古いバージョンのMacOSにあったCANONのソフトウェアのまとめ

CANONのデジカメを中古で買うとソフトウェアがついていないことが多いが、ネットを探すとソフトウェアのダウンロードができる。しかしながら、CANONのソフトウェア更新情報はまとまっているとは言いがたく、サポートに連絡すると不明確な情報を告知されたりして却って混乱することがあった。そこで古いバージョンのMacOSに合致したCanonのソフトウエアについて調べて見た。

ImageBrower EX

とこの記事を書いた時には色々と調べたのだがImage Gatewayサービスが2020年3月に止まってしまったために全て必要のない知識になってしまった。

CANONのカメラを買うとImageBrower EXを含むアプリケーションが利用できた。ImageBrower EXを使うとCANON iMage Gatewayに写真をバックアップできるサービスがあったが廃止されてしまった今となってはMacではあまり意味のないソフトウェアになった。他にも閲覧ソフトがたくさんあるからだ。

CANONはずいぶん前に作ったインストーラーを今でも公開しているがこれを使ってもうまくインストールができない。このインストーラーからではSilverlightのダウンロードがうまく行かないからだ。実際にはGet Silverlightというサイトからダウンロードできるので自力でここからインストーラーを入手しておく。このページはマイクロソフトが運営している「正規版」なのでこれをインストールする。

SIlverlightがインストールできたら今度はImageBrower EXをダウンロードする。Mac版はここからダウンロードできてEl Capitanでもインストールできるがキャノンのサポートに聞くと「ImageBrower EXはEl Capitanには対応していないのでインストールできない」と言われた。ウェブブラウザーでやって欲しいと言われる。しかし、実際にはインストールができる。再度問い合わせると「できるけどサポート外なのでできないといいました」と言われた。

ImageBrowser EXをインストールするためにはキャノンのデジカメをMacにUSB接続しておく必要があるがEOS Kiss Digitalを使ってもImageBrower EXは反応してくれない。カメラとの接続に対応するEOS Utility2以降が対応していないからだ。古いバージョンは配布されていないので諦めるしかない。

Macのバージョンにあったソリューションディスクを入手する

Canonはデジカメ用のソリューションをまとめてDigital Solution Diskという形でまとめて配布している。ダウンロードするためにはデジカメのシリアルナンバーが必要になる。この配布先がOSバージョンごとにまとまっておらずGoogle検索から探す必要があった。Vintage Mac関連では次のバージョンが重要だ。

このパッケージを使うと、デジカメのRAWデータを現像できたり、Digital Photo Professionalなどが利用できるようになる。

ただOS10.5では利用できない。またVintageデジタル一眼レフのEOS Kiss Digitalとの相性もあまり良くない。EOS Kiss Digital初代はEOS Utility2の対象外なのだ。

OS10.5でCANONデジカメを利用するには

PowerPCを持っている人はOSを10.5にまでしかあげることができない。さらにOS10.5に対応するソリューションディスクはオンライン上に公開されていない。

ではデジタルスタジオ化ができないのかというとそうではない。

リモートキャプチャーを使う

一つ目の方法はリモートキャプチャを利用する方法だ。OS10.2以降対応という古いものだがOS10.5でも起動できてEOS Kiss Digitalなどの古い機種のカメラと通信ができるようになる。Macとカメラを接続して撮影された映像はMacに取り込まれます。

Image Browserを使う

もう一つは古いデジカメやCANON製のスキャナについているImageBrowerを利用する方法です。ハードオフでCANOSCANのソフトウェア付きを見つけたのでそれを利用してみた。

スキャナは割と大切に扱われているのかソフト付きのものが多い上に、運が良ければディスク付きのものが500円くらいで入手できたりする。持っておいて損はない。

実はスキャナとデジカメはソフトを共用できる。Cカメラと通信をして写真を取り込んだり簡単な設定(所有者の名前を入れたり時間を合わせたりできます)をしたりということはできた。

古いOSのバージョンと古いカメラは相性が良いので余裕があるならば、専用の環境を構築するのも面白いかもしれない。MacMini G4やポリカーボネートのIntel版はヤフオクで探せば3,000円程度で入手することも可能だ。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。