旧型のMacでホームシアターシステムを構築してサラウンドを楽しむには

Macでホームシアターシステムを構築した。しかしちょっと癖がある。ホームシアターシステムとは5.1チャンネルでサラウンド効果を得るためのものだ。RCAコネクターだと2チャンネルしかないので、サラウンド効果を得るためには光ケーブルが必要になる。

最初の難関は光ケーブルの形状である。ホームシアターシステムは角形のコネクターが使われているのだがMacについている光ケーブルはすべてピンジャックと共用になっているので接続するためには専用の[角形]-[丸形]ケーブルを買ってくる必要があるのだ。

Amazonで調べたところによるとアダプターやケーブルが売られているのだがちょっと高価でどれも1,000円程度かかる。丸形のケーブルが使えるものがなくなっているからなのか最近はアダプター対応が一般的なようだ。そこでダメモトでハードオフを探したら一本だけ[丸形]-[角形]のケーブルが落ちていた。324円だった。

それを下記のように接続した。HT-K31にはアナログ2系統/デジタル3系統があり、そのうち角形の光ケーブルは2系統である。

つないではみたものの少し難しい点があった。CDは2チャンネルで構成されているのでiTunesの出力にはこだわらなくてもよさそうである。El CapitanにはAirmac Expressのスピーカーに直接接続ができるオプションがあるが、Leopard(OS10.5)はスピーカーとしてはAirmac Expressを選べないのでiTunes経由で接続する必要がある。つまりEl CapitanはYouTubeの音をAirmac Expressに送れるのだが、Lepardにはそういう機能がない。

問題はDVDである。デフォルト設定ではそのままでは5.1チャンネルで出力されないのだ。

5.1チャンネルで出力するためにはDVDプレイヤーの環境設定からオーディオ出力のプルダウンメニューをデジタル出力に変更する必要がある。このときに「ディスクが5.1チャンネルに対応しており」なおかつ「デジタル出力ができる端子」が接続されていなければならない。つまり、光デジタルケーブルをMacに直接接続したうえでサラウンド録音されたディスクをいれなければならないのである。

ここまでやって初めてホームシアターシステムが5.1チャンネルを認識した。実際にはあまり変化は感じられない。ホームシアターシステムが割と良くできているので疑似サラウンドでも十分に広がりが感じられるからである。

Airmac Expressも光デジタル端子に対応しているのだが、どうやらMacからAirmac Expressに音を飛ばすときには2チャンネルでしか飛ばないらしい。

ということで、Airmac Expressの場合は疑似サラウンドにしかならない。

ホームシアターシステムは例えばビアノの音がきれいに聞こえたり、音のディテールがクリアだったりする。また低音の広がりも良いので、かなり満足のゆく仕上がりになった。

アップルリモート(A1156)を使う

ハードオフでリモコンを漁っていたらアップルリモート(A1156)を見つけた。リンク先でも示したようにアマゾンではまだ旧型が買えるようだ。ハードオフでは324円だった。特に必要はなかったがついつい買ってしまった。

続きを読む アップルリモート(A1156)を使う

ドルビープロロジックとCinema Studio EXとは何か?

ソニーのホームシアターシステムHT-K31を使っている。発売日は2003年なのだそうだ。

現在ソニーのホームシアターシステムはスピーカーを前にだけおいてサラウンドを実現しているのだが、2003年頃は、合計6つのスピーカーを有線で配置する必要があった。配線が多くなりあまりスタイリッシュではない。

続きを読む ドルビープロロジックとCinema Studio EXとは何か?

ヤフオクでジャンクなiMacを買ってみた

ジャンクなiMacを買ってみた

長年使っていたPowerBook G4ではネット接続などが加減きつくなってきたので、最新のブラウザーが入るMacを探した。しかしお金がないので10,000円の予算で揃えたいと思った。

そこで手に入れたのが2,100円のiMac(Mid 2007)だ。画面が白くしか表示されないという代物でハードディスクも入っていない。運賃は2,000円弱だったと思う。iMacは筐体が大きいので運賃がかなりかさむ。

Mid 2007のiMacが格安なのはSierra以降が入らないからである。これもやがてサポートが切れてしまうわけだが、当座は使える。

そもそもそれまではPowerPCを使っていたくらいなので、最新式にはあまりこだわりがない。

ジャンクの原因を確かめる

ということでまずは開腹して中身を見てみることにした。まずガラスを取り除いてからネジを外し中身を見てみることにする。iMacは画面を剥がすのに吸盤を使う。手持ちの吸盤を探したら熱帯魚用のヒーターがあった。こんなので外れるのかと思ったのだが、楽勝だった。

スクリーンだけ外せば簡単にパーツが取外せる。

どうやら、内臓ケーブルが一部破損しているらしい。

分解する(ハードディスクを外したのだろう)ときに無理に引き抜いたのかもしれない。このままでは内臓ディスプレイが認識されてしまうので、ケーブル(インバータ用と画像信号用がある)を引き抜く。すると内臓ディスプレイがなかったことになった。

外付けディスプレイを使って接続する

まずは開腹したままで手持ちのUSB外付けディスクと外付けディスプレイを接続してみる。外付けディスクにはOS10.5.8があらかじめ入れてあった。

もし起動可能なOSを持っていなかったらこれも余分な出費になる。外付けのハードディスクは2500円かかる。ケースが1000円で中身が1500円だ。が、これは持っていたので今回の予算にはカウントしない。

内部モニター用のディスプレイケーブルを接続したり抜いたりして動作を確かめてみたが、やはりケーブルが破損しているようで信号が来ない。そこで、外付けで運用することにした。ちょっと不便だが、ここまでは一応想定内ではある。

SSDを買ってくる

次の買い物はSSDだ。2980円で60GBのSSDが手に入った。 El Capitan用には実はちょっと少なめである。

マウンター付きだったがうまくはまらないのでテープで温度センサーを取り付けた上でビニールテープで固定する。振動がないのでこういうやり方ができるわけなのだが、まあ自己責任の世界だろう。

認識されたら、手持ちにあったOS10.7で復元をかけた。無事に復元されたら、今度はEl Capitanを入れた。OS10.5はApple Storeに接続できないのでEl Capitanが入手できない。

もし10.6か10.7を持っていなければ買わなければならないところなのだが、幸いに持っていたので無駄な出費は抑えることができた。

この辺りはあまり苦労なく復元ができる。データの移行をしなかった理由は3つある。

  1. ブラウザーがデータを持っているのでブックマークなどのデータ移行が必要ない。同じような理由でメールも引き継ぎが必要ない。
  2. iCloudを使えばキーチェーンやアドレス帳などを引き継がなくて良い。
  3. 別環境を作ってPowerPCのドキュメントを引き継いだ。だからこのIntel Macには古い写真やドキュメントなどを入れなかった。

外付けモニターを大きいものに変更する

最終的にHPのモニターをハードオフで見つけた。少し不具合があるということなのだが、表示領域が1920×1280ピクセルで3000円だった。

さすがに15インチはきつかった。白い線が出るという不具合なのだが使っているうちに治まってきた。何が原因だったのかは不明である。

だいたいここまでで10,000円である。

最終的にこのMacはメイン機になった。この後SSDを128GBのものに入れ替え、またモニターもちょっといいものに替えた。

Macでシステムをコピーするともれなくリカバリーエリアが作られる。

Macでシステムをコピーするともれなくリカバリーエリアが作られるという話。El Capitannについて扱っている。

続きを読む Macでシステムをコピーするともれなくリカバリーエリアが作られる。