カテゴリー別アーカイブ: 基本を覚える

ハイポネックスの液肥には効果があるのか

ガーデニングがいつまで経ってもうまくならない。その理由の一つには肥料の使い方がわからないというものがある。なんとなく漫然と肥料をやっているのだが利いているんだかそうでないのかがよくわからない。

最近「ほー」と思うことがあった。2月にハイポネックス原液を使ったのだが、生長に差が出たのだ。(リンク先はAmazoのアフィリエイト)

右側がハイポネックス原液を週一回やったもの。二週間が経過した。一方、今ある親株の下にあった苗はそのままにしておいた。結果は一目瞭然だ。液肥をやった方が大きくなっている。茎も成長し始めている。

面白くなって庭にある雑草(種類はわからない)も一株とって液肥をやってみた。これも二週間経過したものだ。ほかのものはまだロゼット化しているがこれは上に伸びて花芽もついている。

つまり、暖かくなった時にタイミングを合わせて液肥をやると上に伸びてゆくことがわかる。こういうことがわかって肥料をやるとガーデニングも俄然楽しくなるんだろうなあと思う。

わかってしまえば簡単なことなのだが、これがなかなかうまくできないのは、いくつかの化成肥料を組み合わせて使うからかもしれない。マグァンプを混ぜた土に液肥もやると過剰になってしまいそうだ。さらにマグァンプは1年くらいで効き目が切れてしまう。草花を植え付ける際に混ぜておくとよく育つのだが、その後に植物を植えても肥料切れで生育が好ましくなかったりもする。結局、何が利いているのかがよくわからない。

これを管理するためには比較検討した上で図表でも作って肥料を与えた日付を管理したりした方がいいのだろうなあとは思うのだが、何となく面倒でそこまでやろうという気にはならない。

でも本当はやらないとだめなんだろうなあとは思う。なお、花苗農家に聞くと、液肥は管理が難しいので化成肥料の置肥(多分プロミックみたいなものだろう)をやるのがおすすめだそうだ。液肥は効き目も早いが一週間程度で効き目が切れるのでやり続ける必要がある。一方、置肥は数ヶ月持つので管理の手間がかからないからだと思う。ぱらぱらと撒くタイプの化成肥料だと効き目一ヶ月というものもあるようだ。

割れた植木鉢を修復する

P7100001植木鉢が割れた。ちょっと高そうなやつだったので、ダイソーで木工陶磁器用という瞬間接着剤を買ってきた。これで素焼き鉢もくっつくのだろうかと思ってやってみたら意外と大丈夫なようだ。

ただし耐久性や耐候性がどれくらいあるかさっぱり分からない。とりあえず、何かダメになってもよいようなもので試してみようかなあと思う。

素焼き鉢ってそう高いものでもないので、新しいのを買った方がよいと思うのだが、何とかなるもんだなあと思った。

ナメクジと地面に植えてはいけない花

20160424バーベナを買ってきた。好きだからというより安かったから。地面に土が露出している場所があり、そこを埋めたかったのだ。だが、それは間違いだった。2週間くらいしてこうなった。

ナメクジはじめじめしたところが好きで、一カ所に固まって住んでいるらしい。敷石の下に20匹程度いた。重層を蒔いたのだが効果なし。結局、割り箸でつまんで塩水に沈めた。


もし絶対にやられたくない、ナメクジを触りたくないというなら薬剤を買った方が良いと思う。野菜などに使えるものなど、いろいろ種類があるようだ。

最近もっと簡単な方法を見つけた。金属が苦手らしい。半信半疑でアルミホイルを敷いてみた。二週間ほどたってこの状態だ。アルミホイルは見た目があまりよくないがそれほど目立たない。

ナメクジがどれくらいの高さを昇れるかは分からない。500mlのヨーグルト容器に塩水を入れてナメクジを溺れさせたのだが、それでもはい出してきて割り箸も昇ってきた。多分6号の植木鉢なんかは楽勝なのではないかと思う。ということで、高いスタンドでも安全とは言えないし、プラスティックのプランターもどれくらい防波堤になるかはわからない。

6号鉢に植えておいたやつもやられてしまったので、ナメクジはバーベナの花が好きらしい。犯行のあとは残っている。あのキラキラと光る足跡。バーベナは地面に植えてはいけない。少なくとも乾燥した場所以外では植えない方がいいと思う。マリーゴールドもおいしいらしく、以前つぼみがすべてなくなったことがある。

一方。被害を受けない花もある。今のところ、マリーゴールド以外のキク科の植物、ゼラニウムの仲間、アブラナの仲間(スイートアリッサムとか)、クリスマスローズなどは大丈夫みたいだ。