水耕栽培による挿し木を実験する

春先の挿し木はかなり成功率が高かった。赤玉土を使っていたからだ。しかし、秋の挿し木はあまり成功しなかった。赤玉を腐葉土と混ぜたからである。さらに、気温が比較的高かったのもよくなかったらしい。

「たったこれだけのこと」と思ったのだが、腐葉土を混ぜることで雑菌が入り込んでしまったらしい。

赤玉は使い切ってしまったので、水耕栽培用のハイドロボールとセラミスグラニューを混ぜて使った。とはいえ挿し木にお金もかけられないので庭で大きくなっているベゴニア、土栽培で成功したことがないヘリオトロープ、アイビー(ヘデラ)、コリウス、オステオスペルマムなどを使った。

このような挿し木セットを作って水耕栽培を試すことにする。これが2017/10/28の状態だ。

もう少し様子を見てみるべきだとは思ったのだが、待ちきれずに一週間後の11月3日になって様子を見てみることにした。まずはオステオスペルマムだが、ちゃんと出根していた。

オステオスペルマムは短めの挿し穂を作ると良いということはあらかじめわかっていた。出根過程では発根促進剤は特に必要ないようである。この状態で赤玉土と腐葉土を混ぜた土に発根促進剤をつけてから挿し穂し直すことにした。

次にベゴニアである。ちょっと見にくいがどちらとも出根が確認された。つまり、どちらも一週間程度で出根したことになる。どちらもあまり陽に当てず室内の北側に置いていた。

ベゴニアは赤玉土では成績が良かったのだが、赤玉・腐葉土では軒並み失敗してしまった。一方で一年間ハイドロボールで栽培したものは枯れずに残った。これは春先の2017年2月に作ったもの。赤玉単体で植わっている。寒い状態だと生育しないのではと思ったが、室内であれば元気に育つようである。雑菌が発生しにくいので却ってこちらの方がよかったのかもしれない。

これが4月の状態。ようやく新芽が展開したきたのがわかる。寒いと動かないのだが、心配になって抜いたりしてはいけないと考えて何もしなかった。赤玉だと抜き差しが面倒なのだが、ハイドロボールだと埋めもどしが楽である。

5月になって大きくなり始めた頃に定植した。

一方ヘリオトロープは混植していた。根元に光が当たらないので間延びした状態になっていたのだが、単植すると根元から新芽が展開してきた。そこで上を切ることになる。それを植えてみたのだがどうにもうまくゆかなかった。

10月1日の状態。

そこで、また別のやり方を試すことにした。まず、水に入れて二週間程度置いた。この時にジャケットをつけて光を遮断してやると良い。

出根が確認できる。そこでもう数日待つ。いったん出根が確認できるとあとは伸びるのが早い。

まず試しに一つやってみる。ここで失敗してももう一つ保険があるからである。いったんしんなりとしかけたが、部屋の北側に置いて毎日水をやったところ回復した。そこで両方とも土に植え直すことにした。

どうやら、出根するまでは清潔にしておいたほうがよいが、そのあとは割と環境に耐えるのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です