AppleScriptでwi-fiを切り替える方法

今回ご紹介するのはAppleScriptを利用してwi-fiを切り替える方法だ。結果的には、手で切り替えるほうが早いので使わなくなってしまったが、一応スクリプティングで切り替えることができる。

このAppleScriptの使い方を覚えておくと、Macのメニューを操作する方法が学べる。

もともとAppleScript化したかったのはアクションが複数あるからだ。

  1. まずカメラのwi-fiに接続
  2. つぎにカメラのカードにアクセス
  3. そこでファイルをダウンロード
  4. 日付別のフォルダーを毎日作ってそこにファイルをコピーする

作り方がわからずディスカッションフォーラムで質問した。AppleScriptはやり方が少し特殊で最初にどんなメニュー項目があるかを調べてからコーディングしなければならないらしい。自分の場合wi-fiメニューはメニューバーの6番目のアイテムに当たるのだが、これを一つ一つ当たってゆくのである。

every UI element whose name contains のように英語化してしまったために構文がわかりにくくなっている。これはPQI Air CardIIというwi-fiがあったら見つけてきてリストに入れてくれという意味だ。UI上の階層をたどって行き、それをクリックしたり命令を伝えたりすることになる。

AppleScriptは使える文献が少ない。OSのバージョンによって仕様も少しづつ変わっているようだ。

このスクリプトはOS10.5.8で動作した。

tell application "System Events"
 tell process "SystemUIServer"
  tell menu bar 1
   tell menu bar item 6
   click
   delay 2
    tell menu 1
    set myList to every UI element whose name contains "PQI Air card II"
    set number_of_items to count (myList)
    if (number_of_items = 0) then
     click "[name of original wi-fi]"
    else
     click menu item "PQI Air card II"
     delay 5
     tell application "Finder"
							
      activate "Finder"
      mount volume "ftp://192.168.1.1"
      delay 5
      open ("Volumes/192.168.1.1/sd/DCIM" as POSIX file)
     end tell
    end if
   end tell
  end tell
 end tell
 end tell
end tell

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。