ハイポネックスの液肥には効果があるのか

ガーデニングがいつまで経ってもうまくならない。その理由の一つには肥料の使い方がわからないというものがある。なんとなく漫然と肥料をやっているのだが利いているんだかそうでないのかがよくわからない。

最近「ほー」と思うことがあった。2月にハイポネックス原液を使ったのだが、生長に差が出たのだ。(リンク先はAmazoのアフィリエイト)

右側がハイポネックス原液を週一回やったもの。二週間が経過した。一方、今ある親株の下にあった苗はそのままにしておいた。結果は一目瞭然だ。液肥をやった方が大きくなっている。茎も成長し始めている。

面白くなって庭にある雑草(種類はわからない)も一株とって液肥をやってみた。これも二週間経過したものだ。ほかのものはまだロゼット化しているがこれは上に伸びて花芽もついている。

つまり、暖かくなった時にタイミングを合わせて液肥をやると上に伸びてゆくことがわかる。こういうことがわかって肥料をやるとガーデニングも俄然楽しくなるんだろうなあと思う。

わかってしまえば簡単なことなのだが、これがなかなかうまくできないのは、いくつかの化成肥料を組み合わせて使うからかもしれない。マグァンプを混ぜた土に液肥もやると過剰になってしまいそうだ。さらにマグァンプは1年くらいで効き目が切れてしまう。草花を植え付ける際に混ぜておくとよく育つのだが、その後に植物を植えても肥料切れで生育が好ましくなかったりもする。結局、何が利いているのかがよくわからない。

これを管理するためには比較検討した上で図表でも作って肥料を与えた日付を管理したりした方がいいのだろうなあとは思うのだが、何となく面倒でそこまでやろうという気にはならない。

でも本当はやらないとだめなんだろうなあとは思う。なお、花苗農家に聞くと、液肥は管理が難しいので化成肥料の置肥(多分プロミックみたいなものだろう)をやるのがおすすめだそうだ。液肥は効き目も早いが一週間程度で効き目が切れるのでやり続ける必要がある。一方、置肥は数ヶ月持つので管理の手間がかからないからだと思う。ぱらぱらと撒くタイプの化成肥料だと効き目一ヶ月というものもあるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です