ドルビープロロジックとCinema Studio EXとは何か?

ソニーのホームシアターシステムHT-K31を使っている。発売日は2003年なのだそうだ。

現在ソニーのホームシアターシステムはスピーカーを前にだけおいてサラウンドを実現しているものが多いのだが、2003年頃は合計6つのスピーカーを有線で配置する必要があった。

配線が多くなりあまりスタイリッシュではないがきちんと設定するといい音がする。

このシステムは特殊なプラグを使っている。コードにプラグをつけてEithernetのように抜き差しできるようなっている。ところが、長い間使っているとこれが接続不良を起こしてしまう。

ピンセットのような金属で挟み込むようになっているのだが、長い間使っているとこれが開いてしまうのだ。

現在ではこの形式のプラグはほとんど売られておらず、フジパーツというところがかろうじて代替品を出している。

信じられないことだが、これが2000円以上もする。恐ろしいことにこれが壊れるとシステム自体が使えなくなるので、プラグをこじ開けて修正しなければならなかった。

さて、このホームシアターシステムにはいくつかの系統の音響効果が内蔵されている。

ドルビープロロジック

最初の一群は2チャンネルの信号から人工的に5.1チャンネルを作り出す。ドルビープロロジックと呼ばれている。バージョンが2つあり、1つは4チャンネルを作り出し、もう1つは5.1チャンネルを作るそうだ。

5チャンネルを作るものは映画と音楽でそれぞれ1つづつのモードがある。これを使うためにはきちんと部屋中にスピーカーを設置しなければならない。場所がないからといってスピーカーを中途半端な場所においたり、スピーカーを省略したりすると音が崩れる。前面のステレオスピーカー2台は距離を測定してセットアップをきちんとすると格段に音の広がりが良くなる。

テレビは会話に依存していることが多くドルビープロロジックはあまり効果が実感できない。ほとんどの音はセンタースピーカーから出てくるからだ。だが、しばらく聞いていると「あれ?」と思うようなディテールが聞こえることがある。

Cinema Studion EX

次の一群は5.1チャンネルの信号をシミュレートする方法でこれをCinema Studio EXと呼んでいる。ソニーのウェブサイトに説明があった。ドルビーシステムで専用にデコードされたDVDと光ケーブルなどで接続されたプレイヤーが必要である。

あとは地上波放送のテレビも光ケーブルで接続すれば臨場感のある音が楽しめるはずなのだが手持ちのBRAVIAがソニータイマーの影響で壊れてしまいテストができない。いずれにせよ5.1チャンネルから仮想的に複数スピーカーの残響を作るというのがCinema Studio EXである。

ホール残響のシュミレートモード

最後は単にホールの残響を再現するモードだ。リバーブがかかって「お風呂の中で聞いている」ような残響が得られる。

試しにDVDプレイヤーをつないで使ってみた。オートに合わせるとしっかり認識してくれるようで適当なセッティングを選んでくれる。

ただ、最近ではパッケージされたソフトで音を楽しむという機会はあまり多くない。ストリーミングだとMacから出てくる音は2チャンネルのみなのでこうした複雑なシステムはあまり意味を持たなくなっている。豪華さよりも手軽さが求められるのである。しばらくぶりにこの文章を読み返してみて中古のDVDソフトを探そうかなあという気分になってきた。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。