旧型のMacでホームシアターシステムを構築してサラウンドを楽しむには

Macでホームシアターシステムを構築した。ちょっと癖がある。ホームシアターシステムとは5.1チャンネルでサラウンド効果を得るためのものだ。RCAコネクターだと2チャンネルしかないのでサラウンド効果を得るためには光ケーブルが必要になる。だが光ケーブルとMacを接続しても5.1chにはならない。

最初の難関は光ケーブルの形状である。ホームシアターシステムは角形のコネクターが使われているのだがMacについている光ケーブルはすべてピンジャックと共用になっているの。だから接続するためには専用の[角形]-[丸形]ケーブルを買ってくる必要があるのだ。

Amazonで調べたところによるとアダプターやケーブルが売られているのだがちょっと高価でどれも1,000円程度必要だった。

丸形のケーブルが使えるものがなくなっているからなのか最近はアダプター対応が一般的なようだ。そこでダメモトでハードオフを探したら一本だけ[丸形]-[角形]のケーブルが落ちていた。324円だった。

探すと割と見つかる確率が高いがそれも運次第なので見かけた時に確保しておいたほうがよさそうだなあと思った。

それを下記のように接続した。ホームシアターシステムHT-K31にはアナログ2系統/デジタル3系統がある。そのうち角形の光ケーブルは2系統だ。つまりAirmacともう一台のMacしかつなげない。

意外とAirPlayの接続が面倒だった

つないではみたものの少し難しい点があった。CDは2チャンネルで構成されているのでiTunesの出力にはこだわらなくてもよさそうである。El CapitanにはAirmac Expressのスピーカーに直接接続ができるオプションがあるがLeopard(OS10.5)はスピーカーとしてはAirmac Expressを選べない。だからiTunes経由で接続する必要がある。つまりEl CapitanはYouTubeの音をAirmac Expressに送れるのだがLepardにはそういう機能がない。

のちにHigh SierraになってメニューバーのスピーカーからAirPlayを直接選べるようになるまでの接続は実は結構不便だったのである。今はAppleTVとAV機器の2つをデジタル接続にするだろう。AppleTVさえつないでおけばHigh Sierra以上のMacであれば簡単に音声出力ができるからだ。

DVDはもっとややこしい

問題はDVDである。デフォルト設定ではそのままでは5.1チャンネルで出力されないのだ。

5.1チャンネルで出力するためにはDVDプレイヤーの環境設定からオーディオ出力のプルダウンメニューをデジタル出力に変更する必要がある。このときに「ディスクが5.1チャンネルに対応しており」なおかつ「デジタル出力ができる端子」が接続されていなければならない。つまり、光デジタルケーブルをMacに直接接続したうえでサラウンド録音されたディスクをいれなければならないのである。

コレは今日でも同じ状況だ。AirPlayは5.1chに対応していない。つまりMacでサラウンドができるのは実質DVDを直接光ケーブルでホームシアターシステムに接続した時だけなのだ。AppleTV第二世代は5.1chに対応していて一部のアプリ(Netflixなど)はサラウンドかできるという話がある。

ここまでやって初めてホームシアターシステムが5.1チャンネルを認識した。アクション映画を流してみたがセリフの時は単にステレオになっているがチェイスシーンとかファイトシーンになると途端に音が広がる。これが5.1chかと思ったが毎日アクション映画を見るわけでもないので普段使いならドルビーの擬似5.1chでも十分に楽しめそうである。

ホームシアターシステムは例えばビアノの音がきれいに聞こえたり、音のディテールがクリアだったりする。また低音の広がりも良い。5.1chという当初の目的は達成されなかったが、全体的にはかなり満足のゆく仕上がりになったと思う。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。