MacMini Mid 2010の復元とセットアップ

ハードオフでMacMini Mid 2010が売られていた。OSが入っておらずジャンクだそうである。ヤフオクで相場を調べたらやや高めなのだが、やり取りをして送料を負担してという手間を考えると、その場で買えた方がいいやとも思える。で、結局必要もないのに買ってしまった。

ジャンク扱いされていた理由は二つある。DVDドライブが働かないというのが一点。もう一つはOSが入っていないことである。で、なぜOSが入っていないかを聞いたところ、AppleIDを入れてダウンロードを試みたができなかったとのことだ。これは「買いだ」と思った。Macは起動さえしてハードディスクが大丈夫ならなんとかなることが多いのだ。

まずは、Command+Rでユーティリティを起動した上で、TimeMachineを使ってiMacで使っているEl Capitanを復元することにした。この復元は1時間程度で終了した。このくらいの世代のものはネットに接続してネット経由で復元ユーティリティとアクセスするらしいのでwi-fi環境などは整えておく必要がある。

この時点で使ってみたが動作が遅く使い物にならない感じだった。コントロールパネルが開けないので「購入を失敗したかな」とすら思った。

そしてMacMini2010が対応している最終のOSであるHigh Sierraまで復元することにした。コツはまず起動した状態からHigh Sierraをダウンロードしてインストールすることである。Command+RでAppleストアにアクセスしてもダメなのだ。

途中ブラックスクリーンが出たので怖くなって電源を落としてしまった。するとHigh Sierraのセットアップユーティリティが飛んでしまった。こういうことがあるので、OSを入れるときは内臓ハードディスクにパーテーションを作り新規にインストールした方がいい。失敗してもオリジナル(この場合はEl Capitan)からやり直せるからである。

ブラックスクリーンやビープ音(昔は壊れた時に出る音だった)などが出て、慌てたがシステムのインストール自体は1時間程度で終了した。昔(PantherとかLeopardとか)あたりと比べると格段に早くなったと思う。

で、数時間でHigh Sierraのインストールが完了し何もなかったかのように起動した。

MacMini Mid 2010にはビデオポートが二つある。一つはHDMIでもう一つはThunderboltという名前がついている。これにMiniDisplayという名前も付いている。Amazonでこれに対応したアダプターがいくつかでているのだが、HDMIで接続することにした。ダイソーで300円のケーブルが買えるのである。このケーブルでつなぐと音も同時に伝送できるらしい。画質には少しにじみが見られるが、これがテレビのせいなのかMacのせいなのかはよくわからない。最初はメニューが表示されずに心配したのだがモニターのコントロールパネルから対応が可能だった。

起動したのでいろいろなデータを移行したりしているのだが、何に使うのかは全く決めていない。この世代のMacMiniは電源アダプターが必要ない上にHDMIケーブルだけでどんな液晶テレビとも接続することができる。ネットテレビとして使えるので、意外と便利なのではないかと思った。ただ、Appleとしてはこうしたコンセプトの製品を作るつもりはないらしく、最近出たMacMiniはずいぶん価格が上がってしまっているようである。

「MacMini Mid 2010の復元とセットアップ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です