活用できる。OS10.5か10.6が必要だ。古いアプリを使いたい人は当然OSも持っているはずだ。パーテーションを分けてもよいし、外付けで使ってもよい。ただし、iMac MId 2007(こちらはEl Capitanが動く)でもOS10.5は使える。
  • 限定的ではあるがクラウドには対応している。例えば、クラウドKeychainなどは使えない。
  • iOSとの間でのAirdropはできない。OSは対応しているが、Airmacが対応していないのだそうだ。
  • iPhotoはAppストアからは入手できないのだが、ヤフオクなどでiLife11が出回っている。ヤフオク価格は1,000円以下だ。これを使うと、iPhoneなどと写真の共有ができるようになる。iMovieを使えば16:9サイズのビデオの編集ができる。
  • 例えば、キャノン製の一眼レフデジタルカメラ(中古でもよい)を持っていればフォトレタッチと管理ソフトをダウンロード入手できる。意外と使える。
  • 今の所は最新のiTunesが使えるのでiOSとの連携は申し分なく行える。

10年落ちのMacBookとOS10.5でできること

意外なのだが、OS10.5でしかできないということもある。

  • Classicとのファイル共有をEl Capitanで試したところできなかった。AppleScript対応が全くなくなってしまったからではないかと思う。10.5は対応ができた。
  • 32bit限定で動くアプリはOS10.5で動かした方がスムーズに動く。
  • PowerPCで使えていたソフトはOS10.5でないと動かない。

今回手に入れたもは、本体価格は4,000円だった。アダプタが付随しておらず2,000円で追加購入し、メモリ4G(ただし3Gまでしか認識しない)を2,000円で追加購入した。合計8,000円。ちょっと使ってみた限りではデフォルトの512MBでは足りないが、3GBもいらない。今回一番驚いたのはOS10.5が512MBでも過不足なく動くということだった。ビデオの編集は時間がかかるように思えるが可能だ。

拡張は比較的簡単

なお、メモリやハードディスクの入れ替えはマックにしては簡単な方だ。旧型Mac Miniのようにコテで裏蓋をこじ開けるなどという荒っぽいことはしなくてもすむ。iMacはメモリの入れ替えは簡単だが、ハードディスクの交換には手間がかかる。

電池も手に入れようと思ったがこれは諦めた。Amazonでみたところ2,000円程度からあるが、中古なのでどれくらい使えるかわからない。古いMacBookのOSは2011年リリースの10.7まで。MacOSは10.6からAppストアが使え、10.7からiCloudと連携できる。

1.83GhzのIntel Core2 Duoは今の水準からみるとそれほど早いものではないかもしれない。しかし、Webやネットで使っている限りでは全くストレスを感じない。

なんとかしてiPhotoを手に入れる


iPhotoを使ってiCloudと連携するのはすこしコツがいるようだ。まず、OSは10.7が必要。次に何かの手段でiLife11のパッケージを手に入れる必要がある。オークションの方が安いのだが、Amazonでも購入できる。Amazonの方が確実かもしれない。

プログラムをインストールすると、アップデートを探しにゆき9.1までは上がった。しかし、iCloudとの連携をするためには9.2以上が必要らしい。アップデートとして9.4.3が見つかったがダウンロードできなかった。ファイルの信頼性に問題が出るというようなプロンプトが出てインストールできないのだ。そこで、Google検索でインストラーを探して、手動インストールした。なぜかアップルのダウンロードセクションで検索すると9系のアップデータが入手できない。

9.2以降をセットアップすると、コントロールパネルのiCloudの項目でフォトストリームが使えるようになる。あとはUSBケーブルなしでiPhoneから写真がダウンロードできる。

その他のクラウド連携

addressPowerPCではクラウド機能が使えなかったが、インテルベースだとicloudとgoogleとの連携機能を使える。

このため、パソコンの移行はスムーズに進んだ。ブックマーク、メール、連絡帳などをパソコンからパソコンにコピーする必要がない。重要なファイルはGoogle Driveに入れた。

Googleのアドレスブックとの連携は、アドレスブックの[環境設定]-[アカウント]-[CardDav]で可能だ。アドレスをGoogle.comにして、GoogleのアカウントIDとパスワードを入れれば連携してくれる。

MacintoshのOSは変わらず使える

OS10.5とOS10.7ではほとんど違いがなく、移行に手間はない。OS10.0のリリースは2001年だそうだが、そのときの基本設計が未だに生きているのだ。WindowsのUIはメジャーアップデートのたびにころころと変わるので、その都度覚え直さなければならないが、Macintoshユーザーにはその悩みはない。OS10.7でOSになれたら、El Capitanにもスムーズに対応できる。

2つのOSを共存させる

中には一台のパソコンで古い環境を保持したいと思う人がいるかもしれない。やり方は極めて簡単だ。

  • まず、OSの入ったディスクを入れて、ディスクからパソコンを立ち上げる。
  • ディスクユーティリティを使ってパーテーションを2つに分ける。
  • それぞれのパーテーションに10.5と10.7のように2つのOSを入れる。予めタイムマシーンで取っておいたバックアップからファイルを復元することもできる。
  • 起動ディスクを立ち上げて、どちらのOSを利用するか決める。

このダブルブートのやり方はWindows(できなくはないらしい)と比べるととても簡単だ。内蔵ハードディスクをパーテーション化するのが嫌なら、外付けのUSBハードディスクにOSをインストールしてもよい。2時間ほどでOSのインストールが終わり、使えるようになる。OS10.5にはRosettaという仕組みがあり、PowerPC時代のソフトがそのまま使える。

バックアップのために内蔵ディスクの1.5倍程度の外付けディスクを持っているとよい。PowerPCは起動ディスクにするならFirewire接続が必要だが、Intel系はUSBからでも起動できる。外付けのドライブを買ってもよいし、2.5inchのハードディスクドライブが1500円程度で手に入るので、それに1000円程度のケースをつけるのが一番簡単ではないかと思う。

古いMacintoshの弱点

このようにいいことばかりのように見えるMacintoshだが、もちろん弱点もある。

既に、FirefoxもChromeもOS10.7をサポートしていない。ソフトウエアの入れ替わりがきわめて激しいので、一度手に入れたインストーラは大事に取っておいた方がよさそうだ。

 

このMacbookは電源周りは弱いそうである。純正品のACアダプタがよく壊れるようで、安い代替品が出ている。Amazoのレビューを読むと「普通に使っていたのに、ある日突然断線した」というようなことが書かれている。マグセーフはもともと教育市場向けに「壊れにくい」というコンセプトで作られたそうなのだが、しゃれたアダプタにしてしまったために機能的に壊れやすいらしいのだ。

電池の持ちが悪いことでも知られる。薄い筐体なので熱を持ちやすく電池の消耗が激しい。

このため、寝転んでYoutubeをみるといったカジュアルな使い方はできないと思った方がいい。意外なことに、3000円で購入したS10eというXPマシンが活躍している。おもちゃのような筐体なのだが、熱を持ちにくい位置に電池が付けられていて5時間程度はコンセントなしで使える。