タグ別アーカイブ: パキラ

パキラが折れたら

CIMG4701長い間育てていると観葉植物が大きくなりすぎて持て余すことがある。パキラの場合、単に全ての葉っぱを取ってしまえばよい。夏のこの時期なら2〜3週間もすると新しい葉っぱが展開する。心配ならマグァンプのように根が触れると徐々に栄養が出てくる肥料か、苦土が入った肥料(100円ショップなどに売っている)を入れておくとよいだろう。

このようにパキラはとても丈夫な木なので、茎が折れたくらいで諦める必要はない。夏の暑さにも耐える。しばらくすると葉っぱが展開して元通りになる。

CIMG5699

CIMG7070

パキラの葉が黄色くなる

CIMG4543

黄変したパキラの葉っぱ。こうなると枯れてしまうのではないかと不安になる。

寒さが緩むころになると各種のQ&Aサイトで「パキラの葉っぱが黄色くなってきた」という質問が寄せられるようになる。

結論から言うと心配しなくても大丈夫だ。これは新しい葉が育つために古い葉を落とす生理現象だ。つまり、春先の黄変は成長の証だ。

もちろん、全てのパキラがこのようになるわけではない。パキラは上が大きく茂る割には根が発達しない。植え替えを繰り返したりして株が疲弊すると栄養が取れなくなる。寒くなる前に根が回復しないとこのように自分の体の一部を再利用して新しい環境に馴染もうとするようだ。丈夫なパキラだが、植え替えは最低限にした方がよい。半年から1年ほど同じ土で馴染ませつつ肥料を与えてやると元気に育つ。

徒長したパキラ。こうなったら枝を全部取ってしまっても大丈夫だ。

寒い所にあったパキラは全ての葉っぱが落ちてしまうことがある。すると、下のほうがすかすかで汚らしくなってしまう。この場合は、成長が始まってから茎を取ると新しい茎が伸びてくる。

幹の部分を押してみて軟らかくなっていたら枯れるか枯れている可能性が高いのではないかと思うが幹さえしっかりしていれば茎を全部切ってしまっても大丈夫だ。

また、長年同じ土を使っていると栄養分が抜けてしまう。暖かくなったら土の入れ替えをするのがよいだろう。100円均一の観葉植物の土は栄養分が少ないので赤玉土主体にした方が管理が楽だと思う。ハイドロボールも清潔そうでよいのだが管理は難しい。長期間育てるなら赤玉土などが無難である。

最後の写真はリセットした後のものである。元気になると枝が四方八方に広がるので整理が必要になる。蜂がパキラしかない場合にはこれでもよいのだろうが、いろいろと植わっていると邪魔になりがちだ。

土の中のマグネシウム成分(いわゆる苦土)が足りないと葉が黄色くなることがあるのだという。ハイポネックス マグァンプK 中粒 (リンク先はアマゾン)などの肥料を少しだけ混ぜてもよいかもしれない。葉が全体に黄色みを帯びてきたら化成肥料を撒いても良い。ただし、日陰で育てている徒長する可能性があるので、肥料は最低限にとどめておいた方がよいだろう。

パキラの下葉が黄色くなる

パキラを育てていてよくある質問に「葉っぱが枯れてきた」というものがある。いくつか理由がある。まず第一の問題は低温障害なので、冬の窓際には置かない方がよい。しかし、温度と水やりに問題がないのであれば、栄養不足の可能性がある。苦土の入った肥料を与えるとよいようだ。

原因1:水をやりすぎて根が腐ってしまった

パキラは水辺に生えているので、湿気には強い。それでも水をやりすぎていると根が腐ってしまうことがある。この場合、水やりを控える。植木鉢を持って軽くなったら水をやる。

理由2:逆に水が足りない

夏に乾いているにも関わらず水をやらないとやはり同じように葉っぱが落ちる

理由3:生理的な理由で葉っぱが枯れる

これは、下葉が黄色くなって落ちたもの。どうやら上の葉を展開させるために落ちてしまったようだ。これが「新陳代謝の為に枯れる」という状態らしい。直接の原因は肥料切れのようだ。別に「全体が枯れる」わけではないので心配する必要はない。

ただ、栄養は足りなくなっているので、気温が20度を越えるくらいになったら液肥などをやった方が良いだろう。薄い液肥をやると若芽が展開してきた。ただし、古い葉は全て落ちてしまった。その後苦土の入った肥料をやると回復した。

これが去年の写真。他の草花に液肥をやるついでに薄くした液肥を投入していた。すると、大きな葉が展開してとてもきれいに育つ。しかし冬になり肥料が切れると、そのまま成長が止まる。今年は冬の寒さが厳しかったので、寒冷障害で黄色くなった葉っぱもある。春になり成長が再開する時、栄養が足りない。そこで、下の葉っぱから栄養を吸い取って伸びようとしたのではないかと思う。