Macで散乱したデスクトップ環境の整理を試みる

思いつくままにMacを買っていたら収拾がつかなくなった。そこで机を整理することにした。

まずは直線に並べるのが一番簡単だった。画面で壁を作ってスピーカーとMacMiniをラックに入れて並べた。

最終的には机にあるスピーカーなどを片付けてテレビ用に小さな棚を作るのが一番効率が良かった。それでもキーボード用のケーブルがごちゃついているが、とにかく細かいものはすべてこの棚に隠すことにした。

木工で小さな棚を作りバンダナで目隠ししたもの

また意外とと便利だったのがダイソーで買ってきたブックスタンドだった。キーボード台に使えた。

キーボード台に使えるダイソーのブックスタンド

ただ、ここに至るまではかなり試行錯誤した。まず、横にMacMiniを並べたら「いかにも雑然とおきました」という感じになったのでダイソーで台を探したのがよいものがなかった。

そこでセリアで台所ワイヤーラック2つ購入した。216円だ。何もおかないよりはまともな感じだが、やはりどこか雑然としている。

この時に「キーボード置き場」として簡単な箱を作った。どんどん手作り感と安っぽさが出てしまう。

デスクトップにはとにかく小物が散乱しがちだ。こういうものは箱に入れて片付けるに限るということはわかった。今回は木片を組み合わせてダイソーのネジとニスを買ってきて自作をした。何回か塗るとそれなりの風合いになるので初心者でも作りやすいと思う。

次にホームセンターで大きめのMDFボードを買ってきた。1回木を買うと10カットまでしてもらえる。今回は支柱を切ってもらった。

MDFボードにボンドで脚をくっつけた。
ボンドでくっつけてから念のためネジ止めした。
MDFは水濡れに弱いというので念のためにニスを塗った。
よく見るとフチに塗りムラがある。
下にMacMiniを入れたところすんなりと収まった。

しばらくこの状態で使ったのだが、どうも足場の安定が不安な感じがして数ヶ月でやめてしまった。また雑然とした状態に戻ってしまったのだ。

モニターアームを試す

まずスピーカーは全部撤去することにした。iMacのスピーカーは使えないと思ってたのだがデスクに反響させる仕組みになっているようで机の上においたら割とましな音が聞けるようになった。ちなみにこのiMacはモニターが壊れている。

次に試したのがモニターアームだった。Amazonで1,600円のものを手に入れた。ガススプリング式である。

モニタースタンド

中国製なので少し耐久性に不安があるのかなと思ったのだが意外とちゃんと使えた。

マウンターは標準規格なのでどんなものでも穴が4つついていれば使える。

これで机が若干整理できた。最終的にキーボード台に布をかけたら割ときちんとして見えるようになった。結局、余計なものはあまり置かない方が良いらしい。

意外とキーボードが場所を取っている

最終的にキーボード台を使ってやっと作業スペースを確保することができた。

追記:これが2019年の状態だ。結局机の上を片付けるためにはキーボードを小さいものにするといいということに気がついた。

結局机の上には極力ものを置かないのが一番いいのだ。10キーが必要な時は別の無線キーボードを出してきて使っている。

Logicoolのコンパクトなキーボードとマウスのセット
K295

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。