iPod Touch第五世代とダイソーのケーブル

iPhone 3GsをSIMなしで使っていたのだが、さすがに使えるアプリがなくなってしまったのでiPod Touch 第5世代を買った。iOSを9.3.5まであげることができるのでバックグラウンド機能を利用しないアプリならほとんど使えるようになった。

だが、最終的にこのiPodは壊れてしまった。原因はおそらくダイソーのケーブルである。100円均一のLightningケーブルは無認証なのでやはり問題があるのだ。

このiPod最大の特徴はこの薄さと電池のもちのよさではないかと思う。またiPhone3Gsと比べるとカメラの性能が格段に上がっておりビデオも向上している。持ち運びに便利そうではあるがあまりにも薄いので不用意にポケットに入れて壊してしまいそうな気もした。だが、使っている間中に画面が割れることはなかった。

iOSデバイスには各製品ごとに弱点がある。iPhone3Gsはスピーカーがすぐにダメになってしまうようだ。購入時点ですでに片方のスピーカーが潰れておりイヤフォンのコネクターも壊れてしまった。イヤホンを刺していても時々認識しなかったりする。

iPod Touchはホームボタンが潰れてしまうようだ。アシスティブタッチというアクセシビリティを向上する機能を使ってソフトウェア的に代替する。不便なのかなと思ったのだがそこまで問題はなさそうである。

このためヤフオクでの値段は5,000円だった。ヤフオクには様々なiPod Touchが出ているが第4世代まではiOS 6までしかアップデートできない。今では使えるアプリがほとんどないので、探すなら第5世代か第6世代を探したほうがよさそうである。また、アクティベーションが完全に終わっていないような端末がゴロゴロと出ている。設定画面かホーム画面が出ていないものは選ばない方が良さそうだ。

Retinaディスプレイだという。だが、すでに老眼なのでほとんどメリットを感じない。

さて、問題のLightningケーブルだ。ダイソーに幾つかの種類のものが売られているのだが「使い物にならなかったら嫌だな」と思い充電用と充電・データ用という二種類を買った。色々心配したのだが最初の100円の充電・データ用があっさりと使えてしまった。

最初はこれでiTunesと連携させてこれ以降はwi-fi経由で同期することにした。OSがアップデートされることはないので、「りあえずこれが潰れるまで使うことができそうだ」などと甘く考えていた。

だが、次第に反応が鈍くなりついに起動しなくなってしまったのである。このあとiPhone6sを買ってきて電話として運用し始めたのだが、怖くなって認証付きのものを1000円で買ってきた。iPod Touchは音楽端末として利用に仕えていたのでとても残念な最後だったと思う。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。