ローズマリーの更新と挿し木

ポイント

  • シソ科の低木は挿し木をとっておいたほうが良い。
  • 成長は早くないので毎年挿し木をして置いておくと良い。

2017年11月の状態。小さくなりすぎてスリット鉢に植え替えたが予後はどうなるかわからない。

同じ株の2016年4月の状態。素焼き鉢に入れておいたので根が回って崩せない状態になっている。一年半で株が衰えて根が少なくなったことがわかるが、老化現象と割り切ったほうが良さそうだ。

気になっていたローズバリーの大鉢がある。しばらく持て余していたのだが、思い切って確かめてみることにした。ローズマリーとアイビーだけが植わっており、日当たりが悪いところに置いてある。

この株の一番古い写真は2012年まで遡れる。6年程度は楽しめたことになる。冬も常緑なのでビオラの背景などとしても便利である。

開けてみると根がスカスカになっていた。ローズマリーは数年放置していると根がダメになってゆくのかもしれないし、日当たりの悪い場所に放置したのがいけなかったのかもしれない。一応、スリット鉢に移したのだが実はあまり気にしていない。「枯れてもいいや」と思っているからだ。

なぜかというと2年ほど前に挿し木したものがありそれが元気に育っているのである。よく見ると葉っぱの太さが違っている。まだ老木化もしていないので扱いやすい。このように挿し木で増やしておくと、いざという時に慌てないで済む。

ローズマリーの難点は増える速度が遅いことである。赤玉土などに刺して枯れなければ生育しているのだがほとんど動かないので面白くもなんともない。

だが、毎年更新して小さめの鉢に入れて外で乾かし気味に生育させれば数年でそこそこ大きな株になる。石灰を撒いてアルカリ性にしたほうがよいという話もあるが土はそれほど選ばないと思う。このローズマリーは1年と半年でここまで大きくなっている。できるだけ木質化していないものを使ったほうが定着率が良い。

インテリアっぽくするならセラミス植えにしても良い。セラミスに挿して数日しおれなければ何とか生きているし、忘れたころに確認したら根が出ているかもしれない。それくらいの気楽さでとりあえ作ってみることができる。

今年はラバンジンでも同じような体験をした。夏の間に調子を崩してスリット鉢に移したのだが移植に耐えられずにそのまま枯れてしまった。こちらも数年前に見たときには根がかなり張っていたのだが、ほとんどなくなってしまっていた。夏から秋にかけての長雨など思い当たる節もあるのだが、そもそも寿命だったのかもしれない。こちらもいくつか挿し木を取っていたので無事だった。

2009年の状態。まだ扱いやすい小木だった。すでに木質化しているのでしばらく経過したものだと思う。

2016年の状態。この頃は調子を崩すなどとは全く思っていなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です