SONYのバーチャルサラウンドシステムを試す

ハードオフでスピーカーを物色した。SRS-VS1という2000年に発売されたアクティブスピーカーが2本組1,000円で売られていた。結局手放してしまったのだがしばらく使ってみた。「バーチャルサラウンド」と呼ばれ左右2本のスピーカーセットで疑似サラウンドを作り出す仕組みだ。

もともと、SONYの別のホームシアターシステムを持っていた。プラグの形が独特で抜き差ししているうちに接続が甘くなってしまい時々調整しないと音が聞こえなくなる。

これがちょっとイライラするのだ。コードの重みでコネクタが歪んでしまうらしい。

ホームシアターシステム。結線が複雑になるという難点がある。
このプラグが独特だ。今は売っていないらしい。

SRS-VS1は6つのスピーカーを2つで代用する仕組みである。実際にはいくつかのスピーカーが縦に並んでいる。線は1本しかない上にプラグも太いので壊れにくい気がする。古い中古品なのだが音割れはない。

SRS-VS1はスピーカーが縦に並んでいる。

実際に試してみた。5.1chシステムの方はHDDレコーダーとテレビにつないである。そしてバーチャルスピーカーはMacから直差しでデジタルとアナログにつないだ

YouTubeの音源で比べてみたのだが、実は違いがあまりわからなかった。アナログとデジタルも切り替えた直後は違いがわかる(ような気がする)のだがそのうち別に気にならなくなる。バラエティ番組中心のテレビはそもそもステレオですらあまり意味を感じない。

一番違いを感じそうなのはアクション映画のDVDである。実際にやってみた。迫力はあるのだが、後ろから音が迫ってくる感じはない。もっとも「飛行機が後ろから飛んでくる」くらいのことがなければあまり恩恵は感じないのかもしれない。

ただSONYのスピーカーは優秀である。これを買う前にLogicoolのアクティブスピーカー(中古で800円)を持っていたのだが音はあまり良くなかった。

ということで使い勝手はとてもよかったのだが、SONYはデスクトップを前提としたこの手の商品をあまり作らなかったようである。現在ではSRS-XB41というBluetoothでリンクできるスピーカーが売られているようだ。

手放した理由

と色々褒めたようなことを書いてきたが結局手放した。理由は簡単で机の上に置いておくにはあまりにも大きすぎるのである。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。