Airmacのブリッジモードは何のためにあるのか

Airmacに限らず市販の無線ルーターには「ブリッジモード」というものが付いている。この設定は何のためにあるのだろうか?

ルーターとブリッジ

一台しかないパソコンをインターネット接続するぶんにはルーターでもブリッジでもどちらでも構わない。きちんと設定してやればそれなりに動作する。インターネットを見ることができているなら別に難しいことは考えなくてもいい。

問題になるのは部屋の中にある複数のパソコンの間のやりとりだ。それぞれの四角い箱で囲んである範囲を「セグメント」と呼ぶ。それぞれのセグメントの中にあればファイル共有などができるのだがセグメントをまたぐと共有ができないしくみになっている。

この時、それぞれのルーターがセグメントを作り出している。この図には三つのセグメントがある。全てのパソコンの間でデータ共有がしたい場合にはAirmacをルーターからブリッジモードに変えてやる。するとほぼ全てのパソコンの間でデータ共有ができるようになった。

network007

ただ、これには例外を作っておいた。それが図の一番右のパソコン(具体的にはPowerMac G4)である。無線LANがないのでMacBookからLANケーブルを引っ張って有線でつないでいるのだ。

Macのインターネット共有はブリッジモードにできない

Macintoshにはインターネット共有という仕組みがある。実はこれもルーターのような働きをしているらくブリッジモードにならない。できるにはできるらしいがUNIXのレベルで操作しなければならないようだのだ。つまりこの図の右にある据え置き型パソコンは直接繋いであるMacBook以外とはファイル共有ができない。ファイル共有だけではなくiTunesのAirplayも通さないのでスピーカーの共有もできない。多分、左のセグメントにある共有のハードディスクも認識しないはずである。

これを解決するためには別のソリューションを探してくる必要がある。実際にはWLI-TX4-AG300Nを使って無線を受けている。これはWi-Fiアダプターと呼ばれる製品である。ハードオフなどで時々格安で見つかる。BuffaloならBuffalo製品同士で接続した方が何かとスムーズだ。

例えばこのセッティングにAppleTVを加えた場合スピーカー共有できるのは単一セグメントに配置されているMacだけである。それくらいセグメントの把握は重要なのである。

ルーターモードとブリッジモードの把握が重要な理由

理由1:二重ルーターを防ぐ

この図のように家庭内にあるインターネットへの出入り口が一つしかない場合ネットワーク内にあるすべての端末には異なった番号(IPアドレス)が割り振られる。IPアドレスはDHCPサーバーが自動で割り振っている場合がほとんどだろう。だから特にルーターについて意識する必要はないかもしれない。ただ、入り口が二つありそれが複雑なネットワークを形成している場合には知らずに二つのルーターから影響を受ける機器が出てくる可能性がある。特にゲーム機などを加えるとそうした問題が起こりやすいようだ。

ルーターは他のルーターがどのような番号を割り振っているかを感知しないためそれぞれのルーターが勝手に割り振った番号がぶつかると「二重ルーター」と呼ばれる状態に陥る。

理由2:孤立セグメントを防ぐ

例に挙げたゲーム機のように予期しない機器がルーターとして動作している場合には知らず知らずのうちに別々のセグメントができていることがある。セグメントをまたいだ場合は新しく買ったネットワーク機器が見つからないことになる。

この場合は予期せずセグメントができてしまう。おそらくケースとしては二重ルーターよりはこちらの方が多いだろう

理由3:知らずにルーターをゼロにすることを防ぐ

逆にルーターをブリッジモードにしたところインターネットにつなげなくなったという事例もあるそうだ。ルーターがなくなるとセグメントが消えてしまう。

ルーターを貸し出してくれないCATVなどでネットワーク接続するとこのようなことが起こるケースがあるらしい。この場合はプロバイダーに「貸し出されている機器にはルーター機能は付いているか」という問い合わせをすると良い。複数台のパソコンやその他のネットワーク機器を接続する場合は少なくとも1台のルーターが必要になる。CATVがルーターを貸し出していない場合は自分でルーターを買う必要がある。

こうした諸問題を解決するには、すべてのネットワーク機器を紙に書き出し、IPアドレスを調べた上で、どの機械がどのような動作をしているのかを調べる必要がある。ネットワーク機器の機能を把握しないとセグメントとルーティングの把握はできないのだ。

スマホ、ゲーム機、家電などが複雑に入り組んだ現代では誰でも自宅のLANエンジニアに就任しなければならない可能性があるのだ。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。