Panther(10.5)にWordPressとMediawikiを移行する方法

ということで、PowerbookG4のバックアップ大作戦はつつがなく終了しつつある。ウェブやメールの移行はそれほど難しくなかった。一方難航したものもある。それはLAMP環境の移行である。

ご存知のようにMacはUnixベースなので、Apacheが使える。このため、PowerbookG4にはWordpressとMediawikiを入れていた。コードや読んだ本などの情報を入れておくのだがこれの移行がなかなか難しかった。一度やっているはずなのに、やり方を完全に忘れていたのだ。

今回はMacminiG4に環境を移行した。まず、MySQLをインストールし、phpMyadminをコピーしてきた。だが、これだけでは動かない。Apacheの設定を見直してPHPを動かす必要がある。設定はprivate/etc/apache2の中にあるhttpd.confにある。

次にルート権限でMySQLに入る。そもそも位置を忘れていた。/usr/local/mysql/binにある。ここで、ユーザーを追加する。ユーザーを追加しただけでは何もできない。ルート権限で作ったデータベースを読むことすらできないのだ。そこで権限を付与する。呪文は次の通り。

  • CREATE USER ‘xxxx‘@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘password‘;
  • grant all privileges on *.* to xxxx@localhost identified by ‘password‘ with grant option;

次にphp.iniを編集しアップロードできるファイルの上限を変更する。php.iniはetcにある。

新しく作るのならwordpressとmediawikiをダウンロードしてくればよいのだが今回は移行なので、古いパソコンのphpmyAdminへ行きデータベースをエクスポートする。新しいパソコンのphpmyAdminでデータベースを作りデータをインポートした。

これで完了。手順としては簡単だが調べながらやると意外と時間がかかった。次のセットアップするタイミングがいつかはわからないが多分忘れていると思うので、ここに記録しておくことにした。

ローカルにmediawikiを持っていると調べ物をまとめたり使いかけのコードなどを記録しておくのに便利だとこの当時は感じていた。だが次第にMacのメモを使うようになった。やはり以降作業がないほうが格段に便利なのである。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。