千葉なのに麻布 – 菊最中


千葉の人の中には東京に屈折した思いを持っている人がいる。今日のおやつは千葉のお菓子なのに「麻布」と書いてある。

お隣が新しく家を建てるというので「菊最中」というのを持ってきた。菊の御紋が入っているので家族のものが「お隣さんはウヨクかもしれない」とちょっと怯えてしまったようだ。調べてみると、隣町にあるお菓子屋さんが作っている。もともとは麻布にあった店らしいのだがいまは千葉にあるということらしい。東京の思い出が忘れられないのかもとちょっと切ない気分になった。

誰に許可を得ているのかと思いきや入江侍従長だという。宮内庁が許可したものではないようである。なんだか人騒がせなおやつだった。味はいたって普通。