iTunes -9812エラー

古いMacにiTunes7を入れていたのだがいつのころからかAppleStoreに接続できなくなってしまった。エラーコードは-9812。サポートに問い合わせても「接続が不安定なんですよね」といわれるばかりだ。

古いOSを容赦なく切り離すアップルだからもうサポートされなくなったのかなと半ば諦めていた。だが、サポートのスタッフは「うまくやればつながることもある」(どうすればいいかは教えてくれないのだが)という。調べてみた。

ということで、グーグル先生にご相談したら意外にも簡単に解決した。2015年6月に解決策が発見されたらしい。解決は簡単でキーチェーンからVerisignの証明書を削除するだけだ。念のためにバックアップを取っておけという。

シロウト考えでVerisignの証明書を他から持ってくればいいのかと思ったのだがどうやら違うみたいだ。再起動してもVerisignの証明書は作成されなかったが不思議なことにこれでAppleの認証が通るようになった。

Appleの認証が通ると以前に購入した曲を無事に聞くことができる。またライブラリの共有もできるようになった。ただしこちらは同一セグメント内にあるライブラリしか認識してもらえないようだ。

理論的にはどこか1台のサービスにさえ音楽ファイルを蓄積しておけばよいことになる。

これで証明書関係の問題はすべてクリアされたのかなと思ったのだが、やはりメールソフトやSafariなどのSSLの問題は解決しなかった。あくまでもその場しのぎの解決策といった感じだが困ったときにはぜひ試してもらいたい。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。