無線がついていないPowerMac G4をwi-fiネットワークにつなぐには

古いMacを複数台使っている。過去の資産が使えるし、まだまだ使えるのに捨てるのももったいない。しかしながら古いMacの中にはwi-fiがついていないものがあり若干不便さが残る。そこで、これらの機器をどうやったら無線LANネットワークに接続させることができるかを考えてみた。

結論からいうと無線機器はメーカーを揃えた方が何かと便利であるが、理由はいくつかある。

ステップ1

これが最初の図である。できるだけ機械を追加しないで使いたいと考えるとこのような陣形になる。無線LAN付きのMacをルーター代わりに使うのである。MacOSでは「インターネットの共有」と呼ばれている。このやり方の最大の欠点はセグメントの分断だ。

MacOSに備え付けのインターネット共有にはブリッジ機能がないうえに、ネットワークを使う時にはわざわざルーターになるパソコンの電源を入れる必要がある。例えばこの陣形ではiMacからPowerMac G4とMac Mini G4が見えない。セグメントが分かれてしまうからである。

最初の状態。Macの一つが中継器になっている。

こうなると無線LANアダプターが欲しくなる。

ステップ2

次に試したのはUSBにつけるタイプの無線LANアダプターだ。

PowerMac G4は滅多に使わないので参加を諦めた。ファイルの共有程度なら問題はないが速度が極めて遅い。

Planex社の無線LANアダプターは今でも安価で売られているのだが正直性能があまりよろしくない。さらに別の問題も起きた。

次の状態。MacMini G4にアダプタをつけた。
正直あまり使い勝手は良くない。

ステップ3

光ケーブル端子ONU/無線ルーターの負担を減らそうと古いNEC製のwi-fi機器を引っ張り出してきた。これをAppleのAirMac Expressにつないだのだ。二日か三日ごとにリンクダウンが起こるようになった。処理が追いつかないとネットワークのスピードをルーターが勝手に落としてしまう仕組みである。こうなるとルータを度々再起動する必要が出てくるようになった。

さらにAirMac Expressが行方不明になる。このNECの機械はADSL時代から使っていたのだが問題が出たことはなかった。複数機器が混在したからこうなるのか高速回線に対応できなくなったのかはよくわからない。ルーターにもメモリ限界がありあまり多くのトラフィックをさばこうとすると性能低下が起こるようである。

NECのルーターをブリッジにしてつないでみた。
これもあまり安定しない。

こうなるとNECのLAN親機をリスタートさせてAirMac Expressもリスタートさせなければならない。これを自動で行うスクリプトを組もうかなと考えたあたりで「やっぱり買おう」ということになった。

ステップ4

最終的には無線LANアダプタがついているBuffaloルーターのセットを買ってきた。ハードオフで1000円だった。これを使ってボタンを一発押せばリンクしてくれる。とても便利である。

さらにBuffaloルーターをブリッジモードにしておくとセグメント化も起こらないので、すべてのマシン同しで接続もできる。さらに余ったSSDドライブをBuffaloルーターにつけることでNASとしても機能する。Windowsとのファイル共有に便利だ。

WindowsとMacのファイル共有:本来ならMacとWindowsはファイル共有が容易なはずである。だが、これは建前だけで、解説を見て一生懸命に設定しても相手が見えなかったり、いったん見えていたのに消えてしまうということがある。MacはWindowsのファイル共有機能を「セキュリティが甘い」として嫌っており、WindowsはMacを認めないからである。そこでNASを使ってファイル共有できるスペースを作っておくと便利だ。最近では8GB程度のUSBメモリが1000円以下で売られているので、それを使っても良いかもしれない。

とりあえずファイルをここに入れればUSBメモリを持って家の中をウロウロする必要もないのである。

このBuffaloルーターの親子機セットは同一メーカーでなければうまく機能してくれない。さらに同じメーカーであっても組み合わせによって動かなかったりする。いわゆる相性問題だ。Buffaloではウェブサイトまで作って組み合わせを解説している。

だからもし無線LAN環境を拡張したければ同じメーカーだけで揃える必要がある。中古のジャンクショップだとなかなか扱っておらず手に入れられるかは運次第ということになる。

AIrMac Expressは無線LANを使って接続してもよいはずなのだが、行方不明が頻発した経験もあるので有線でつなぐことにした。無線LAN機能をOffにしてある。全く意味がないように思えるかもしれないが、スピーカーを接続して音楽を聞くことができるのである。無線で接続していた時には行方不明になったり音途切れがあったりしたがそれがなくなった。

ただしこのAirMac Expressも発熱に弱いらしく数年で使えなくなった。結局今では代わりにAppleTVの第二世代を使っている。こちらはかなりキャパシティに余裕がある上にネットワークの面倒は見なくていいので長期安定して動いている。

本来ならば無線規格さえあっていればなんでも使えるはずなのだが、実際には行方不明になったり使えなかったりする。だから、無線LAN環境を整えるためにはいろいろと気をつける必要がある。

ストレスを減らしたいなら同じメーカーで揃えた方が良いというのが結論になる。この記事を書き直していて気がついたのだがApple製のネットワーク機器は意外とあてにならない。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。