吉野の葛らくがん・抹茶

IMG_0341奈良土産で貰った「葛らくがん抹茶」。らくがんといえば、ぱさぱさでおいしくない印象があるのだが、これはすこししっとりして食べやすい。中には餡も入っている。しっとりしているのは葛が入っているからかもしれない。

決してめちゃくちゃおいしい!というお菓子ではないが、ちょこちょこと食べられるし、そんなに値段も張るものでもなさそうなので、近しい人への挨拶の品としてはよいのかもしれない。

もともとのらくがんは米粉に水飴を加えたもの。吉野には葛だけで作ったらくがんがあったそうだが、この葛らくがんにはサツマイモのでんぷんが混ぜてあるようだ。今や天然の葛は贅沢品なのだろう。