炊飯器でできるだけスポンジケーキに似たようなものを作る

先日来、お一人様用の炊飯器(三号炊き)を使ってスポンジケーキを作れないか実験しています。やり方によって蒸しケーキ風のものとなんちゃってスポンジケーキ的なものが作れます。「ちょっと小腹が空いた」というときにもいいですし、余計な添加物がないので離乳食用に蒸しケーキを作る人もいるようです。所要時間は混ぜるのに10分、加熱に10分程度だと思います。

まず最初のものは蒸しケーキです。炊飯器なので分量はお米のカップでご紹介します。卵を一個入れて、半カップ分の小麦粉を振るわずに入れます。砂糖を大さじ二杯弱加えたら、ベーキングパウダーを小さじ1杯加えます。これを全て100円均一で売っているシリコンのケーキ容器に入れて炊飯釜にセットします。炊飯器に水を少し張って蒸気で5分から10分程度蒸し上げるとこうなります。ふわふわです。ベーキングパウダーを発明した人はスゴいと思いました。

ポイントは粉っぽさがなくなるようによく混ぜることです。あと、砂糖の量は調整できます。ダイエットをしている人は砂糖を控えてもよいですし、砂糖の代わりに塩とチーズを入れるとおかず蒸しケーキ的なものが作れます。メレンゲがないので砂糖は味付け以外の意味がないのです。

こちらは別の作り方をしました。粉が残っていないのはよく混ぜなかったからですね。まず卵白でメレンゲを立てます。セリエででよく泡が立つというビーターが売られており、これで7分ほど混ぜるとボウルを逆さまにしても落ちない程度のメレンゲが作れました。電動の泡立て器が欲しいですが、ちょっと贅沢品なので……

砂糖をきちんと入れないときれいな泡ができません。砂糖が卵白を崩しにくくするという効用があるそうです。メレンゲに卵黄を加えて混ぜます。そしてここに粉を少しずつ混ぜて行きます。ベーキングパウダーは入れません。そして、炊飯器に水を入れずに焼き上げます。5分ほどでスイッチが切れるのですが、この状態では上が生焼けです。ここでひっくり返すというやり方もあるのですが、きれいに裏返った経験がないので水を加えて保温の状態で3分ほど蒸し上げました。

最初から蒸さなかったのは、卵白にある空気が膨らむことでケーキが膨らむからです。最初から水蒸気を足してしまうとぺちゃんこの質感になってしまうのです。反省点は明らかで卵白の泡が消えるのが怖くて小麦粉を混ぜなかったことです。ある程度泡が立てば混ぜても消えることはないはずなので、改めてよく混ぜて実験をやってみたいと思っています。なお、ケーキの風味はバターと砂糖の焦げなのですが、焦げるほどはいかないので風味的にはちょっと物足りないものができます。

7分間メレンゲを立てて徐々に小麦粉を入れてよく混ぜるとこうなりました。こうなるとスポンジケーキにより近づきます。いっけんそれほど膨らんでいないように見えますが、意外とふわふわです。

Q&A

Q1. 油分を混ぜるとどうなるの?

A1. 実際にオリーブオイルを入れたところ膨らみが不均一になりました。原因はわかりませんが、すぐに食べるならオイルやバターは入れない方がいいと思います。

Q2. 水や牛乳を加えるともっと小麦粉が多く入れられるのでは?

A2.炊飯器の火力のせいなのかもしれないですが、どろっとして中が固まらなくなってしまいました。これは水蒸気を使うバージョンも使わないバージョンも一緒でした。

Q3. メレンゲとベーキングパウダーを両方使うともっと膨らむのではないですか。

A3. これもやってみたのですがベーキングパウダーを入れるならメレンゲを作るのは手が疲れるだけなのであまり意味がないと思いました。