El CapitanでChromeが遅い問題

El CapitanでYahoo!が遅いという問題が多発しているようだ。いろいろな対処法が出ている。

El Capitanにしてからネットが早いはずだった。しかしChromeを使うとYahooだけがやけに遅い。どうもyimg.jpというサーバーを待っているようだ。しかし、 数分待っても一向にページが読み込まれない。どうも広告やイメージを配信しているサーバーのようだが、それが読み終わるまで先に進んでくれないのだ。

いろいろな説が出ているのだが、実は問題は別のところにあった。カスペルスキーが悪影響を与えていたようだ。「保護機能を無効にする」を選ぶと読み込みが早くなった。特定のURLのスキャンをしないためには設定の脅威タブから[除外リストの編集]を選び、待機していますという表示が出るURLを手作業で追加してゆく。しかし、これでは読み込みが遅くな問題は解決しない。

問題が長引いたのは、他にもいろいろな説が出ているからだ。主にネットのセットアップに関するものが多い。

提案されている解決策はいくつかある。まず、インターネットオプションのプロキシーの自動設定を解除しろと 書いてあるページを見つけた。Macの場合には[システム環境設定][ネットワーク]の[詳細]ボタンから[プロキシ]タブを選ぶとオプションが表示される。だが、自動プロキシ検出はオフになっている。最初から外れているのだ。試しにここにチェックを入れたら、しばらくはページがスムースに読み込まれるように なった、ような気がしたのだが、これは勘違いだったみたいだ。やはり遅い。

次に履歴やキャッシュを削除しろというページもあるがこれは全く効果がなかった。

最後に見つけたのがこのページ。IPV6の設定を切れと書いてある。UI上は切れないので「リンクローカルのみ」にするのだそうだ。試してみたところChromeの読み込みが改善したような気がした。なぜかFirefoxには影響はなかった。Lionからこの現象はあったという人もいるのだが僕はLionは大丈夫だった。だが翌朝になって試したら、やはりYahooでyimg.jpの読み込みが遅い問題が発生した。

Firefoxを同時に立ち上げておくことにした。こちらには読み込みの問題はなかったのだが、やがてFirefoxもおかしくなった。

もう、OSをダウングレードしようかと思いつめていたところ、リスタートで状況が改善したが、程なく元に戻った。1日になんどもリスタートするのも面倒だ。

そして最後にカスペルスキーを切ったところ問題が解決してしまった。カスペルスキーがきちんとyimg.jpを認識してくれないことが問題だったようだがしばらくすると技術的に解決したようでこの問題は起こらなくなった。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

「El CapitanでChromeが遅い問題」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。