五建のういろう

五条通りの東の端、清水寺に行く途中にあるういろう屋さんのういろう。特筆する美味しさがあるわけではないが、祖父の家の近くにあり、昔からよく知っていた。ということで「近所のお菓子屋さん」という印象だ。ういろうというと羊羹のような長細い竿状のものを思い浮かべるのだが、最近では個別包装も出ているらしい。手軽に食べられるし、保存も(一本ものに比べればだが)よい。一本ものは残すとガビガビになってしまう。

京都はお菓子激戦区なので新製品を作ってアップデートしていかないと生き残れないのかもしれない。ウエブサイトをみるといろいろな種類のお菓子が出ている。が、京都といえば五建で、五建といえばういろうなのだ。

あらためて調べてみたが、安政年間という比較的最近にできたお店らしい。六波羅蜜寺、建仁寺、清水寺などへの参拝客向けのお茶屋さんが起源なっているという。「ぶらタモリ」によるとあの辺りは京都盆地と東山のキワにあたり「聖と俗」の境界に見立てられていたのだそうだ。

食べログをみると、夏越の祓えに水無月というお菓子を食べる習慣があるとのことだ。